2014/3/31 月曜日

3/31 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:52:15

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

31日の東京株式市場は続伸。日経平均株価は1万4827円83銭(△131.80)、TOPIXは1202.89ポイント(△16.37)。日経平均先物6月限は1万4780円(△80)。
 28日の米国市場が上昇したほか、1ドル=103円手前まで円安が進み、序盤から買いが先行。その後も、投信設定に伴う買いや、3月末の「ドレッシング買い」が流入するとの観測を背景に、堅調な展開でした。終盤にかけて買いの勢いが強まり、日経平均、TOPIXともこの日の高値近辺で取引を終えました。
 売買高は概算20億9324万株。売買代金は概算2兆566億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが1317、値下がりが374、変わらずは107。TOPIX業種別指数では、精密を除く32業種が上昇。値上がり率上位は保険、非鉄金属、不動産、海運などでした。
 個別では、ソフトバンクが5日ぶり反発。三井住友FG、三菱UFJ、住友不動産など「出遅れ大型株」に買いが向かい、相場を押し上げました。円安を背景にトヨタ、富士重工、マツダの自動車株も堅調。値上がり率上位にはブレインパッド、帝国繊維、三井海洋開発などが入りました。
 一方、値がさのファストリが4日ぶり反落。ヤフーもリバウンド一巡後に失速し、5日続落。国家戦略特区の正式発表を受け、材料出尽くしとして日本冶金工が大きく売られました。値下がり率上位にはアコーディア、JIN、JALUXなどが並びました。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/3/28 金曜日

3/28 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:48:45

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/中村鋭介

28日の東京株式市場は続伸。日経平均株価は1万4696円03銭(△73.14)、TOPIXは1186.52ポイント(△9.62)。日経平均先物6月限は1万4700円(△60)。
 27日の欧米市場が高安まちまちだったほか、ドル円相場も小動き。新規の手がかり材料に乏しく、前日の後場に大幅高となった反動で一時は1万4520円(▲102)まで下落しました。ただ、その後は先物や主力銘柄に買いが向かい、プラスに切り返す展開。後場は1万4700円台を回復する場面がありました。市場では、年度末の「お化粧買い」観測に加え、米雇用統計や日銀会合など4月の注目イベントを前に売り方の買い戻しが広がったとの見方も聞かれました。
 売買高は概算21億9266万株。売買代金は概算2兆351億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが1386、値下がりが320、変わらずは91。TOPIX業種別指数では、その他金融、空運、証券、銀行、小売など26業種が上昇。精密、情報・通信、電気機器など7業種が下落。
 個別ではファストリが3日続伸し、日経平均を押し上げました。「iPhone 6」が9月にも発売されるとの観測報道を受け、シャープも3日続伸。三井住友FG、三菱UFJ、野村HD、オリックスなど金融株も買い戻されました。値上がり率上位にはAPカンパニー、アークランド、日本ガスなどが入りました。
 一方、ソフトバンクからイー・アクセスを3240億円で買収すると発表したヤフーが買収負担を懸念して急落。ソフトバンクも4日続落。事業方針を発表したパナソニックも新鮮味に乏しい内容として売りが優勢になりました。値下がり率上位にはタカタ、星光PMC、藤田観光などが並びました。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/3/27 木曜日

3/27 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:59:46

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

実質新年度初日となった27日の東京株式市場は続伸。日経平均株価は1万4622円89銭(△145.73)、TOPIXは1176.90ポイント(△4.83)。日経平均先物6月限は1万4640円(△250)。
 配当落ちの影響(104円程度)と米国市場の下落が重しになり、前場は軟調。日経平均は一時、1万4227円(▲249)まで下落しました。ただ、後場に入ると相場が一変。為替の円安と同時に先物や値がさ株に断続的な買いが入り、大きく上昇する展開でした。結局は配当落ち分を一日で埋めたほか、このところ上値抵抗ラインとなっていた「鬼門の200日移動平均線」も上回って終了。市場では、売り方の買い戻しが相場を押し上げたとの見方があったほか、「年度末の株高を期待したドレッシング買いが入ったようだ」(国内証券情報担当者)との声も上がりました。
 売買高は概算25億8396万株。売買代金は概算2兆4748億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが920、値下がりが756、変わらずは99。TOPIX業種別指数では小売、精密、電気・ガス、鉄鋼、不動産など22業種が上昇。証券、保険、卸売など11業種が下落。
 個別では、花王、HOYA、シマノが昨年来高値更新。ファストリが引けにかけて大きく買われ、日経平均を46円押し上げました。「駅ナカ」にコンビニを出店すると報じられたセブン&アイHDも大幅続伸。自社株買いの実施計画を発表したトヨタも堅調。値上がり率上位には日東製網、日本冶金工、IIJなどが入りました。
 一方、ソフトバンクが3日続落し、売買代金トップ。株式売り出しによる需給悪化懸念から東京エレクトロン デバイスが急落。伊藤忠、三菱商事、三井物産など高配当銘柄の一角も軟調。値下がり率上位にはベリサーブ、極東証券、イートアンドなどが並びました。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/3/26 水曜日

3/26 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:46:47

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一
26日の東京株式市場は上昇。日経平均株価は1万4477円16銭(△53.97)、TOPIXは1172.07ポイント(△8.37)。日経平均先物6月限は1万4390円(△130)。
 3月米消費者信頼感指数が市場予想を上回り、25日の欧米市場が堅調。この流れを引き継いで序盤は幅広く買いが先行し、日経平均は一時、1万4569円(△146)まで上昇しました。ただ、その後は上値追いの手がかりに乏しく、戻り待ちの売りに伸び悩む展開。結局はここ数日と同様、200日線で上値を抑えられる展開でした。
 売買高は概算24億4427万株。売買代金は概算2兆3599億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが1080、値下がりが606、変わらずは112。TOPIX業種別指数では保険、機械、精密、輸送用機器、電気機器など26業種が上昇。水産・農林、その他金融、情報・通信など7業種が下落。
 個別では、このところ下げのきつかったニコンが10日ぶり反発、アステラスは4日ぶり反発。日立、三菱重工、野村HD、三井物産の大型株が引けにかけて上げ幅拡大。引け際に、明日の配当落ち分を穴埋めするための「配当の再投資」とみられる買いがTOPIX先物に入り、これに連動したもようです。トヨタ、ホンダ、マツダの自動車株も堅調。値上がり率上位にはマーベラスAQL、サンケン電気、SUMCOなどが入りました。
 一方、ファナックが6日ぶり反落。ソフトバンクも売り買い交錯の末に続落し、25日線をかろうじて上回る水準で終了。大和証券、三井住友トラスト、クレセゾンなど金融株の一角も下落。値下がり率上位にはTASAKI、日本コンクリート、ヤオコーなどが並びました。
 介護向けロボットを手がけるサイバーダインがこの日マザーズに新規上場し、午後2時13分、公開価格の2.3倍となる8510円で初値形成。その後は一時ストップ高となる1万10円まで上昇し、終値は9600円でした。売買代金は446億円と東証全体で第4位でした。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2014/3/25 火曜日

3/25 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 16:50:47

※「今日の株式 明日の株式」はUSTREAMの課金システムを利用した有料視聴にさせて頂きました。
そのためPodcastは番組の1部分のみの配信とさせて頂いております。
ご迷惑とご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。
なお、有料視聴の登録をして頂きますと、番組の全編をいつでもご視聴頂けるオンデマンドもご利用頂けます。
ぜひご利用下さい。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

25日の東京株式市場は高安まちまち。日経平均株価は1万4423円19銭(▲52.11)、TOPIXは1163.70ポイント(△0.66)。日経平均先物6月限は1万4260円(▲140)。
 中国と米国のPMIが2月から低下したことが重しになり、24日の米国市場が軟調。これを受けて序盤は売りが先行し、日経平均は一時、1万4312円(▲163)まで下落しました。その後は先物にまとまった買いが入り、プラスに切り返す展開。ただ、200日移動平均線を上回る水準では上値が重くなり、終盤は再び軟化しました。小型株に権利取り狙いとみられる買いが入り、これに押し上げられたTOPIXは小幅ながら続伸しました。
 売買高は概算26億6423万株。売買代金は概算2兆4431億円。東証1部の騰落銘柄数は、値上がりが1073、値下がりが655、変わらずは70。TOPIX業種別指数では、その他金融、情報・通信、証券、不動産、精密など14業種が下落。鉱業、繊維製品、陸運、海運など19業種が上昇。
 個別では、ニコンが13年9月の昨年来安値を更新。ファストリ、ソフトバンクも反落し、日経平均を押し下げました。新興市場銘柄の急落を背景に、スクエニHD、エイチーム、KLabなどゲーム関連が大きく下落しました。大和証券、りそなHD、オリックス、住友不動産など金融・不動産株も軟調。値下がり率上位にはネクスト、サニックス、全国保証などが入りました。
 一方、ホンダが9日ぶり反発。ファナックも続伸し、日経平均を下支えしました。三菱UFJ、三井住友FGのメガバンク株も前場で年初来安値を更新した後はプラスに切り返しました。値上がり率上位は、じもとHD、帝国繊維、日立国際電気などでした。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.711 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE