HOMEHELP

投票 

上半期の資産運用成績は?

 早いもので今日から実質、下半期相場入りです。皆さんは今年ここまで、上半期のご自身の運用成績について、どのように評価しますか?

 
 
 
 
 
 

ストックBOX

落ち着きを取り戻した

r.matsushita | 2017/04/21

 空母カール・ビンソンの行動は不可解ですが、中国による影響力行使の時間を与えるためだった、ということであれば理解できるように思います。(米中首脳会談で、習氏がトランプ氏に、韓国は中国の一部だったと発言した、との報道には驚きましたが。)

 今回の地政学リスクは一応峠を越えて、株式相場は徐々に落ち着きを取り戻しつつあります。さて、ここからは本題に戻って株式相場を考えましょう、という展開になるのでしょうね。新年度で機関投資家の買いが入るのでは、という気でいたのですが、地政学リスクですっかり様子見になっていたようです。それが、徐々に出て来るのでは、とも思います。テクニカル面ではどん底っぽい局面入りもしていますし。

 次の日曜日の仏大統領選挙(第1回目)、その後の韓国大統領選挙、6月には英国の総選挙が加わることになりました。

 トランプ大統領の政策の進展、世界経済の動向、米景気,FRBの金融政策,米国株の動き、日本経済の見通し、これから発表が本格化する企業業績の動向、等々。

 この間の地政学リスク相場で、石川製作、細谷火工、重松製作、アゼアスなどに注目して相場を張った人たちの慧眼には敬意を表したいとは思いますが、それにしましても、東アジアの地政学リスクというのは厄介なものです。

地政学リスク、当面の結論
 地政学リスク、などとあいまいな表現をしてはいるのですが、はっきり言えば北朝鮮(と中国)問題です。特に北朝鮮は、核兵器開発、(生物)化学兵器開発と使用(VX)、禁止薬物密輸、紙幣偽造(米ドルと人民元中心)、拉致,弾圧等の人権侵害等々、ならず者国家と呼ぶのを多くのひとが躊躇しない振る舞いの国ですから、近い将来何が起きるか想定が難しいのですが、当面の結論とすれば以下のようなものではないかと思います。

1.米国は「レッドライン」をはっきりと示し、それを北朝鮮は認識したようだ。
2.中国は、対米関係への配慮から、これまでよりも真剣に北朝鮮に影響力を行使するつもりのようだ。
3.米国は、北朝鮮の体制変更を求めず、レッドラインを超えない限り軍事行動は取らない方針のようだ。

 こうした情勢判断からすれば、当面この地政学リスクは沈静化、という結論でしょう。したがいまして、日本株への悪影響は薄れて行くだろう、と。

 ただ、リスクはリスクとして残るので、ポジション管理の面から慎重な運用が望ましい、という点は残ると思います。

 一部にトランプ大統領が選挙中に言っていたことと違う行動を取っているとの見方があるようですが、私にはそんな風には見えません。例えば上記の「レッドライン」は、米本土が核攻撃を受けないため、ということであって、別に日本や韓国を米国兵士の犠牲によって守ろう、というわけではないでしょう。(安全保障条約上の義務は果たす、ということではあるでしょうが。)

 軍事面で専門家のオプションのうちの一部を実行する命令を出している、ということはありますが、基本は間違いなくアメリカ・ファースト、ということです。

フィリップス曲線
 「フィリップス曲線というものがありまして、「縦軸にインフレ率(物価上昇率)、横軸に失業率をとったときに、両者の関係は右下がりの曲線となる。フィリップスが初めて発表した時は縦軸に賃金上昇率を取っていたが、物価上昇率と密接な関係があるため、縦軸に物価上昇率を用いることが多い。

これは、短期的にインフレ率が高い状況では失業率が低下し、逆に失業率が高いときはインフレ率が低下することを意味する(インフレーションと失業のトレードオフ関係)。つまりフィリップス曲線とは、短期において「失業率を低下させようとすればインフレーションが発生」し、「インフレーションを抑制しようとすれば失業率が高くなる」ということを表した曲線である。」

なのだそうです。失業率が低くなるということはインフレ気味なのであり、当然勤労者の所得が増え、(名目の)個人消費は伸びる、そんなイメージでしょう。
 そこでわが国の過去20年を振り返ってみます。ほぼ一貫してデフレっぽい推移、失業率は足元の2.8%に向けて低下傾向・・まるでフィリップス曲線のイメージではありません。アベノミクス初期にインフレ率2%超えが瞬間的にありましたが、その後また低下に逆戻りしています。(インフレ率のターゲットを2%に置いて来たのですが・・)

 インフレ率が上がらないので給料も上がらない(物価が上がらないのだから賃金も上がらなくていい?)となってしまって、これでは個人消費が伸びないのは当然です。
 過去10年という区切りで見ますと、実は企業収益は大幅に好転しています。つれて、企業(特に大企業)の役員・幹部の報酬は大きく上昇しています。株主への配当金も増えています。しかし、一般の勤労者の所得は増えていない、つまり、格差が拡大した。
 勤労者への配分を増やさないのがけしからん、とか何とか、そういうことを言いたいのではありません。失業率の低下とインフレ率の低下が共存して来た原因は何だったのだろう?ということが大いに疑問なのです。そして、それが株式相場にどんな影響を持っているのだろうか、と。

 日本は市場経済なのですから、企業努力で企業収益が向上するのは大いに歓迎です。失業率が低下しても勤労者の所得が増えないとすれば、そうなる理由がちゃんとあるからでしょう。それは何なのか?
 おそらく、トランプ米大統領は、その原因は「過度のグローバリズムと不公正な貿易だ」と断じた、のでしょう。アメリカは日本ほどデフレっぽいわけではありませんが、過去に比べればインフレ率は低下し、同時に労働者の所得は伸び悩んでいます。(というより、業種間格差、企業間格差が拡大した、というべきでしょうか。)起きたことは日本と似ていると私は思います。

 実は、フィリップス曲線は生きていて、これだけ失業率が下がったのだから、いよいよこれからインフレ率が高くなり、賃金も本格的に上がる、ということなのかもしれません。(その兆候もなくはないようです。)

 しかし、私は、世界的にマネーの供給が過大で、モノの生産力・供給力が技術の発達で素晴らしく洗練されたものになっており、いくら反グローバルの動きが出たとしてもグローバル化がそんなに簡単に止まるわけではない、ということからしますと、フィリップス曲線が機能しないことがこれからも多いと思います。(金利の低さについて考えてみた、先週のブログと同じことです。)そして、株式相場との関連で見れば、フィリップス曲線など論じても何の意味もない、のではないか、と思います。株式市場を考える時に考慮する必要は、たぶんない、と。

平成29年4月21日 金曜日
証券アナリスト
松下律

コメント(9)

ユーザーコメント一覧

<153264>  曇天

syounan | 2017-4-21 8:28

おはようございます、
どこまでも広がる曇り空、
しかしNYは三桁の大幅高、
心は軽く心地よし。

<153265>  利確

ギンジ | 2017-4-21 9:34

今朝は寄り付きで買い持ちを全売却してドテン売りから入りました。
今は良い感じで下がってます、フランスの選挙もあるので大引けでは下がってると予想しています。

<153268>  みんな一緒に

syounan | 2017-4-21 10:05

今日は平和な産業もそうでない産業も上がってる。

<153270>  程よい倦怠感

マリン | 2017-4-21 12:56

昨晩、行きつけの場末のジムが空いてました。4月から始めた人が来てて、ちょっと混み気味だったけど、そろそろ飽きたんでしょうか。各マシンも空いてたから、いい感じで集中できて、程よくパンプアップ、その後もランニングマシンでいい感じで心拍数上げて気分よく帰宅。今日はその反動で体が重い。ドル円、225、共に重い感じでぼんやりした動きです。フランス待ちの週末。月曜、どんなことになるんでしょう?。四人いるし、接戦の予想だから、過半数は誰にも無理らしい。上位の組み合わせでユーロ荒れるかも。今日は天気もぼんやり。

<153271>  13:11

syounan | 2017-4-21 13:11

夜勤明けの奥さん迎えに行きます、
ではまた明日。

<153273>  日経レバ

ギンジ | 2017-4-21 14:20

空売りしていてT&Sを見ていると、一瞬で4万株続いて3万株の買いが入って担がれました。
負け確定です。

<153275>  大引け

syounan | 2017-4-21 15:03

帰宅してみれば、
東京さん¥190以上の爆上げ!
期待してないと上げる東京さん、
久々のトヨタ親分さんスバルさんの爆上げ!
まぁよかったですわ、
では皆さま好い週末をお過ごしください。

<153276>  やっぱり負けました

ギンジ | 2017-4-21 15:05

朝の数万円の利益が数万円の損失で終了、北朝鮮に対する非難声明が出たからかな?数億円も一瞬で買われたのでは損切する暇もないです。
逆指値で返済注文しか方法が無いかもしれません?

<153277>  ようやく、波に乗ってきたかな

サンダー | 2017-4-21 17:08

大型株が最近ようやく爆発してくれた。先週、もたもたしていた東証のポートフォリオの状態を回避したのかな?しかし問題は山積み、欧州では右翼的支持者が、現れ、このままではEU事態も懸念されるし、そうなれば外人投資家の買いが薄れ出来高もまた減って来る。もう1つは、韓国の大統領選挙問題、反日派の人間が成りそうな様で、日本、韓国、アメリカの挑戦に対する圧力が乱れそうだ。トランプさん1人走らせては危険だし、今後の日韓関係も気に成る。そうは言っても、当の日本事態が、だらしない、東京問題では、豊洲にするのか築地にするのかもはっきり何時までもしない。それに、閣僚のだらしなさが、取りだたされて目も当てられない。日本事態よしっかりしろ!

PAGE TOPへ
ストボ!ライブ(TV) 
番組表!
ストボ!
オンデマンドPodCast
ログイン 
ID
PASS
  ログインを保存
 
ご協力各社 
Yahoo!検索 
Yahoo!検索
番組情報はこちら
会社四季報プロ500
櫻井キャスター最新刊
投資の鉄人
岩本秀雄の本