2016/12/30 金曜日

12/30 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:35:04

 大納会の30日の東京株式市場は日経平均が1万9114円37銭(▲30.77)、TOPIXは1518.61(△0.22)、日経平均先物3月物は1万9090円(△20)。
 前日の米市場は小幅続落。これを受けて東京市場も売り先行。日経平均は1万9000円を割り込んで始まり、一巡後は下げ渋り。後場は日銀の上場投資信託(ETF)買いの観測もあり、プラスに転じる場面もありました。しかし、大引けにかけては再び売りに押され結局、3日続落。16年は年間で80円66銭高と5年連続の上昇となりました。
 東証1部売買高は16億6786万株、売買代金は1兆7125億円、値下がり銘柄数は768、値上がり銘柄数は1071、変わらずは164。
 TOPIX業種別騰落率は電力ガス、鉱業、鉄鋼、海運、非鉄、紙パルプ、不動産など18業種が下落。水産、薬品、精密、電機、その他製品、食品など15業種が上昇。
 個別銘柄ではファーストリテや村田製。三菱商が軟調。KDDI、コマツ、太平洋セメ、三井不も下落し、東電はじめ電力株が軒並み安。値下がり率上位はアダストリア、東芝プラント、船井電機、エコナック、ティアックなど。
 半面、東芝は8営業日ぶりに大幅反発し、トヨタやソフトバンク、任天堂、みずほFG、キーエンスが上昇しました。値上がり率上位はタカタ、一六堂、ブレインパッド、川田テクノ、enishなど。

キャスター 岩本秀雄/中村鋭介/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/12/29 木曜日

12/29 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:53:14

 29日の東京株式市場は日経平均が1万9145円14銭(▲256.58)、TOPIXは1518.39(▲18.41)、日経平均先物3月物は1万9070円(▲360)。
 前日の米市場は反落。東京市場もリスク回避で大幅続落しました。年末年始休暇を控えトランプ相場で上昇を牽引してきた金融や半導体関連をはじめ幅広い銘柄に利益確定の売り注文が増加。為替が1ドル=116円台と円高方向に振れたことも輸出関連株への売りを助長。日経平均は後場に一段安となり、下げ幅が300円を超える場面もありました。
 東証1部売買高は22億4914万株、売買代金は2兆796億円、値下がり銘柄数は1571、値上がり銘柄数は342、変わらずは90。TOPIX業種別騰落率は海運、鉄鋼、銀行、証券、金属製品、電機、自動車など32業種が下落。食品の1業種のみが上昇。
 個別銘柄では東芝が大幅続落。売買高は東証1部全体の約28%を占めました。三菱UFJや三井住友トラストなど大手銀行株も軒並み安。トヨタ、ソフトバンク、ファナック、野村、東エレクが下げ、信越化、郵船、JFEも下落しました。東芝以外の値下がり率上位はティアック、パイプド、キャリアリンク、ルネサスエレクなど。
 半面、任天堂やKDDI、JTが堅調で三井不、JDI、IHIもしっかり。値上がり率上位はオルトプラス、タカタ、アビスト、東京個別指導など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/12/28 水曜日

12/28 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:38:54

 28日の東京株式市場は日経平均が1万9401円72銭(▲1.34)、TOPIXは1536.80(△0.58)、日経平均先物3月物は1万9430円(△90)。
 前日の米市場は小幅高。日経平均は12月期決算企業の配当権利落ちの影響もあり反落スタート。その後は押し目買いで40円近く上昇する場面もありました。ただ、年末接近で国内外機関投資家の動きが鈍く売買代金は今年最低。主力大型株の上値が重く日経平均は約27円の権利落ち分を即日で埋めることはできませんでした。TOPIXは小幅続伸。
 東証1部売買高は13億1143万株、売買代金は1兆5591億円、値下がり銘柄数は474、値上がり銘柄数は1411、変わらずは109。
 TOPIX業種別騰落率はゴム、繊維、食品、薬品、保険など12業種が下落。非鉄、鉄鋼、機械、海運、金属製品、建設、サービス、ガラス土石など21業種が上昇。
 個別銘柄では三菱UFJや三井住友FGなどメガバンクが続落。配当権利落ちのキヤノンやJT、花王、ブリヂストンも下げました。任天堂、ファーストリテ、KDDIが軟調で東芝はストップ安。東芝に続く値下がり率上位はホットランド、多木化学、BPカストロール、高島屋など。
 半面、トヨタやファナック、キーエンスが高く、三菱電機、コマツ、SMCも上昇。東エレクは11連騰でアドバンテストやSUMCOなど他の半導体関連株もほぼ軒並み高となりました。値上がり率上位は日立工機、オルトプラス、池上通信機、ID、神戸物産、タカラバイオなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/12/27 火曜日

12/27 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:41:02

 27日の東京株式市場は日経平均が1万9403円06銭(△6.42)、TOPIXは1536.22(▲1.92)、日経平均先物3月物は1万9340円(△20)。
 前日の米市場は休場。手掛かり材料が乏しく東京市場は小口売りが先行したものの、一巡後は押し目買いで下げ渋り。受け渡しベースで年内最終売買日、12月期決算の銘柄は権利付き最終売買日とあって、クリスマス休暇中の外国人投資家の動きが鈍い中で節税目的の売りと配当等の権利取りの買いが交錯。前日終値を挟んだもみ合いに終始しました。日経平均は小幅ながら4営業日ぶり小反発。
 東証1部売買高は17億4965万株、売買代金は1兆8354億円、値上がり銘柄数は781、値下がり銘柄数は1076、変わらずは149。
 TOPIX業種別騰落率はゴム、その他金融、海運、薬品、銀行、石油など18業種が上昇。不動産、紙パルプ、建設、空運、電機、鉄鋼、鉱業、陸運など15業種が下落。
 個別銘柄では三菱UFJなど3メガバンクが小反発。ファーストリテ、KDDI、オリックス、花王が高く、小野薬品が買われました。ブリヂストンや横浜ゴムも上昇。値上がり率上位は東京個別指導、CTS、U−NEXT、WDB、新川など。
半面、多額損失計上の可能性が伝えられた東芝が急落。トヨタやキヤノン、JT、SMC、三菱商事が下落しました。値下がり率上位はアトラ、ティアック、アジア投資、ネクシィーズ、オルトプラスなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2016/12/26 月曜日

12/26 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:28:10

 26日の東京株式市場では日経平均が1万9396円64銭(▲31.03)、TOPIXは1538.14(▲5.68)、日経平均先物3月物は1万9320円(▲40)。
 前週末の米市場は小反発。3連休明けの東京市場は為替がやや円高に振れたこともあり、輸出関連株中心に小口売りが先行。3営業日続落して始まり、売り一巡後にプラスに浮上する場面もありました。ただ、クリスマス休暇中で外国人投資家の売買が少なく商いは低調。上下幅46円という狭いレンジでのもみ合いに終始し、結局、マイナスで取引を終えました。
 東証1部売買高は14億4186万株、売買代金は1兆6302億円、値下がり銘柄数は1040、値上がり銘柄数は848、変わらずは117。
 TOPIX業種別騰落率は自動車、石油、鉱業、鉄鋼、ガラス土石、銀行、非鉄、卸売など25業種が下落。その他製品、精密、薬品、食品、サービスなど8業種が上昇。
 個別銘柄ではトヨタやホンダ、マツダなど自動車株が軒並み下落。みずほFG、野村、東京海上など金融株が軟調で、KDDI,三菱商、JDI、郵船も安くなりました。値下がり率上位はスカラ、VOYAGE、アゴーラ、東洋鋼鈑、総合メディカルなど。
 半面、任天堂が売買代金トップとなり反発。DeNAも10営業日ぶりに上昇。12月期末権利取りの動きでJTやアサヒなど食品株の一角が高くなりました。値上がり率上位はオルトプラス、ティアック、M&Aキャピタル、GMOPGなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.683 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE