2016/5/31 火曜日

5/31 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:22:12

 30日の東京株式市場は日経平均が1万7068円02銭(△233.18)、TOPIXは1366.01(△16.08)、日経平均先物6月限は1万7080円(△260)。
 前週末の米市場は小幅高。イエレンFRB議長が講演で「数カ月内の利上げ」を示唆し、為替相場でドル買い・円売りが加速。東京市場の朝方時点では1ドル=110円70銭〜80銭前後、取引中には111円30銭台まで円安が進みました。一方、週末にマスコミ各社が「安倍首相が消費増税の2年半延期を決断」と報道。これらを支援材料とした株式市場は強い動き。日経平均はじわじわと上げ幅を広げ、「日銀ショック」前の4月27日以来1カ月ぶりに1万7000円台を回復しました。
 ただ、商いは少なく、東証1部売買高は15億9773万株、売買代金は1兆5604億円といずれも今年最低。値上がり数は1534、値下がりは307、変わらずは114。TOPIX業種別騰落率は、空運、鉄鋼のみ下落。上昇率上位は、紙パルプ、自動車、ガラス土石、海運、電機、精密など。
 個別銘柄では、円安を好感したのか、トヨタ、ホンダ、ソニー、TDKなど輸出関連が堅調。「増税延期」報道が効いたのか、高島屋、Jフロント、ヤマダ電機など小売株も強含みでした。自社株買いを発表したエイチアイエス、自己株消却を発表したファナックも買われました。値上がり率上位は、ネクシィーズ、宮越HD、アインHD、インターワークス、イソライト工業など。
 半面、先駆して買われていた大林組、長谷工、大和ハウスなど建設株に売りが先行。前日にストップ高したガンホーは7%超、傘下の人気ブランドの譲渡を発表したUアローズも5%超の急落。値下がり率上位は、トランザクション、TSI、日本CMK、松井建設、トーメンデバイスなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/5/30 月曜日

5/30 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:29:53

 30日の東京株式市場は日経平均が1万7068円02銭(△233.18)、TOPIXは1366.01(△16.08)、日経平均先物6月限は1万7080円(△260)。
 前週末の米市場は小幅高。イエレンFRB議長が講演で「数カ月内の利上げ」を示唆し、為替相場でドル買い・円売りが加速。東京市場の朝方時点では1ドル=110円70銭〜80銭前後、取引中には111円30銭台まで円安が進みました。一方、週末にマスコミ各社が「安倍首相が消費増税の2年半延期を決断」と報道。これらを支援材料とした株式市場は強い動き。日経平均はじわじわと上げ幅を広げ、「日銀ショック」前の4月27日以来1カ月ぶりに1万7000円台を回復しました。
 ただ、商いは少なく、東証1部売買高は15億9773万株、売買代金は1兆5604億円といずれも今年最低。値上がり数は1534、値下がりは307、変わらずは114。TOPIX業種別騰落率は、空運、鉄鋼のみ下落。上昇率上位は、紙パルプ、自動車、ガラス土石、海運、電機、精密など。
 個別銘柄では、円安を好感したのか、トヨタ、ホンダ、ソニー、TDKなど輸出関連が堅調。「増税延期」報道が効いたのか、高島屋、Jフロント、ヤマダ電機など小売株も強含みでした。自社株買いを発表したエイチアイエス、自己株消却を発表したファナックも買われました。値上がり率上位は、ネクシィーズ、宮越HD、アインHD、インターワークス、イソライト工業など。
 半面、先駆して買われていた大林組、長谷工、大和ハウスなど建設株に売りが先行。前日にストップ高したガンホーは7%超、傘下の人気ブランドの譲渡を発表したUアローズも5%超の急落。値下がり率上位は、トランザクション、TSI、日本CMK、松井建設、トーメンデバイスなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/5/27 金曜日

5/27 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:37:51

27日の東京株式市場は日経平均が1万6834円84銭(△62.38)、TOPIXは1349.93(△7.06)、日経平均先物6月限は1万6820円(△30)。
 前日の欧米市場は小幅まちまち。東京市場は小高くスタート。前場序盤に「機動的な財政戦略の重要性で各国が一致した」とするG7首脳宣言の内容が伝わると、日経平均は1万6900円台に上伸。ただ、こうした内容は事前報道ですでに織り込まれており、買い上がる動きにはつながりませんでした。前日同様、手がかりに乏しく、日経平均、TOPIX、東証2部指数、マザーズ指数が騰落率1%未満の膠着相場。日経ジャスダック平均は前日終値とまったく同じでした。
 商いも少なく、東証1部売買代金1兆6581億円は今年最低。7日連続で2兆円を割り込み、2014年8月以来1年9カ月ぶりの記録となりました。
 東証1部値上がり数は988、値下がりは773、変わらずは188。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、保険、非鉄、鉄鋼、銀行、電機など28業種が上昇。倉庫、不動産、薬品、小売、空運の5業種が下落。
 個別銘柄では、WTIが一時50ドルに乗せたことを好感し、国際帝石、JX、三菱商事など原油関連が堅調。人気パズルゲームの中国投入を発表したガンホーはストップ高比例配分、サッカーゲームの新作発売を発表したコナミも年初来高値。値上がり率上位は、トランザクション、アジア投資、FPG、東芝、オープンハウス、ラクーンなど。
 半面、Jフロント、高島屋、ファストリなど小売株が弱含み。東急、京成、JR東など陸運株の一角も売り先行。前日に米投資ファンドによる経営支援のニュースで急騰したタカタ、タカタの大株主であるホンダも軟調。値下がり率上位は、オオバ、イーレックス、錢高組、ミタチ、山下医科器械など。

キャスター 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/5/26 木曜日

5/26 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:22:26

 26日の東京株式市場は日経平均が1万6772円46銭(△15.11)、TOPIXは1342.87(▲0.01)、日経平均先物6月限は1万6790円(△20)。
 前日の欧米市場は堅調。東京市場も高く始まり、寄り付き直後に日経平均が1万6900円台をつけ、5月SQ値(1万6845円)をようやく突破。ただ、9時30分ごろから為替市場で輸出企業によるドル売り・円買いが入ったとみられ、1ドルが110円割れ。これを受けて日経平均も上げ幅を縮小、その後は狭いレンジで持ち合いました。サミット中ということもあり、市場全体が方向感に欠け、日経平均、TOPIXのほか、東証2部指数、日経ジャスダック平均、マザーズ指数も騰落率が1%未満でした。
 東証1部売買高は17億6943万株、売買代金は1兆8343万円。値上がり数は930、値下がりは844、変わらずは179。TOPIX業種別騰落率は、鉱業、医薬品、自動車、陸運、水産、石油石炭製品など17業種が上昇。海運、証券、情報通信、鉄鋼、紙パルプ、非鉄など16業種が下落しました。
 個別銘柄では、トヨタ、マツダ、スズキなど自動車が強含み。米投資ファンドによる出資が伝わったタカタはストップ高比例配分、燃費不正絡みの特損額を発表した三菱自動車もアク抜けで買われました。前日冴えなかった武田、エーザイなど薬品株も買い先行。値上がり率上位は、新日本科学、トランザクション、ウィルグループ、石川製作所、GMOクラウドなど。
 半面、NTT、KDDI、NTTドコモなど通信株が売り先行。中国EC大手アリババの不適切会計疑惑を受け、大株主のソフトバンクも3%超の下落。足元で膠着相場・薄商いが続いていることから、野村HD、大和証券、松井証券など証券株も軟調。値下がり率上位は、ワイエイシイ、SBI、日新電機、あいHD、ノーリツ鋼機など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/5/25 水曜日

5/25 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:21:19

 25日の東京株式市場は日経平均が1万6757円35銭(△258.59)、TOPIXは1342.88(△13.88)、日経平均先物6月限は1万6770円(△290)。
 前日の欧米市場は堅調。東京市場も反発スタート。為替相場でドル円が110円付近で安定推移し、台湾、香港、韓国などアジアも堅調。これを受け、日経平均は1万6700円〜6800円どころで高止まり。終値ベースで25日移動平均線(1万6732円)を上抜きました。26日開始の伊勢志摩サミットでは各国協調の財政出動への期待は薄いものの、サミット後の消費増税延期発表や日本単独の財政出動への期待感は根強く、投資家心理を支えました。
 東証1部売買高は16億1834万株、売買代金は1兆7826万円。値上がり数は1333、値下がりは474、変わらずは146。TOPIX業種別騰落率は、薬品、その他金融のみ下落。上昇率上位は、保険、鉄鋼、情報通信、紙パルプ、自動車、証券など。
 個別銘柄では、足元で弱含んでいた新日鉄住金、JFE、DOWA、住友鉱山など鉄鋼・非鉄がリバウンド。高精細画像「8K」の伝送実験に成功したNTTドコモ、KDDIも大幅高。熊本地震で発表が遅れていた今期業績予想を開示したソニーは年初来高値。値上がり率上位は、新日本科学、マネパG、山九、西華産業、富士石油など。
 半面、武田、エーザイ、中外製薬など薬品株が弱含み。大和証券が投資判断を引き下げた小野薬品も4%強の下げで3日続落。値下がり率上位は、ネクシィーズ、ベクトル、メニコン、あすか製薬、アイスタイルなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.629 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE