2017/1/31 火曜日

1/31 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:43:58

 31日の東京株式市場は日経平均が1万9041円34銭(▲327.51)、TOPIXは1521.67(▲22.10)、日経平均先物3月物は1万8980円(▲350)。
 前日の米市場は下落。トランプ政権の移民政策への警戒感から東京市場でも売り先行。リスク回避で為替が1ドル=113円台前半まで円高に振れたことも投資家心理を悪化させ、日経平均株価は下げ幅を拡大して安値引け。日銀の金融政策決定会合の結果は事前の予想通りでとくに材料にはなりませんでした。1月月間では73円下落して取引を終えました。
 東証1部売買高は19億9746万株、売買代金は2兆4867億円、値下がり銘柄数は1518、値上がり銘柄数は396、変わらずは88。
 TOPIX業種別騰落率は電力ガス、鉄鋼、海運、自動車、証券、陸運、銀行、ゴム、電機、石油など33業種がすべて下落。上昇した業種はありませんでした。
 個別銘柄ではトヨタや富士重工など自動車株が下落。ソフトバンク、三菱UFJ、ソニー、ファナック、野村、エムスリーも軟調。下方修正を嫌気してNECが急落しました。それ以外の値下がり率上位は北陸電力、ファンケル、M&Aセンター、EIZO、千代田化工など。半面、VテクやNTT、住友化が上昇し、アンリツやスタンレー電、gumiもしっかり。値上がり率上位はラサ商事、ヤーマン、キヤノンMJ、かどや油、NSWなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/30 月曜日

1/30 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:33:13

 30日の東京株式市場は日経平均が1万  9368円85銭(▲98.55)、TOPIXは1543.77(▲5.48)、日経平均先物3月物は1万9330円(▲130)。
 前週末の米市場は高安まちまち。東京市場では買い手掛かりに乏しく売り先行。為替が1ドル=114円台前半まで円高に振れたことも買い手控え機運を助長。このところ堅調だった輸出関連株や景気敏感株などに利益確定売りが増え日経平均は4営業日ぶりに反落しました。一方で小型株は堅調で日経JQ平均は昨年来高値を更新して取引を終えました。
 東証1部売買高は15億3274万株、売買代金は1兆9240億円、値下がり銘柄数は1003、値上がり銘柄数は848、変わらずは151。
 TOPIX業種別騰落率は保険、電力ガス、機械、銀行、不動産、繊維、情報通信、証券、建設など23業種が下落。石油、鉄鋼、水産、その他金融、ゴムなど10業種が上昇。
 個別銘柄では東芝やNTTドコモが反落。ソフトバンク、三井住友FG、信越化、富士重工、大東建託、積水化も売られました。値下がり率上位はアクセル、合同製鉄、ヤマシンフィルタ、ホシザキ、エクセディなど。半面、Vテクやアルプス電、MonotaROが上昇し、ブリヂストン、キヤノンもしっかり。値上がり率上位はM&Aキャピタル、PCA、黒崎播磨、SHOEIなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/27 金曜日

1/27 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 18:37:50

27日の東京株式市場は日経平均が1万9467円40銭(△65.01)、TOPIXは1549.25(△4.24)、日経平均先物3月物は1万9460円(0)。
 前日の米市場は高安まちまち。NYダウは連日の最高値更新でしたが、ナスダック指数は反落。東京市場は1ドル=115円台の円安ドル高を追い風に買いが優勢。このところ買われていた設備投資関連など値がさの景気敏感株には利益確定売りで下げるものもみられましたが、銀行株が続伸。石油株や通信株なども買われ、日経平均株価は3日続伸しました。
 東証1部売買高は19億4716万株、売買代金は2兆億4304円、値上がり銘柄数は1003、値下がり銘柄数は857、変わらずは141。
TOPIX業種別騰落率は鉱業、ゴム、空運、石油、銀行、保険、精密機器、情報通信など20業種が上昇。海運、鉄鋼、その他金融、証券、倉庫、自動車など13業種が下落。
 個別銘柄ではみずほFGなど3メガバンクが続伸。KDDIやセブン&アイ、大東建託など内需系の値がさ株に上昇するものが増加。ソフトバンク、ファナック、JT、第一生命も堅調でした。値上がり率上位は東洋機械金属、VOYAGE、チノー、XNETなど。半面、信越化や東エレク、アドバンテストが下落、トヨタ、オリックス、任天堂、Vテクも下落しました。値下がり率上位はサイバー、日立国際、信越ポリ、ゴールドクレなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一
ゲスト 松井道夫 (松井証券 代表取締役社長)

