HOMEHELP

キャスターブログカテゴリ

キャスターブログ

ストックボイスの個性豊かな女性キャスターが日替わりで日々の出来事をつづります。話題はさまざま。皆さんからのコメントもつけられますので、ぜひお寄せください。

コッペパン♪

カテゴリー:

fujinami | 2017年8月22日(火曜日) 12時33分13秒

時折り出向くパン屋さん、
「コッペパン」の専門店です。

コッペパンときくと、
素朴で懐かしいイメージ?! :roll:

ついふらっと買いたくなってしまう人も多いのか(私もその一人 :-D)
お店にはいつもお客さんが並んでいます。

好きな具をオーダーすると、
その場で丁寧に具を挟んで作ってくれます。
甘いコッペパンと、惣菜コッペパン、
全部で30種類以上もあって、
どれにしようか、毎回悩みます :roll:

持ち帰っても、店内で食べてもOK!

イートインコーナーは、
ちょっとレトロな、
昭和の小学校の教室のような雰囲気!♪

時計の下には「職員室」と書かれた扉まで!
(スタッフルームのようですが)

こちらは、
「揚げコッペきなこ」と「コンビーフポテト」

つるっと丸い形のコッペパン。
ふんわり♪ほんのり香ばしく、
パンだけでもとっても美味しい!
揚げパンときな粉の組み合わせはまた絶妙 :lol:
昔を思い出します。。 :roll:

見ても食べても
ちょっぴり幸せな気持ちになれる「コッペパン」
子供も大人も惹かれるようです :-D

コメント (1)

高尾山口駅まで・・・

カテゴリー:

n.nakada | 2017年8月21日(月曜日) 12時03分21秒

「高尾山口駅」へ行ってきました :-)
東京都八王子市にある京王電鉄高尾線の終着駅で、
高尾山へのアクセス駅。
友人と遊びに行くという母を送るため、気まぐれに
ドライバー役を買って出たのです ;-)

高尾山といえばミシュランガイドにも紹介されている観光地。
夏休みですし混雑しているかと思っていたのですが
圏央道の高尾インターチェンジからはたったの3分!
渋滞もなく、午前10時前には到着してしまいました。
なんとラッキーなことに駐車場にもギリギリ空きがあります。
そこで予定外ではありますが、散策してみることに。

駅は木材がふんだんに使われた、ダイナミックなデザイン。

歌舞伎座や新国立競技場の設計者として有名な隈研吾さんが手がけたもので、
2015年にリニューアルされたのだそうです。

ケーブルカー乗り場の清滝駅までは徒歩で5分ほど。
 
高尾山駅までの所要時間は約6分です。

ここで引き返し、お土産屋さんなどが並ぶ通りへ向かいます。
せっかくですから名物の「とろろそば」を頂きました♪

『元祖自然薯そば』
山芋は品質最高級の「真芋」を使っているのだそう。
さすが、濃い香り!!
のど越しも良く、この時期には最高です :lol:

さらに思い切って!!
せっかくですからね、麦飯を追加。

最後に残った自然薯をかけて頂くのがお薦めなのだそう。
この組み合わせ・・・鉄板です。
ダシの旨みが効いた自然薯、たっぷり楽しみました :-D

お腹が一杯だというのに、お土産もしっかり購入。
 
出来立てのお饅頭とおせんべい。
バラ売りもしていましたよ。
登山後の疲れた体にスイーツ・・・たまらないでしょうね。

この日は厚い雲に覆われたあいにくのお天気でしたが、
お昼ごろになると、訪日外国人やバスでの団体客も増え
だいぶ混雑していました。

都内から1時間ほどと、アクセスは抜群!
小さなお子さんでも登山が楽しめる上、
美味しい食事とスイーツまで頂けるのですから
この人気・・・納得です。

ケーブルカー、乗ってみれば良かったかなぁ。。。
(さすがに“おひとり様”は寂しかったです :oops:
今度は友達を誘って!!
紅葉の美しい時期にでもリベンジしたいと思います ;-)

コメント (1)

私の夏の風物詩

カテゴリー:

suzuki | 2017年8月18日(金曜日) 16時08分45秒

皆さまは夏休みはいかがお過ごしでしょうか。

私はチビ甥たちと一緒に
カブト虫、バッタ、蝉、ひぐらしetc…を探しまくりの日々です。

昆虫を探す日々を送っております(^_^;)

彼らの視力はものすごくて、
森林だけでなく、都会にいても、すぐに標的を見つけます。

今週も東京駅前、
丸の内ビルと新丸の内ビルの間に植えてある樹木を指差し、
めざとく蝉を見つけ出していました(笑)。

そんなこんなで、私の手足は、蚊を始め虫刺されだらけ状態です。。。

実は私の赤い斑点だらけの手足も、毎年の夏の風物詩となっております ;-)

コメント (1)

青唐辛子

カテゴリー:

m.ogawa | 2017年8月17日(木曜日) 11時46分46秒

今月は仕事の合間を縫って、実家で農作業に勤しんでいます。
草を取ったり夏野菜を収穫したり。
農業とはゴールがなく、やってもやってもきりがないものですね。
いつも美味しい野菜を送ってくれる両親に感謝しながらの
季節労働です。

天候不順で生育の悪い作物もある中で、
今絶好調なのが唐辛子。
青唐辛子が天に向かって真っすぐたわわに実り、
あまりに身が付きすぎて重みに耐えられず、
ところどころが倒れ始める始末。
地面につくと腐ってしまいかねないので、
倒れたところだけ青唐辛子のまま収穫することにしました。

さて、これ、どうしよう :roll:
我が家では青唐辛子を食べる習慣がほとんどなかったので、
色々検索してみました。
あるある、色々ある!

青唐辛子の酢漬けはタバスコのような使い方ができ、
醤油漬けはピリッと辛い刺激的なお醤油に。
炒めものにワンポイントとして入れたり、
鍋などの薬味にしたり。

食べ物の話でよく一緒に盛り上がる西谷キャスターは
青唐辛子で作るペペロンチーノが大好きなのだそう。
爽やかで美味しそう!早速試してみよう。

去年、渡部一実元記者のお母様に教えてもらった
“三升漬け”も青唐辛子を使用。
刻み青唐辛子・麹・醤油を同量合わせて熟成させたもの。
これまたお豆腐や白身のお刺身にピッタリ。

こうしてみると色々な用途がありますね。
去年素手で扱ってえらい目に遭ったので、
ビニールの手袋をして作業に当たります。
ちょっと面倒して、柚子胡椒も作ってみようかな・・・。

楽しい夏の作業がまた増えました。

コメント (1)

富良野へ

カテゴリー:

m.murata |  06時57分45秒

先日、ふらっと北海道・富良野に行って来ました^^
目的は、、、

ラベンダー♪

終わりかけと言われていましたが、
見ごたえは、十分◯
お天気にも恵まれました!

さらに、富良野にきたら、「メロンでしょ」!

ということでメロンに、
メロンパンに、
メロンアイスに、
メロンケーキに、
富良野牛乳も♪

(富良野は実は富良野メロンが有名なんです♪)

メロンアイスに、メロンパンのコンビも
とてもとても美味しかったですよ!

そして、美瑛にある四季彩の丘が、
素敵♪

赤、白、紫、オレンジ…様々なお花の色に、
空の青がよく映えます!

こちらのお花も可愛かったですよ☆

自然って、やっぱり癒されますね!
すっかりリフレッシュした富良野・美瑛旅行となりました!

コメント (1)

小さな野望

カテゴリー:

y.nishiya | 2017年8月16日(水曜日) 12時10分43秒

日々の生活の中で、よく飲む嗜好飲料はなんですか?
私は、一番は「珈琲」!
コーヒー大好き :lol:
飲まない日はありません。

最近は「梅ジュース」。
以前書いた南高梅で作った梅エキスは
綺麗な色に出来上がり、
なんとも豊かな味がする気がします。
暑い日に最高!

ume

そして「ハーブティ」。
以前ハーブのスクールに通い勉強したのです。
それぞれに効能があるので、組み合わせるのが
魔女みたい :-Dで楽しい。

その時々によって好きなものを飲むわけですが、
もう一つ、お家に常備してあるお気に入りが
「お抹茶」です。

美容と健康によく、
睡眠を促進し、
記憶力を向上させるとか・・・
様々な効能があると言われています。

はじめは気軽に、ただ抹茶の粉をお湯で溶かして
飲むだけでいいでしょ、と思っていましたが、
適当にやっていても、あまりうまく泡立たず
どうも美味しくない :roll:

そこで、一度ちゃんと計ってみることにしました。
適量は、抹茶 1.5g お湯 70㎖目安。
(流派等でも違うと思いますが)

茶さじで自分が掬っていた量は
計ってみると1gしかない。
お湯はもっと注いでしまっていたかも(-_-;)

しっかり計りながらやってみると・・・

おお!やっぱり泡立ちがきれい。
そして美味しい :lol:!!

cha

さて、しかし、
デジタルの秤に茶碗をのせて作るお抹茶の
なんと風情のないこと :-?

お点前ができるように・・・とまでは望まないので
せめて、感覚を覚えて、
目分量で粉とお湯をびしっと決めて
美味しいお抹茶を点てられるようになりたい。

生活の中の小さな小さな野望です :-D

コメント (0)

サマーグリーティング

カテゴリー:

fujinami | 2017年8月15日(火曜日) 13時02分27秒

気づけば立秋も過ぎ、
「暑中見舞い」から「残暑見舞い」の時期!
急いで何通かしたためました ;-)

夏用の官製はがき「かもめ〜る」。
6月1日からの郵便料金改定に伴い、
こちらも今年から62円に!

夏仕様の「花火」の絵柄が気に入りました ;-)
くじも付いているので、
ちょっとした楽しみにもなりますよね。

さらに、
グリーティング切手も何種類か購入。
季節ごとに様々なテーマのものが販売されていて、
郵便局へ行くとつい眺めて
買いたくなってしまう切手ファンの方も多いのでは…⁈ :roll:

スイカやカキ氷や貝殻のデザインが可愛いサマー切手

使いやすい“シール式”です ;-)

「日本の夜景シリーズ」(シートの背景が長岡花火!)と、
着物をテーマとしたグリーティング切手「伝統文化の世界」

日本らしさが感じられる切手は、
海外の方へのお土産としても喜ばれることがあります。

受け取った葉書きや手紙に添えられていた切手が、
ちょっと遊び心の入ったものだったり、
素敵な切手だったりすると、
それだけで何だか嬉しく感じてしまう私… :-)
切手の魅力も奥深いですね!

コメント (1)

成田空港探検!

カテゴリー:

n.nakada | 2017年8月14日(月曜日) 11時54分25秒

航空機好きのワタクシ、先日は成田空港を探検してきました。
といっても、探検したのはターミナルではなく「駅」です。

空港内のターミナル連絡バスに乗ると
『東成田駅』という停留所があることをご存じでしょうか?
これまで乗り降りする人に出会ったことがなく、
何の為にあるのだろうかとずっと不思議に思っていました。
調べてみると・・・
なんと1991年まで京成電鉄本線の終点、成田空港駅だったのだとか!
現在の成田空港駅が開業した際に名前が変わってしまいましたが、
京成電鉄の東成田線と、芝山鉄道の芝山鉄道線が乗り入れており
空港職員の方などが主に利用しているのだそう。

それは行ってみなければと、まずは無料の連絡バスに乗り込みました。

「東成田駅」停留所で下車。
空港の敷地内ですから、周囲は金網だらけ、

歩行者は誰もいません。
案内表示に従って1〜2分歩くと、駅の入り口を発見。

ここ・・・入っても良いのですよね??
少々、勇気が要ります。
中に入るとすぐ長机があり、警備員さんが二人いらっしゃいました。
緊張し、無駄に明るく(?)ご挨拶してしまいましたが
ここで所持品検査をする場合もあるのかもしれません。

さらに階段を下ると駅に到着。

かつては賑わっていた駅ですから、がらんと広いです。
別の地上口へ出る階段も発見。こちらは立派な大きさ。

しかし、エレベーターは停止中でした。
昭和のまま時が止まっているようです。

振り返ると、小さな改札口。

その先は真っ暗!!
ここ、一人ぼっちだったら恐いですね。
助かったことに(?)この日はマニアらしき方だけでなく、
家族連れもチラホラ。意外に沢山のお客さんがいらっしゃいました。
最近「成田空港の秘境駅」として有名になり、
ディープな“観光名所”になっているようです。

時刻表を確認すると1時間に1〜2本の運行のようですが、
ちょうど3分後に電車がやって来ることが発覚。
これはラッキー!!
地下ホームから乗り込みます。
 
驚き?の6両編成、お客さんは1両につき4、5人でした。
場所柄、必ずどこかの車両に警察官が乗っているのだそうです。

芝山鉄道線は「東成田駅」とその隣の「芝山千代田駅」を結ぶ鉄道。
営業距離は2.2キロという短さです。
まずは滑走路の地下を通り、その後は地上へ。
すると駐機している航空機が真正面に見えます。

航空機と目線が同じ!!これは嬉しい景色です!!

そして3分で芝山千代田駅に到着。
そのまま成田方面へ折り返すため、慌ててあちこち撮影。
 
駅前はロータリーが広がり、記念撮影用のパネルもあります。
切符を購入し、また電車に乗り込みました。

東成田駅到着後もまだ探検は続きます。
実は第2ターミナルと地下道でつながっているのです。
それがこちら。
 
途中で一度だけ角を曲がり、その後は400メートルの直線。
この広さの中、前後に誰もいません :-o
響くのは自分の足音のみ。
時折出会う、色褪せたポスター。

やはり「昭和」のままのようです。
このままタイムスリップしてしまうのではないかと思ったりして。
そんな中、気付くとスマホが圏外 :-o :-o :-o
これがまた心細さを増幅させます :roll:
早足で歩き続け・・・
第2ターミナルの喧噪を目にした時はホッとしました。

それにしてもこんな所で「秘境駅」に出会えるとは。
ヘンな汗もかいてしまいましたが、探検を満喫してきました ;-)

そしてカメラの画像をチェックして愕然。
慌てていたようで、ホームなどの撮影をしていませんでした。
ブログとしては中途半端で申し訳ありません。
計画性もなく出掛け、驚くばかりの光景を目前に
心拍数が上がったせいだと思われます :oops:

この探検はその位・・・面白かったということでしょう :-D
「秘境駅好き」の方、オススメですよ。

最後にもう1点、ICカードは使えませんでした。
運賃は片道200円、探検の際は小銭をお忘れなく ;-)

コメント (2)

山の日に涼を求めて…

カテゴリー:

m.murata | 2017年8月10日(木曜日) 15時17分14秒

明日は山の日♪
連日暑い日が続きますよね。

そんな中、涼を求めて行きたくなるのが、
山梨県の「富岳風穴」と「鳴沢氷穴」です!

洞窟で、夏でも、とても涼しいということで、
実は、去年のこの時期に初めて訪れました。

富士山のふもと青木ヶ原樹海の入り口にあるこの二つの洞窟。
車で5分ほどの距離にそれぞれあります。


洞窟の近くに行くと、ぐっと空気が変わる瞬間があって、なんとも神秘的です!
(写真は、まだ気温が下がる前の空間。
ここから階段をさがると、ぐっと気温が下がります。)


私が訪れた時の洞窟内の気温は、8月にもかかわらず「0℃」。
上着が必要です。

「富岳風穴」は、横穴、
「鳴沢氷穴」は、竪穴の洞窟。
今から1150年以上前の貞観6年(864)に起きた富士山の噴火の際に
流れ出た溶岩流によりできた洞窟です。
トンネル式となっておりどちらも探検できます。

印象的だったのは、どちらの洞窟にも氷があるということ。
氷は、その名前から鳴沢氷穴にしかないと思ったので驚きです。
その氷、見ごたえがあるのは、一つは「氷柱」!

天井から浸み出した水滴が凍ってできるそうで、
年や季節によっては高さ3mもの氷柱も見られるそうです。


もう一つは、積み上げられた四角い氷。
昔は天然の氷を洞窟内で切り出し、天然の冷蔵冷蔵庫として活用しており、
江戸時代に江戸に献上していたと言われています。
(現在は、天然の冷蔵庫の再現)


さらに、鳴沢氷穴は、竪穴で下に下にと進んでいくのですが、
大人が1人やっと入ることのできる大きさの穴もあり、
前の人と一列になって、しゃがみながら進むところもあるので、
冒険心が掻き立てられて面白かったですよ☆
(足元は滑りやすいので歩きやすいスニーカーなどがおすすめですね!)

また外にはイートインのエリアもあって、
私はソフトクリームを!!

大自然の中で食べるソフトクリーム、格別でした♪

山の日に、山に涼を求めにいくのもいいですね♪

コメント (1)

伊豆箱根鉄道

カテゴリー:

m.ogawa |  11時51分21秒

伊豆半島の付け根、三島と修善寺を結ぶ路線があります。
『伊豆箱根鉄道 駿豆線』

沿線には、伊豆の各温泉街を始め、
世界遺産に指定された『反射炉』
源頼朝が挙兵した『蛭が小島』
水族館の『三津シーパラダイス』
長嶋茂雄さんがキャンプをしていた『大仁ホテル』
源頼朝の長男、頼家が幽閉された『修禅寺』
など、様々な見どころがあります。

海外からの観光客も増えてきたこのタイミングで、
3両編成のワンマン列車は音声も国際化。
英語アナウンスが導入されるとともに、日本語音声も新しくなりました!

その声が、ワタシ :hammer:

偶然のご縁でご指名いただいたのですが、
子供の頃からずっと乗ってきた路線。
嬉しくて嬉しくて、お話を頂いた瞬間、思わず泣いてしまいました。

子供の頃、両親と一緒に乗った初めての電車。
高校時代は憧れの先輩の通学に合わせて乗ってみたり、
今現在は実家に帰るのにも必ず乗る路線。
なんと光栄なことでしょう。

アナウンスはこんな感じで始まります。
「お待たせいたしました。ご乗車、ありがとうございます。
この電車は、伊豆長岡、大仁方面、修善寺行きです。
次は、三島広小路、三島広小路です・・・」

私が選ばれたのは全くの偶然。
私、成田空港の日本語音声も担当しているのですが、
大勢の声のサンプルの中から、成田空港の音声を聞いた方が
この声で、と選んでくださったのだそう。
地元なんです!とお話しすると、あちらもビックリ。
素晴らしい偶然に感謝します。

7月19日から徐々に全車両に新音声が導入され、
この度、晴れて自分自身で乗ってきました。
感無量、涙が出てしまいました。
今後、家族や友人、友人の子供たちと長く聞いてもらえるだろうこの音声。
さっそく家族が、意味もなく交代で乗車をしてはキャッキャと喜んでいます。

沿線の『ベロドローム』は2020年東京五輪の自転車競技会場にも選ばれており、
これまでの観光スポットに加えて、海外からのお客さんにもご利用いただけそうです。
伊豆半島にお出かけの際は、ぜひ一度耳を傾けてみてください。

コメント (4)

none 
ストボ!ライブ(TV) 
番組表!
ストボ!
オンデマンドPodCast
ログイン 
ID
PASS
  ログインを保存
 
Yahoo!検索 
Yahoo!検索