HOMEHELP

株ラジブログ

倉澤・岩本が中心になり、市況のまとまった分析などストボ!TVで伝え切れないことを書いていきます。

投資とわたし(ちゃらこさん)

カテゴリー:

stockvoice_admin | 2014.11.1(土曜日) 16:54

ちゃらこさん

私が株式投資を始めたのは10年程前のこと。とは言え、感覚的には預貯金の延長。毎日損益を気にしていたのは最初の最初だけ。すぐに飽きてしまい、いつの間にか買ったらそのまま放置するように。

まあ、当時は仕事が忙しく、家に帰っても「食べる寝る以外何もしたくない」といった日々。というのは堕落の言い訳ですが。

そもそも株を購入するきっかけとなったのは、実家の古い箪笥からでてきた5枚の百円札でした。「銭」という通貨が流通していた時代、この百円札にどれくらいの価値があったのか。ただ、今となっては100円は100円・・・。このとき「インフレリスク」という言葉が急にリアリティを帯びて、資産が現金預金だけということに大きな不安を感じたのです。

昨年、世の中が「アベノミクス」と騒ぎ出したので久しぶりに株を購入。以前から持っていた古漬け株の損失もだいぶ解消されていました。ストックボイスと出会ったのはちょうどその頃。長期保有もいいが、少し売買してみようかと思い始めたときでした。たまたま家にいた平日、「テレビがつまらない・・・」とリモコンをポチポチと。その時TOKYO MXの画面に株価が!もうそこから釘づけでした。生中継で新鮮な情報。素人にもわかりやすい解説。「すごい!こんな番組あったんだ」と。これまでろくに勉強してこなかった私には初めて耳にする用語や内容。よし、この番組で勉強して株の売買をやってみようと思いました。

そして新しく証券口座に入金。いざトレーディング!と株を購入したものの、なかなか売れない。長期保有している株は特に情がわいてしまう。理性の左脳は「ここで売れ」と言い、感情の右脳は「さよならしたくない」と言う。結果、売り時を逃してしまう。毎日眺めているとなぜか可愛く思えてくる保有株。株式トレードは私には向かないのかも、と思いながらもトレードのイメージトレーニングをする日々。かわいい株が憎たらしくなってしまう前に、左脳が勝ってちゃんと売買できるようにと。

毎日さまざまな事柄に振り回される市場。やっぱり奥が深い。難しい。だからこそ楽しい。でもどんなに可愛くてもやっぱり損はしたくない。まだまだ勉強。ストックボイスという素晴らしい教材とともに少しでも成長できるように。

コメント

RSS feed for comments on this post.

この投稿には、まだコメントがありません

コメントの投稿

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

   
ストボ!ライブ(TV) 
番組表!
ストボ!
オンデマンドPodCast
ログイン 
ID
PASS
  ログインを保存
 
Yahoo!検索 
Yahoo!検索