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

1/26 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 11:11:31

 26日の東京株式市場は日経平均が1万9402円39銭(△344.89)、TOPIXは1545.01(△23.43)、日経平均先物3月物は1万9460円(△390)。
 前日の米市場は続伸しダウ平均が初の2万ドル乗せ。東京市場も金融や素材、資本財関連といった景気敏感株中心に幅広く資金が流入。為替は1ドル=113円台前半と昨日より円高気味で推移しましたが影響は限られました。日経平均は後場に一段高となり、1万9400円台を回復。売買代金は12月16日以来およそ1カ月半ぶりの水準に膨らみました。
 東証1部売買高は23億株、売買代金は2兆7423億円、値上がり銘柄数は1599、値下がり銘柄数は309、変わらずは94。
 TOPIX業種別騰落率は証券、保険、銀行、海運、化学、ガラス土石、紙パルプ、精密機器、電機など32業種が上昇。鉱業の1業種のみが下落。
 個別銘柄では三菱UFJや野村、第一生命など主力金融株がそろって上昇。ソフトバンク、トヨタ、ファナック、東エレク、JDIが買われました。信越化、三菱電、積水化、安川電が上場来高値更新。値上がり率上位はVOYAGE、タカタ、ソフトバンクテク、東特線など。半面、任天堂や日電産、JTが小幅安。前日の決算を受けLINEが急落して最安値を更新しました。値下がり率上位は富士通ゼネラル、航空電子、太陽HD、ベリサーブなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/25 水曜日

1/25 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:31:34

 25日の東京株式市場は日経平均が1万9057円50銭(△269.51)、TOPIXは1521.58(△15.25)、日経平均先物3月物は1万9070円(△230)。
 前日の米市場は反発。東京市場も景気敏感株中心に幅広く買いが先行。欧米株高に加え、1ドル=113円台と昨日より円安ドル高に振れたことも買い戻しや押し目買いを誘発。日経平均は3営業日ぶりに大幅反発し、1万9000円台を回復しました。世界景気の回復や好決算発表への期待感から素材や資本財、設備投資関連など景気敏感株が買われました。
 東証1部売買高は19億3434万株、売買代金は2兆2344億円、値上がり銘柄数は1529、値下がり銘柄数は385、変わらずは88。
 TOPIX業種別騰落率は鉄鋼、機械、非鉄、ガラス土石、自動車、化学、電機、金属製品、証券など30業種が上昇。その他金融、食品、建設の内需系の3業種が下落。
 個別銘柄ではソフトバンクが続伸。ファナックやキーエンス、SMCといった値がさの設備投資関連株が買われ、トヨタ、三菱UFJ、信越化、JFE、アルプス電も上昇しました。値上がり率上位はブレインパッド、タカタ、安永、ネクステージ、GMOクラウドなど。
 半面、東芝が続落し、前日引け後に決算発表した日本電産も6営業日ぶりに反落。JTやNTT,大東建託も軟調でした。値下がり率上位は日立工機、オルトプラス、ライトオン、タカラレーベン、アダストリアなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/24 火曜日

1/24 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:19:23

 24日の東京株式市場は日経平均が1万8787円99銭(▲103.04)、TOPIXは1506.33(▲8.30)、日経平均先物3月物は1万8840円(▲80)。
 前日の米市場は反落。1ドル=112円台半ばまで円高に振れたことを受け日経平均は続落スタート。前場はプラス圏に浮上する場面もありましたが、後場には輸出関連株や金融株などに再び売り注文が増え、きょうの安値圏で取引を終了。トランプ米大統領の保護主義的な政策への警戒感から自動車株などが売られました。金利低下で銀行株も下落しました。
 東証1部売買高は18億6688万株、売買代金は2兆2757億円、値下がり銘柄数は1084、値上がり銘柄数は802、変わらずは116。
 TOPIX業種別騰落率は銀行、電力ガス、保険、鉱業、証券、その他金融、自動車、金属製品など28業種が下落。海運、卸売り、鉄鋼など5業種が上昇。
 個別銘柄ではトヨタや日産自が下落し、みずほFG、りそなHD、第一生命も軟調。東芝、任天堂、ファナック、DeNAも安くなりました。値下がり率上位はエコナック、タカタ、東芝機械、関西電力、芝浦メカなど。
 半面、日経平均株価に採用された大塚HDが反発。Vテク、キーエンス、日本電産、NTTも上昇しました。値上がり率上位はヤマシンフィルタ、ヤーマン、TOWA、北の達人など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.762 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE