HOMEHELP

ストックBOX

ストックボイスはユーザーと一緒に作り上げていくメディアです。
まずは「ストックBOX」にコメントを投稿してみませんか?
投稿されたコメントは随時ストボ!ライブでキャスターが紹介します。

「気が付くと途絶えるもの」

e.sakurai | 2017/06/27

先週水曜日経朝刊の「春秋」。
引退を表明した加藤一二三・九段の言葉がありました。
「将棋は戦いであると同時に人に感動を与える芸術」。
これは株の世界でも通用するような気がします。
「株は戦いであると同時に人に感動を与える芸術」。
結構シックリ。
その加藤九段。
最終局は負けたものの枯淡の境地の引退劇ではありませんでした。
「勝つことしか考えないという棋界きっての個性派らしい終局だった」。
「喜寿を過ぎ、なお尽きぬ勝利への思い。誰が真似できよう」との評。
そういえば、先月津山で出会った90代の投資家さん。
「若者が将棋で連勝しているだろ。ワシも今年は連勝記録を目指すんじゃ」。
この言葉が妙に甦りますが、14歳の最年少棋士は29連勝の記録樹立。

「毎四半期の始めの月の8日〜18日に日経平均が底入れる傾向」と大和のレポート。
昨年は4月8日15471円→4月25日17613円。
7月8日15106円→7月21日16938円。
10月14日16727円→11月1日17473円。
1月18日18650円→1月27日19486円。
となると、今年は4月17日18224円→5月17日19842円。
四半期の初めの月ではありませんが・・・。
5月18日19764円→6月2日20239円
6月15日19755円→6月20日20388円。

そしてアノマリーは月末安月初高。
NY市場の月末はこの1年で3勝9敗。
ところがその翌日となる月初の日経平均は12連勝。
昨年7月106円高(前日のNYダウは235ドル高)
8月66円高(同24ドル安)
9月39円高(同53ドル安)
10月148円高(同164ドル高)
11月17円高(同18ドル安)
12月204円高(同1.98ドル高)
1月479円高(同57ドル安)
2月106円高(同107ドル安)
3月274円高(同25ドル安)
4月73円高(同65ドル安)
5月113円高(同40ドル安)
6月209円高(同20ドル安)。
12月3月6月と決算開示終了翌月に200円以上の上昇となる傾向が指摘されています。
「好業績を受けて株式の割安度合いが高まるからだろう」という声も聞こえます。
「月初に、資産ウェイトを変更するタイミングが集中」という指摘も見られるようになりました。
アノマリーは皆が言い始めると途絶えるのお約束。
今月末と来月初が楽しみになってきました。

以下は今朝の場況。

「マチマチ」

週明けのNY株式はマチマチの動き。
NYダウは金融・公益関連セクターが堅調で14ドル高と5日ぶりの小幅反発。
一時111ドル上昇した場面もあった。
アルファベットやアップルなどハイテク関連セクターが下落。
NASDAQは逆に18ポイント安と4日ぶりに反落した。
S&P500は小幅高で2日続伸と方向感のない展開。
シカゴ連銀全米活動指数と耐久財受注が市場予想を下回ったが売り込む材料にはならなかった印象。
債券市場も方向感が薄く10年国債は一時2.119%まで低下。
その後2.136%まで上昇。
10年物国債の利回りは低下し2年債との利回り差は一時0.77%まで縮小。
「さらなる利上げに意気込むFRBと低調な米景気指標を重視する投資家との温度差が鮮明」。
そんな声が聞こえる。
原油先物価格は3日続伸。
仮想通貨のビットコインは4日続落。
VIX(恐怖)指数は9.90まで低下。
3か月後の変動率を表現したVXVも12.27%まで低下した。
ドル円は112円に迫る動きとなった。
材料難からイエレンFRB議長のロンドンでの講演(日本時間28日早朝)を待つ雰囲気がある。
残念ながら何か指標やイベントが無いと動けないのが市場の宿命でもある。

「2日連続日足陽線ならば可」

タカタの民事再生法申請且つ上場廃止や東芝の東証2部降格などを受けた割にはしっかりの展開。
もっとも東証1部の売買代金は1兆7500億円台と低水準だった。
「陰の極」という見方もできなくはない。
ただ日足は陽線。
20日以降、日足は4日連続陰線だったから変化ではある。
225先物大証終値は日中比60円高の20180円。
25日線(19930円)からのかい離はプラス1.1%。
サイコロは6勝6敗で50%とやや上昇。
松井証券信用評価損益率速報で売り方は▲14.323%(前日▲13.961%)。
買い方は▲2.919%(前日▲3.657%)と買い方優勢継続。
空売り比率は35%と安定している。
日経平均採用銘柄のPERは14.27倍。
EPSは1412.29円と微妙に最高値を更新した。
6月権利配当付最終日。
「権利取りの買いが下支え」という声も聞こえる。
しかし売買エネルギーが今年2番目の低水準なのはいかにも不自然だ。
本当にそうなのかは微妙。
2日遅れで発表となった裁定残。
売り残は653億円。
少なくとも売り方の戦闘意欲はない数字と読むしかないだろう。
しかも1.7兆円レベルの解消売りなどたかが知れている。
5日線(20153円)にサポートされた展開と見る。
(櫻井)。

コメント(5)

コメントを投稿する

ユーザーコメント一覧

<154468> 何でやねん 

syounan | 2017/06/27 08:33:19

おはようございます、
昨晩確かNYはの三桁高を見て就寝、
目覚めてみれば$14高ですか・・・・
皆さん利益が出たらすぐ利確ということですね。

<154469> 切り離し 

syounan | 2017/06/27 08:42:46

チャイナさん台湾を世界から切り離し徐々に取り込む、
友好国を次々と国交断絶させ世界から断絶・・・・
あれ?!頼りのトランプさんは?!
それどころではないか。

<154470> ボー観 

syounan | 2017/06/27 09:39:18

がっぷりよつというところでしょうか、
¥65高前後で膠着、
どうしたらよいかわかりません、
ボーと観ています。

<154471> 円安で株先物売り? 

khc | 2017/06/27 09:47:09

為替は明らかに円安
株先物だけ朝からずっと売り
300枚あったはずの買い板が消えて100枚で下抜ける繰り返し
先物売りで現物株売りを誘導
昨日で4日ぶりに陽線出たが、また陰線

<154472> 円安効果 

syounan | 2017/06/27 10:30:23

円安ではさすがの売り方さんも売り崩せない、
とはいえ¥112台へは入れない歯がゆさもどかしさ。

6月27日の相場概況へのコメント

PAGE TOPへ
ストボ!ライブ(TV) 
番組表!
ストボ!
オンデマンドPodCast
ログイン 
ID
PASS
  ログインを保存
 
ご協力各社 
Yahoo!検索 
Yahoo!検索
番組情報はこちら
会社四季報プロ500
櫻井キャスター最新刊
投資の鉄人
岩本秀雄の本