2012/12/28 金曜日

12/28 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:31:37

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

【企業情報】のコーナーでは
<2685> ポイント
<2419> 日本ERI
を取り上げています。

28日の東京株式市場は4日続伸。日経平均株価は1万0395円18銭(△72円20銭)、TOPIXは859.80ポイント(△5.71ポイント)。日経平均先物12月限は1万0430円(△60円)。 (more…)

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2012/12/27 木曜日

12/27 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:12:27

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

【企業情報】のコーナーでは
<8217> オークワ
<8233> 高島屋
<8227> しまむら
<5214> 日本電気硝子
<6370> 栗田工業
を取り上げています。

27日の東京株式市場は3日続伸。日経平均株価は1万0322円98銭(△92円62銭)、TOPIXは854.09ポイント(△6.38ポイント)。日経平均先物12月限は1万0370円(△130円)。
 26日に発足した安倍政権のもとで金融緩和が進むとの期待が継続し、ドル円相場が1ドル=85円台後半まで上昇。これを背景に先物や、主力銘柄に断続的な買いが入りました。終盤は利益確定売りに上値が重くなったものの、日経平均は東日本大震災発生前日の11年3月10日以来、約1年9ヵ月ぶりの水準で終了しました。
 売買高は概算34億6904万株、売買代金は概算1兆6146億円。値上がり銘柄数は1012、値下がりは574、変わらずは110。TOPIX33業種別指数では海運、証券、輸送用機器、不動産、機械など30業種が上昇。電気・ガス、医薬品、建設の3業種が下落。
 個別銘柄では、ファナック、NEC、みずほFG、野村HD、アイフル、三井不動産など207銘柄が年初来高値更新。トヨタ、日産の大手自動車株も終日堅調。値上がり率上位では、冶金工、第一中央汽船、日本板硝子など低位株が目立ちました。
 一方、シャープが反落。キヤノン、ソニー、三菱商事も買い一巡後に軟化。経営統合を発表して前日に大きく上昇した東栄住宅、アーネストワンなど不動産株も利益確定売りに押されました。値下がり率上位は、イオンモール、シップHD、タツタ電線など。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2012/12/26 水曜日

12/26 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:17:01

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

【企業情報】のコーナーでは
<8270> ユニー
<7888> 三光合成
<8267> イオン
<3398> クスリのアオキ
<2378> ルネサンス
<5714> DOWAホールディングス
 を取り上げています。

26日の東京株式市場は大幅続伸。日経平均株価は1万0230円36銭(△150円24銭)、TOPIXは847.71ポイント(△9.70ポイント)。日経平均先物12月限は1万0240円(△170円)と、中心限月として年初来高値を更新しました。
 前日の欧米市場がクリスマスのため休場で、海外発の手がかりがありませんでしたが、新政権への期待などを背景にドル円相場が1ドル=85円台に上昇。個人投資家を中心に金融緩和メリットが期待される銘柄や材料性の強い銘柄を物色する動きが広がったことも相場を押し上げ、前場から堅調な展開でした。午後2時頃から先物に断続的な買いが入り、日経平均は高値引け。配当落ちの影響が14円50程度ありましたが、これを埋めたうえで大幅に上昇した格好です。
 売買高は概算27億9040万株、売買代金は概算1兆3222億円。値上がり銘柄数は1159、値下がりは430、変わらずは106。TOPIX33業種別指数では海運、その他金融、鉄鋼、証券、電気機器など30業種が上昇。電気・ガス、鉱業、食品の3業種が下落。
 個別銘柄では、野村HD、松井証券、マネックスグループの証券株、三菱地所、平和不動産、東急リバブルなど不動産株が相次いで年初来高値更新。シャープが5日ぶり急反発し、売買高、売買代金トップ。出遅れ感があるとして商船三井など海運株も賑わいました。値上がり率上位には経営統合を発表したパワービルダーの東栄住宅、アーネストワン、飯田産業などが入りました。
 一方、ソフトバンクが3日ぶり反落。配当落ちの影響でキヤノンも軟調。東京電力、関西電力など地方電力株も下落。値下がり率上位は、クボテック、ノバレーゼ、東燃ゼネラル石油など。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2012/12/25 火曜日

12/25 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:37:14

【プレゼント&クイズ実施中!】
詳しくはストボ!webサイトへ。
http://www.stockvoice.jp/

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

【企業情報】のコーナーでは
<3268> 一建設
<8880> 飯田産業
<8875> 東栄住宅
<8915> タクトホーム
<8895> アーネストワン
<3274> アイディホーム
<7611> ハイデイ日高
<3086> J.フロント リテイリング
<4974> タカラバイオ
<4548> 生化学工業
<4521> 科研製薬
<8920> 東祥
<7445> ライトオン
 を取り上げています。

25日の東京株式市場は3日ぶり反発。日経平均株価は1万0080円12銭(△140円06銭)、TOPIXは838.01ポイント(△5.29ポイント)。日経平均先物12月限は1万0070円(△110円)。
 自民党の安倍総裁が23日のテレビ番組で、日銀法を改正し、日銀と政策協定を結んで物価上昇率目標を設ける考えを表明。これを受けてドル円相場が1ドル=85円手前まで上昇し、幅広い銘柄に買いが先行しました。ただ、取引開始以降は円安・ドル高が一服。クリスマスで海外投資家の参加が限られ、上値を追うにはエネルギー不足の面もあり、その後は伸び悩む展開でした。
 売買高は概算22億3494万株、売買代金は概算1兆1532億円。値上がり銘柄数は1001、値下がりは577、変わらずは120。TOPIX33業種別指数では証券、不動産、建設、電気・ガス、情報・通信など27業種が上昇。鉱業、石油・石炭、卸売など6業種が下落。
 個別銘柄では、このところの株式市場の商い活況を背景に野村HDが連日で年初来高値更新。売買代金トップでした。大成建設、大林組、NIPPO、ショーボンドHDなど建設関連株も相次いで年初来高値を更新しました。ソフトバンクが引けにかけて上げ幅を広げ、日経平均を押し上げました。デフレ脱却に向けた政策に期待して含み資産関連株に物色の矛先が向かい、値上がり率上位に東京都競馬、よみうりランド、東京ドームなどが入りました。
 一方、シャープが大幅に4日続落。防衛省などへの返納金の引き当てなどが響いて業績予想を減額修正した三菱電機も売られました。値下がり率上位は、クボテック、佐賀銀行、中山製鋼所など。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2012/12/21 金曜日

12/21 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:25:55

【プレゼント&クイズ実施中!】
詳しくはストボ!webサイトへ。http://www.stockvoice.jp/

12月21日19:00から生放送『夜のストボ!どうなる巳年相場!』はUSTREAMで!

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

【企業情報】のコーナーでは
<3104> 富士紡ホールディングス
<5711> 三菱マテリアル
<4999> セメダイン
<6455> モリタホールディングス
<6279> 瑞光
<8363> 北國銀行
<7545> 西松屋チェーン
<7448> ジーンズメイト
 を取り上げています。

21日の東京株式市場は続落。日経平均株価は9940円06銭(▲99円27銭)、TOPIXは832.72ポイント(▲5.89ポイント)。日経平均先物12月限は9960円(▲70円)。
 為替の円安・ドル高が進んだことを好感して序盤は買いが先行。日経平均は一時、1万0175円(△135円)まで上昇しました。ただ、米下院が共和党の減税延長法案の採決を延期し、クリスマス後まで休会になったと伝わると「財政の崖」問題を巡る先行き不透明感が強まり、売りが優勢になりました。3連休前に買いポジションを手仕舞う売りも重なり、日経平均はこの日の安値圏で終了しました。
 売買高は概算36億1215万株、売買代金は概算1兆9056億円。値上がり銘柄数は580、値下がりは978、変わらずは139。TOPIX33業種別指数では鉄鋼、輸送用機器、非鉄金属、電気機器、機械など24業種が下落。不動産、鉱業、情報・通信など9業種が上昇。
 個別銘柄では、リコール問題を嫌気して三菱自動車が大幅続落。三菱UFJ、トヨタ、デンソー、ブリヂストンも年初来高値を更新した後に軟化。ファストリ、ファナック、キヤノンの値がさ株も売られ、日経平均を押し下げました。値下がり率上位には木村化工機、NTN、パイオニアなどが入りました。
 一方、日銀が「物価目標」を導入する見通しになり、デフレ脱却期待から不動産株に物色の矛先が向かいました。住友不動産など大手不動産3社がそろって年初来高値更新。野村HD、ソフトバンク、大成建設も堅調。値上がり率上位は、東京建物不動産販売、日本アジア投資、黒崎播磨など。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.693 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE