2014/1/31 金曜日

1/31 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:48:47

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

31日の東京株式市場は続落。日経平均株価は1万4914円53銭(▲92.53)、TOPIXは1220.64ポイント(▲3.45)。日経平均先物3月限は1万4850円(▲140)。
 米国市場が上昇したことから序盤は買いが先行し、日経平均が一時は130円超の上昇。ただ、米国景気や不安定な新興国市場の先行きに慎重な見方が多く、その後は伸び悩みました。後場に入ると先物に断続的な売りが出て、現物株の裁定解消売りが誘発される展開。午後2時過ぎに1万4764円(▲242)まで下落する場面がありました。終盤は買い戻しが入り、下げ幅を縮めて終了しました。
 売買高は概算30億8084万株。売買代金は概算2兆8427億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが694、値下がりが948、変わらずは138。TOPIX業種別指数では海運、その他金融、証券、不動産、輸送用機器など27業種が下落。空運、食品、医薬品など6業種が上昇。
 個別では、ソフトバンクが8日続落。4−12月期経常利益が910億円とアナリスト予想の平均(1200億円)に届かなかった東芝が大幅安。昨日の引け際に買いが殺到した楽天も反落。ファストリ、トヨタ、シャープ、日立も買い一巡後に軟化。値下がり率上位にはKIMOTO、フォスター電機、新光電工などが入りました。
 一方、4−12月期業績が市場コンセンサスを上回ったNECが300円台に乗せ、昨年来高値更新。コマツは4日続伸。値上がり率上位には、TOB関連のNECフィールディング、再生医療関連の新日本科学、業績予想を増額修正した日本M&Aセンターなどが入りました。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/1/30 木曜日

1/30 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:48:13

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

東証1部の25日騰落レシオが昨日の110.02から98.62に低下。100を割り込んだのは14日以来、約2週間ぶりです。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/1/29 水曜日

1/29 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:55:17

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

17日の東京株式市場は5日ぶり大幅反発。日経平均株価は1万5383円91銭(△403.75)、TOPIXは1256.36ポイント(△31.87)。日経平均先物3月限は1万5380円(△380)。
 売買高は概算23億6372万株。売買代金は概算2兆4778億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが1716、値下がりが47、変わらずは12。TOPIX業種別指数では全33業種が上昇。値上り率上位は、その他金融、パルプ・紙、倉庫、非鉄金属、証券など。
 個別では、スクエニHDが大幅続伸し、売買代金トップ。ファストリ、ファナック、KDDIの値がさ株が終盤にかけて上げ幅を広げ、日経平均を押し上げました。日立、シャープ、アステラス、楽天も大幅高。TOB関連のトーメンエレクトロニクス、業績予想と配当見通しを増額修正したニチレキがストップ高。値上がり率上位、日本駐車場開発、モバイルクリエイト、九電工など。
 一方、M&Aを巡る不透明感が重しになったソフトバンクが6日続落。赤字幅拡大見通しを嫌気してアドバンテストも大幅に4日続落。値下がり率上位にはトーホー、日立国際電気、ミライアルなどが並びました。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/1/28 火曜日

1/28 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:52:17

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

17日の東京株式市場は小幅ながら4日続落。日経平均株価は1万4980円16銭(▲25.57)、TOPIXは1224.31ポイント(▲4.92)。日経平均先物3月限は1万5000円(△60)。
 トルコの利上げ観測が台頭したことなどを背景に、新興国の株安・通貨安が一服。これを受けて自律反発的な買いが入り、午前は日経平均の上げ幅が80円を超える場面がありました。ただ、FOMCを前に米国市場が続落したことから慎重なムードは払拭されず、その後は伸び悩む展開。引けにかけて売り注文が増え、下げに転じました。米アップルが発表した決算がアナリスト予想に届かず、アップル株が時間外取引で急落。TDK、太陽誘電、日東電工などアップルに部品を供給している関連銘柄が売られたことも相場の重しになりました。
 売買高は概算27億3200万株。売買代金は概算2兆6790億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが651、値下がりが956、変わらずは172。TOPIX業種別指数では情報・通信、電気・ガス、建設、電気機器、銀行など24業種が下落。機械、小売、不動産など9業種が上昇。
 個別ではソフトバンクが買い一巡後に軟化し、5日続落。外資系証券アナリストが投資判断を引き下げたKDDI、任天堂も終日軟調で、株価指数を押し下げました。業績予想を減額修正した日立化成、日立ハイテクもそろって下落。星光PMC、第一工業製薬のセルロースナノファイバーも大きく売られました。値下がり率上位は、トーセ、三菱製紙、図書印刷など。
 一方、マツダが7日ぶり反発。値動きの軽いスクエニHD、エイチームが商いを伴って大幅高。米キャタピラーの好調な決算を受けてコマツ、日立建機の機械株も堅調。値上がり率上位にはハピネット、バンナムHD、ヤマダ電機などが並びました。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/1/27 月曜日

1/27 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:57:25

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

17日の東京株式市場は大幅に3日続落。日経平均株価は1万5005円73銭(▲385.83)、TOPIXは1229.23ポイント(▲35.37)。日経平均先物3月限は1万4940円(▲500)。
 28−29日のFOMCを前に、新興国の景気減速懸念からポジションを落とす動きが加速。先週末の海外市場がほぼ軒並み安となり、為替が円高に傾いた流れを引き継いで序盤から売りが先行しました。日経平均は前場で一時、1万4933(▲458)まで下落。その後はかろうじて1万5000円台に持ち直したものの、様子見ムードに戻りは限られました。個別にもリスク回避の動きが強まり、東証1部の値上り銘柄数はわずか29銘柄。全体の98%にあたる1744銘柄が値下りしました。
 売買高は概算32億6479万株。売買代金は概算2兆8502億円。TOPIX業種別指数では全33業種が下落。値下り率上位は保険、鉄鋼、その他金融、不動産、証券など。
 個別銘柄では、カルビー、ハニーズ、沢井製薬、ダイハツ、アコムが昨年来安値更新。昨年来安値更新銘柄数は17と、高値更新(11銘柄)を上回りました。先駆した星光PMC、エイチームや、公募増資を発表したダイセキ環境ソリューションが急落。売買代金上位はソフトバンク、トヨタ、三菱UFJ、日立、みずほ、ファストリなどで、株価は総じてマイナス。値下がり率上位にはコムチュア、ホウスイ、メックなどが入りました。
 一方、発火リスクの低いリチウムイオン電池部材を開発したと報じられた三菱製紙、アルツハイマー病ワクチンの生産技術を開発したと報じられた北興化学がそろってストップ高。ディフェンシブ色の強いゲーム関連が物色され、値上り率上位にスクエニHD、トーセ、カプコンなどが並びました。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.667 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE