HOMEHELP

株ラジブログ

倉澤・岩本が中心になり、市況のまとまった分析などストボ!TVで伝え切れないことを書いていきます。

やっと出逢えた株式売買の際の道標(みちしるべ)

カテゴリー:

stockvoice_admin | 2014.11.1(土曜日) 16:44

TMWさん

若い頃、家訓で禁じられていると言って、株と競馬には一切見向きもしなかた。
ところが今では、その両方共にどっぷりと、はまり込んでいる。株と競馬に手を染める事となった動機は実に自主性がなく、他人任せであった事が共通点である。
株の方は、友人の会社が上場する事になり、私には事前に相談なく、君の分として1万株を申し込んでおいたからという事で証券会社との付き合いが始まった。一方、競馬の方は悪友連が毎週1割配当を確実に行うので、出資しないかと誘いをかけて来た。遊び心で乗っては見たものの、あっという間に何回か元本がゼロとなってしまい、私が勝ち馬の検討をする事となってしまったのがその動機である。
株式の売買にあっても、競馬の勝ち馬投票にしても、事前検討に沢山の種類の数字を収集し、それらの数字を複合的・総合的に比較検討する事が肝要である事をと学んだ。数字の分析が面白く、今日まで止むことなく、継続している。
勿論、株価の動きには数字のみではなく、経営者の姿勢とか世界の政治・経済動向等々を加味した上で売買の決断をするのが良いのは理解できる。
競馬の方は遊び心で続けているが、株の方はそうは行かない。銀行預金利子がゼロに近い状態がまだまだ続く事が予想される今日、年取った我々の財産保全の大きな一つの方法として、多くの人々が株式投資を考えると思う。
貴重な財産を目減りさせない為には、投資の為の動態的・最新の的確な情報入手のルートを持っているかどうかが鍵になると思う。
TVをデジタル放送受信機に換え、TMWに出逢って、これだと震えるほどに感激した。的確な動態的情報が毎日の取引前後から、長時間にわたって提供され、売買の決断をするに当たって大いに参考にさせてもらっている。年金に頼って生活している今日、株主配当、売買益を得る度に、所得税や復興税等が支払える事に秘かな喜びを感じている。この喜びを継続出来るかどうかは、TMWの有難い情報提供の継続と、より検討のし易いものとして頂く事が決めてであると痛感している。

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントがありません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

   
ストボ!ライブ(TV) 
番組表!
ストボ!
オンデマンドPodCast
ログイン 
ID
PASS
  ログインを保存
 
Yahoo!検索 
Yahoo!検索