2016/10/31 月曜日

10/31 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 18:01:25

 31日の東京株式市場は日経平均が1万7425円02銭(▲21.39)、TOPIXは1393.02(△0.61)、日経平均先物12月限は1万7440円(▲20)。
 前週末の米市場は小動き。週明けの東京市場は日銀決定会合や米FOMCを控え、反落スタート。前引け時点でマイナスだったことから、後場は日銀ETF買い期待で戻り歩調。日経平均は小幅安で終えたものの、TOPIXはプラス転換しました。
 東証1部売買高は22億4263万株、売買代金は2兆3298億円。値上がり銘柄数は866、値下がりは981、変わらずは138。TOPIX業種別騰落率は、海運、金属、保険、空運、電機、証券など14業種が上昇。ゴム、鉱業、薬品、ガラス土石、倉庫、小売など19業種が下落。
 個別銘柄では、エーザイ、中外製薬など薬品株が弱く、通期業績予想が市場コンセンサスに届かない武田も大幅反落。Jフロント、JR東、三井不動産など内需系も総じて売りが先行。値下がり率上位は、TIS、エスペック、日新電機、日本ガイシ、OKIなど。
 半面、パナソニック、ソニーなど電機株が強含み。想定為替レートを円高方向に改定したものの、利益見通しは据え置いた日立は5%超の上昇。通期予想を増額した東京エレクも急続伸。値上がり率上位は、ID、M&Aキャピタル、ショーワ、メガチップス、EIZOなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/10/28 金曜日

10/28 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:35:58

 28日の東京株式市場は日経平均が1万7446円41銭(△109.99)、TOPIXは1392.41(△10.40)、日経平均先物12月限は1万7460円(△110)。
 前日の米市場は3指数とも小幅安。米10年債利回りが5カ月ぶりに1.85%に達し、日米金利差が拡大。ドル買い・円売りで1ドルが3カ月ぶりに105円台に乗せました。円安を好感した東京市場は日経平均が反発スタート。そのまま高止まりし、終値としては4月25日以来6ヶ月ぶりに1万7400円台を回復しました。
 東証1部売買高は26億2881万株、売買代金は3兆1330億円。値上がり銘柄数は1370、値下がりは510、変わらずは105。TOPIX業種別騰落率は、証券、保険、銀行、その他金融、空運、非鉄など27業種が上昇。不動産、電気ガス、陸運、サービス、情報通信、食品の6業種が下落。
 個別銘柄では、円安を追い風にトヨタ、パナソニック、コマツ、日立など輸出関連が堅調。足元の業績が市場想定を上回った野村HDが5%超の急続伸、大和、松井など他の証券株も買われました。値上がり率上位は、カルソニックカンセイ、日立マクセル、応用化学、カプコン、KIMOTO、フタバなど。
 半面、JR東、東ガス、東京建物など内需系の一角が弱含み。通期業績予想を下方修正したリコーは4%強の大幅続落。値下がり率上位は、ファインデクス、日本トリム、エレマテック、タナベ経営、アンリツなど。

キャスター 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/10/27 木曜日

10/27 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:25:31

 27日の東京株式市場は日経平均が1万7336円42銭(▲55.42)、TOPIXは1382.01(▲0.69)、日経平均先物12月限は1万7350円(▲10)。
 前日の米市場は小幅まちまち。日経平均は小幅反落で始まり、その後プラス浮上、マイナス転落とやや荒っぽい動き。前引けは50円安でした。後場は終始マイナス圏で推移し、一時は1万7300円を割り込む場面もありました。
 東証1部売買高は17億120万株、売買代金は1兆9449億円。値上がり銘柄数は909、値下がりは927、変わらずは146。TOPIX業種別騰落率は、その他金融、証券、不動産、石油石炭、陸運、鉱業など14業種が上昇。海運、空運、精密、化学、医薬品、電力ガスなど19業種が下落。
 個別銘柄では、商船三井、川崎汽船など海運株が軟調。「業績予想の下方修正を検討」と発表した日本郵船も反落。通期業績見通しの下方修正を発表した航空電子は9%超、住友理工も6%超の急落でした。値下がり率上位は、VOYAGE、山陽特殊鋼、田辺三菱製薬、神戸物産など。
 半面、鹿島、三菱地所、JR東など内需株に資金が流入。取引中に発表した上期決算が市場予想より上振れた富士通は後場一段高し、7%超の上昇でした。値上がり率上位は、イチケン、ユアテック、ホウスイ、大豊工業など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一
ゲスト 松井道夫社長 (松井証券)

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/10/26 水曜日

10/26 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:35:51

 26日の東京株式市場は日経平均が1万7391円84銭(△26.59)、TOPIXは1382.3(△9.71)、日経平均先物12月限は1万7360円(▲20)。
 前日の米市場は3指数とも下落。「ロシアがOPECの減産に参加しない」との見方が強まり、WTIも50ドル割れでした。東京市場は日経平均が反落スタート。前場はマイナスで終えたため、日銀ETF買い期待から後場はプラス圏に浮上。上げ幅をじわりと広げ高値引けしました。
 東証1部売買高は15億8904万株、売買代金は1兆8114億円。値上がり銘柄数は1286、値下がりは557、変わらずは143。TOPIX業種別騰落率は、精密、不動産、食品、建設、水産、情報通信など26業種が上昇。鉱業、ゴム、自動車、機械、保険、海運など7業種が下落。
 個別銘柄では、大林組、東電、NTTなど内需系が強含み。大口の買いが入ったのか、三菱地所、三井不動産など不動産株も後場一段高。業績が好感された日本電産は連日の年初来高値更新。値上がり率上位は、TDCソフト、SMK、太平洋セメント、加藤製作所、あすか薬など。
 半面、パナソニック、日立、トヨタなど外需系が弱含み。セブン&アイ、イオンなど小売も冴えませんでした。値下がり率上位は、日本鋳鉄管、日新電機、イトーキ、東海運、三菱自動車など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/10/25 火曜日

10/25 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:36:14

 25日の東京株式市場は日経平均が1万7365円25銭(△130.83)、TOPIXは1377.32(△9.71)、日経平均先物12月限は1万7380円(△130)。
 前日の米市場は小幅高。朝方の為替相場が1ドル=104円30〜40銭台と円安方向に傾いたこともあり、日経平均は続伸スタート。4月28日以来6ヶ月ぶりに1万7300円台に乗せ、終始高止まりしました。
 東証1部売買高は17億6222万株、売買代金は2兆1160億円。値上がり銘柄数は1243、値下がりは585、変わらずは157。TOPIX業種別騰落率は、その他製品、自動車、その他金融、銀行、ゴム、電気ガスなど26業種が上昇。鉱業、鉄鋼、海運、石油石炭、倉庫、食品など7業種が下落しました。
 個別銘柄では、トヨタ、富士重、ホンダなど自動車が強い動き。「17年3月期通期業績はほぼ市場想定通りで着地」と報じられたマツダも3%近い続伸。通期見通しを上方修正した日本電産は6%強の上昇で年初来高値更新。値上がり率上位は、日本鋳鉄管、コア、日本理化、デザインワン、モリ工業など。
 半面、新日鉄、神戸鋼、JFEなど鉄鋼株が弱含み。国際帝石、日揮、JXなど原油関連も売りが先行しました。値下がり率上位は、IHI、田淵電機、タカラレーベン、エムスリー、M&Aキャピなど。
 新規上場のJR九州は公開価格比390円(15%)高の2990円で取り引きを終えました。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.637 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE