HOMEHELP

3局バナー

新着情報

投稿日時 タイトル
2016-2-1 東京MX「Mキャス」同時放送開始。今すぐアプリをダウンロード!!
2015-12-17 USTREAMサイト接続不具合について
2015-11-26 くりっくフェスティバル2015 公開収録配信中
2015-10-1 ストックボイスとJPXは英語でマーケット情報を配信開始。
2015-9-28 東京MXでの視聴につきまして

最近のコメント

[本日のお題] 「もぐら叩きみたいなもの」

わかりやすいというか、単純というか・・・。
複雑怪奇に見えるような市場展開ですが、売りで攻めようとする立場で考えてみることも重要でしょう。
例えば春節で中国市場は休場。
これをダシにして材料として使えないならば、久しく市場の焦点から外れている欧州に目を向けさせるのが得策。
ギリシャのアテネ総合指数は昨日7.9%の下落し464.23ポイント。
2012年6月5日の安値476.36ポイントを下回りました。
2012年と言えば欧州債務危機が高まりを見せたころ。
しかもあれだけギリシャの財政の帰趨が危ぶまれた昨年の今頃は700ポイント前後でした。
それよりも今の方が安いということ。
実態は何も変化していないのに解釈する方が見えたり見えなふりをすることが多いということでもあるのでしょう。
見るものがなければ自然と欧州も目に入り、ドイツDAXも3.3%安で6日続落。
2014年10月27日以来1年3ヵ月ぶりの水準まで下落してきました。
その2014年10月27日の日経平均株価は15338円。
この時間軸の真似はして欲しくないものです。
市場材料は所詮「もぐら叩き」の舞台みたいなものと考えるのが良いかも知れません。

おまけにサンタクララで行われたプロフットボウルのスーパーボウルはAFCのブロンコスがNFCのパンサーズを破り3度目の勝利。
アノマリー的にはNFCチームが勝てばNY株高ですから市場関係者の願いとは裏腹な結果となりました。
ちなみに昨年はAFCのペイトリオッツが勝って結局NYダウは7年ぶりの下落でした。
気が付いてみるといつの間にか成立していたアノマリーですが・・・。
今回は売り方にとっては持ち出しやすいアノマリーでもあるのでしょう。

一方で中国の春節期間中の日本株は過去10年で8勝2敗と好成績。
昨年ですら2.12%の上昇でした。
だからといって所詮アノマリーはアノマリー。
いっそのこと2月の金曜ロードショーはいつもジブリ祭りにしたらどうですか、なんて自虐的な声も聞こえないではありません。

株式市場よりもさらに大きいのが債券市場。
米国10年国債利回りは1.753%。
日本の10年国債は0.035%。
これはこれで異常な低金利ですが、逆に利回りの急騰=債券価格の下落が起こった時の方が市場的には怖い動き。
少なくとも株が下げても債券が買われているうちは危機のサインなどあり得ないでしょう。
むしろ備えるべきは債券までもが売られること。
債券安・株安そして強烈円安となればそれこそ一大事。
しかし今はまだ債券高・円高・株安。
どこかで暖かい春一番を待ち望む気持ちを持っても悪くはないでしょう。

以下は「兜町版・一寸法師」。

むかしむかし、兜町というところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
二人は株が好きでしたがなかなか儲かりませんでした。
そこでおじいさんとおばあさんは神さまにお願いしました。
「神さま。
親指くらいの小さい儲けでけっこうです。どうぞ、わたしたちにいい株をさずけてください」
すると株の神様と思しき人が夢に現れて「この小さな小さな株を買いなさい」と言ったのです。
おじいさんにしてみれば親指でつまめるほどのお金で買える株でした。
二人はさっそくこの株を「一寸法師」という名づけて大切に持ちました。

ある日の事、夢の中で一寸法師株はおじいさんとおばあさんに、こんな事を言いました。
「わたしも相場へ出て行って、働きたいと思います。どうぞ、旅の支度をしてください」
すると外国の投信会社が「日本小型株ファンド一寸法師」という投信を設定しました。
おばあさんはトレンドラインをチャートに浮かベて、一寸法師の向かう方向を示してやりました。
「ほら、この材料をお持ち」
「ほら、このトレンドラインに乗っかって。
投信に買ってもらうんだよ」。
「はい。では、行ってまいります」
一寸法師はトレンドラインに乗ると、鉄火場の市場へと出かけました。
「たのもう、たのもう」
「はーい。・・・あれ?」
出て来た大型主力株や日経平均株価は、首をかしげました。
「おや、誰もいないねえ」
「ここだよ、ここ」
大きな株や指数は小さな一寸法師をやっと見つけました。
「あれまあ、何て小さい株だろう」
そして一寸法師は、日経平均株価の提灯みたいな存在になりました。

ある日の事、一寸法師は日経平均のお供をして、動いていました。
すると途中で、突然、数匹の鬼が現れたのです。
「おおっ、これはおいしそうな指数だ。なぶってやることにしよう」
鬼は日経平均を眺めると、下げようととしました。
「待て!」
一寸法師はおじいさんにもらった材料を出して、鬼に飛びかかりました。
ところが、
「何だ、虫みたいな株だな。お前なんぞ、こうしてくれるわ」
鬼は一寸法師に売りを浴びせると、わずか2ケタの株価にしてしまいました。
しかし一寸法師は材料をたくさん振り回して、鬼に対抗してまわりました。
これには、鬼もまいりました。
「いっ、いっ、痛たたた!」
困った鬼は、あわてて一寸法師を買い戻しました。
「たっ、たっ、助けてくれー!」
鬼たちは、泣きながら逃げ出してしまいました。
「見たかバイオ株の強さ!
小さくたって大きなことができるんだぞ。
しかもみんなが幸せになれる材料を持っているんだ。
これにこりて、もう二度とここに来るな! 
・・・おや? これは何でしょう、日経平均さま」
鬼が行ってしまったあとに、不思議な物が落ちていました。
「これは打ち出の小づちという物ですよ。
トントンとふると、どこでも好きな位置に株価がいくのです」
そこで一寸法師は、日経平均に頼みました。
「わたしの株価がのびるように『上がれあがれ』と言ってふってください」
日経平均は喜んで、打ち出の小づちをふりました。
「上がれ、上がれ」

すると一寸法師の株価は、打ち出の小づちをふればふっただけグングンと上がって、誰にも負けない立派な値がさ株になりました。
その後、一寸法師は日経平均に採用されて、5ケタの株になるほどに、大変出世しました。
大きくなった一寸法師を持ちながらおじいさんとおばあさんは兜町で幸せに暮らしましたとさ。
おしまい
(櫻井)

ユーザー登録する

ストックBOX新着コメント [一覧]

投稿日時 タイトル 投稿者名
2016/02/09 先物手口 karahashi
2016/02/09 場つなぎ 走れ太郎
2016/02/09 リーマンの時を思い出した ヘボ投資家
2016/02/09 ヨーロパ市場でも? サンダー
2016/02/09 安倍さん 総社

ストボブログ

投稿日時 タイトル ブログ 投稿者名
2-9 13:17 爆買い?! New! fujinami
2-8 12:02 初!築地場内 New n.nakada
2-5 18:42 未開の地☆ New suzuki
2-4 12:12 嬉野温泉湯豆腐 New m.ogawa
2-3 12:06 ベビーキッズも一緒にイタリアン♪ New y.nishiya
none 
ストボ!ライブ(TV) 
番組表!
ストボ!
オンデマンドPodCast
ログイン 
ID
PASS
  ログインを保存
 
ご協力各社 
Yahoo!検索 
Yahoo!検索
RSS経済ニュース 
RSS異様な光景に絶句、若者が逃げ出す中...   

[windowを開くJBpress]

RSSアップル、インドで直営店開設の認可...   

[windowを開くJBpress]

RSSマック、2年連続の営業赤字 12月...   

[windowを開くasahi business]

RSSうがい薬デザイン巡り仮処分申請   

[windowを開くgoo]

RSSパイオニア、カーエレ新興国で苦戦す...   

[windowを開くCNET]

RSS<CNET Japan>パイオニア、カーエレ...   

[windowを開くasahi]