2017/1/23 月曜日

1/23 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:39:24

 23日の東京株式市場は日経平均が1万8891円03銭(▲246.88)、TOPIXは1514.63(▲18.83)、日経平均先物3月物は1万8920円(▲240)。
 前週末の米市場は反発。日経平均は4日びり反落で始まり、大引けにかけ下げ幅を拡大。20日のトランプ米大統領の就任演説が新味に乏しく、保護主義的な姿勢も目立ったとして買いが手控えられました。1ドル=113円台前半まで円高が進んだことも輸出関連株などへの売りを助長。日経平均は1万9000円を割り、この日の安値圏で取引を終えました。
 東証1部売買高は17億7770万株、売買代金は2兆億2005円、値下がり銘柄数は1554、値上がり銘柄数は375、変わらずは74。
 TOPIX業種別騰落率はその他金融、保険、不動産、自動車、小売り、精密機器、海運、ゴムなど32業種が下落。上昇は金属製品の1業種のみ。
 個別銘柄では明日に日経平均株価への採用を控えた大塚HDが売られ、ソフトバンクやファナック、KDDIも軟調。トヨタ、任天堂、三菱UFJ、セブン&アイ、オリックスも安くなりました。値下がり率上位はタカタ、フィールズ、アクリーティブ、ネクシィーズなど。
 半面、東芝が大幅続伸。Vテクやキーエンス、日本電産も上昇しました。値上がり率上位はエストラスト、gumi、GMOクラウド、ISIDなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/20 金曜日

1/20 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:36:38

 20日の東京株式市場は日経平均が1万9137円91銭(△65.66)、TOPIXは1533.46(△5.31)、日経平均先物3月物は1万9160円(△60)。
 前日の米市場は続落。日経平均は小幅に売りが先行したものの、為替が1ドル=115円台と円安ドル高に振れたことで反発。昼前に発表された中国のGDPなどの景気指標が安心感を誘い後場に一段高。100円あまり上昇する場面もありました。その後はトランプ米大統領の就任式などを見極めたいという機運も強まり、結局、小幅に3日続伸して取引を終えました。
 東証1部売買高は17億9140万株、売買代金は2兆649億円、値上がり銘柄数は1152、値下がり銘柄数は709、変わらずは142。
TOPIX業種別騰落率は保険、石油、機械、鉱業、金属製品、非鉄、海運、倉庫など25業種が上昇。水産、その他製品、陸運、薬品、その他金融など8業種が下落。
個別銘柄では昨日に急落した東芝が反発。ソフトバンクやファナック、ファストリテ、第一生命が堅調でSUMCO、コマツ、三菱電も上昇。値上がり率上位はボルテージ、東芝テック、芝浦メカ、NSユナイテッド海運、東芝機械など。
半面、トヨタや任天堂、ソニー、三菱商が軟調で、大塚HD、小野薬品が売られました。値下がり率上位はタカタ、日本ライフL、サクセスHD、U−NEXTなど。

キャスター 岩本秀雄 中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/19 木曜日

1/19 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:15:34

 19日の東京株式市場は日経平均が1万9072円25銭(△177.88)、TOPIXは1528.15(△14.29)、日経平均先物3月物は1万9100円(△270)。
 前日の米市場は高安まちまち。日経平均は買い先行。米金利の上昇を背景に円相場が一時1ドル=114円台後半と昨日に比べ1円以上円安ドル高に振れたことが買い安心感を呼び、輸出関連株や景気敏感株などに買い注文が増加しました。後場寄り直後に伸び悩む場面もありましたが、一巡後は再び上げ幅を広げ1万9000円台を回復して取引を終えました。
 東証1部売買高は22億5444万株、売買代金は2兆2666億円、値上がり銘柄数は1546、値下がり銘柄数は364、変わらずは94。
 TOPIX業種別騰落率は海運、銀行、水産、紙パルプ、自動車、非鉄、空運、ガラス土石、証券、機械など30業種が上昇。鉱業、石油、小売りの3業種が下落。
 個別銘柄では金利上昇を追い風に三菱UFJや野村、第一生命など金融株が上昇し、商船三井ほか海運株が軒並み高。トヨタやファナック、任天堂、花王も高くなりました。値上がり率上位はサクセス、モバクリ、松竹、ダイセキ環境、山一電機など。
 半面、米原発事業の損失拡大が報じられた東芝が急落。法的整理の観測が出たタカタはストップ安。DeNAやセブン&アイも下落しました。両銘柄以外の値下がり率上位はジーンズメイト、航空電子、デザインワン、インターワークスなど。

キャスター 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/18 水曜日

1/18 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:33:42

 18日の東京株式市場は日経平均が1万8894円37銭(△80.84)、TOPIXは1513.86(△4.76)、日経平均先物3月物は1万8830円(△100)。
 前日の米市場は3日続落。日経平均も続落して始まったものの、売り一巡後は値ごろ感からの買い戻しや押し目買いが流入。円相場が1ドル=113円台と円安方向に振れ、日経平均も後場に上げ幅を拡大。指数先物に外国人の買いが入り、一時は120円あまり上昇する場面もありました。引けはやや押し戻されましたが、3日ぶり反発して取引を終えました。
 東証1部売買高は18億1826万株、売買代金は2兆2282億円、値上がり銘柄数は929、値下がり銘柄数は928、変わらずは145。
 TOPIX業種別騰落率は鉄鋼、海運、石油石炭、水産、鉱業、証券、不動産、非鉄、その他金融など25業種が上昇。ゴム、薬品、サービス、食品など8業種が下落。
 個別銘柄では信越化学が買われ9年半ぶりに上場来高値を更新。値上げ発表を受けて新日鉄住金やJFE、東京製鉄など鉄鋼株の上昇も目立ちました。東芝や富士重工、三井不、セブン&アイも高くなりました。値上がり率上位はデザインワン、ネクステージ、インターワークス、シュッピン、サクセスHDなど。
 半面、天然ゴム価格の値上がりを嫌気してブリヂストンなどタイヤ株が総じて軟調。三菱UFJやソニー、大塚HD,楽天も下げました。値下がり率上位はアルビス、APカンパニー、システムリサーチ、東天紅、タカタなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/1/17 火曜日

1/17 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:27:43

17日の東京株式市場は日経平均が1万8813円53銭(▲281.71)、TOPIXは1509.10(▲21.54)、日経平均先物3月物は1万8730円(▲330)。
 前日の米市場は休場。日経平均は売り先行。後場には一段安となり、ほぼ安値引けで昨年12月9日以来およそ1カ月半ぶりに1万9000円の節目を割り込みました。リスク回避ムードが強く円相場が1ドル=113円台半ばの水準に上昇し、輸出関連株はじめ幅広く売られてほぼ全面安。今晩のメイ英首相の演説などへの警戒感から投資家心理が悪化しました。
 東証1部売買高は17億1056万株、売買代金は2兆942億円、値下がり銘柄数は1799、値上がり銘柄数は149、変わらずは56。
TOPIX業種別騰落率は水産、不動産、建設、証券、ガラス土石、食品、自動車、精密機器、小売りなど全33業種がすべて下落。上昇した業種はありませんでした。
 個別銘柄ではトヨタやホンダなど自動車株が下落。三井住友FGや東京海上、野村など金融株も軒並み安。ソフトバンク、信越化学、三井不動産、JTも安くなりました。値下がり率上位はさくらインター、日華化学、ビジョン、日本通信、日本カーボンなど。
 半面、任天堂や東芝、トクヤマが逆行高。値上がり率上位はジーンズメイト、U−NEXT、アルファ、ゲンキーなど。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.654 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE