HOMEHELP

投票 

「驚くべき税制改革」への期待感は?

 トランプ米大統領が「数週間後に驚くべき税制改革について明らかにする」という発言をしたのが9日。数週間後ということなので、今月中に明らかになる可能性もあります。

 「驚くべき税制改革」とは果たしてどんなものなのか。皆さんはこれに対して、どの程度期待感を持っていますか?

 
 
 
 
 

ストックBOX

ストックボイスはユーザーと一緒に作り上げていくメディアです。
まずは「ストックBOX」にコメントを投稿してみませんか?
投稿されたコメントは随時ストボ!ライブでキャスターが紹介します。

底堅いが、上値も重く

iwamoto | 2017/02/20

 前週は4日続落して株価が26.4%下落。時価総額は8000億円を割り込んだ東芝。金曜日の売買代金はソフトバンクGの倍近い規模に膨らんでいました。「3月末までに半導体事業の売却ができない」との観測が台頭し、債務超過不可避=第2部指定替えへの警戒感から見切り売りが嵩みました。一部には、機関投資家の売りが出ている、との観測も。
恐らく、今週も騒々しい動きになりそう。先週の大引け後、この週明けにかけても新しい材料が出ていますから。

 会社側発表では、「IHIがWH出資分の出資分について買い取り請求。189億円」との発表があり、けさの日経新聞は「米国テキサス州で2008年に単独受注した原発建設から撤退する見通し」との報道。ともに重要度ではそれほど大きくないものの、事件の広がりを感じさせます。

 一方、このほど発売になった会員制月刊誌「FACTA」3月号には「東芝会長が『隠蔽メール』」の記事。15日に辞任した志賀重範会長(原発事業担当)が東芝幹部と極秘に交わしたメール、というのが紹介されています。

また、米国の週間投資雑誌「バロンズ」最新号には、「東芝は今が買い時 リスクは高いが、半導体事業は過小評価されている」との刺激的な記事がありました。

 マッコーリー証券アナリストなどのコメントを紹介しつつ、(1)日本では大企業の上場廃止や倒産はまれな事態。シャープが鴻海支援を得て上場を維持している。(2)メモリー事業は魅力的。この事業の価値は1兆5000億円、1株当たり354円になる。競合企業のバリュエーションをもとにすれば425円以上にも。一方、東芝の全事業の企業価値は1株339円あり、新たな問題が発生しない限り、大幅な株価上昇の可能性がある−とか。数字の根拠には良くわからないところもありますが、果たして…。

 市場が期待するトランプ大統領の「驚異的な税制改革」の発表は恐らく月末になるでしょうから、今週はそれを待つ週。週明けがプレジデンツデーで米国市場は休場。このプレジデンツデーの前後は株価が安い、というジンクスもあり、週前半はもたつき気味。後半も…となりそう。FOMCの議事要旨発表以外にはマクロベースで重い発表はありません。

 国内でも決算発表一巡後の材料不足時期となります。東芝のように話題が豊富な銘柄はともかく、ここ物色された銘柄には人気一巡感が台頭する可能性も。週末の「プレミアムフライデー」もどこまで注目されるか…。国内機関投資家の決算控えの売りが出ているとすれば、3月初旬まで、底堅いけど、上値も重いみたいな展開を覚悟しなければならないようです。(イワモト)

コメント(2)

コメントを投稿する

ユーザーコメント一覧

<151826> ドル円 

syounan | 2017/02/20 08:31:29

おはようございます、
先週末のNYは7連続の上げ上げ相場、
わが東京は円高¥112台後半、
ダラダラ下げ下げ相場、
今日も期待はしない。

<151839> いのち・ぼうにふろう 

マリン | 2017/02/20 10:47:18

日本映画専門チャンネルでやってる、仲代達矢特集でやってた映画。このタイトルに、何か刺さるモノを感じた人にはオススメ。行きがかりで関わった男に、意気に感じたならず者たちの話です。フィルムノワールって言ってしまえばそうなんだけど、日本的美学に貫かれた傑作。武満徹の音楽も、いかにも武満徹、って感じで、独特の雰囲気。
関係ないんだけど、この映画見た後、東芝に関するニュースや記事を読むと、何とも日本的な感じがするのは映画のせいでしょうか?東芝を助けるためにカイに向かうトレーダー。深川と芝浦って、今の感覚なら結構近い。いのち・ぼうにふろう。

2月20日の相場概況へのコメント

PAGE TOPへ
ストボ!ライブ(TV) 
番組表!
ストボ!
オンデマンドPodCast
ログイン 
ID
PASS
  ログインを保存
 
ご協力各社 
Yahoo!検索 
Yahoo!検索
番組情報はこちら
尾河眞樹さんの本
江野澤哲也さんの本
若林栄四さん最新刊
岩本秀雄の本