2017/4/25 火曜日

4/25 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:23:09

 25日の東京株式市場は日経平均が1万9079円33銭(△203.45)、TOPIXは1519.21(△16.02)、日経平均先物6月物は1万9090円(△150)。
 前日の米市場は大幅反発。フランス大統領選の結果を受け欧米株が大幅高となり、東京市場でもリスク選好の動きが継続。朝方の戻り売りが一巡した後は日経平均は上げ幅を広げ、午後には一段高。ほぼ全面高商状となり、一気に1万9000円台を回復。懸念された北朝鮮情勢に大きな動きがなかったことも買い安心感を誘い、先物への買い戻しが増えました。
 東証1部売買高は19億4868万株、売買代金は2兆3018億円、値上がり銘柄数は1633、値下がり銘柄数は305、変わらずは78。
 TOPIX業種別騰落率は保険、証券、非鉄、鉄鋼、ガラス・土石、機械、倉庫、海運、銀行、陸運、自動車など31業種が上昇。情報通信と薬品の2業種が下落。
 個別銘柄では三菱UFJやSOMPO、第一生命、野村など主要金融株が軒並み高。任天堂が3日続伸し、トヨタ、コマツ、パナソニック、東エレク、信越化、ヤマトHD、三井金が買われました。値上がり率上位は伯東、昭和電工、Vコマース、安永、新日無線など。半面、ソニーやNTTドコモが反落。SUBARU、キーエンス、レナウンも下げました。値下がり率上位はイーブック、石川製、池上通信、ぴあ、豊和工など。

キャスター 中村鋭介 ゲスト 窪田朋一郎 (松井証券)

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/4/24 月曜日

4/24 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:24:10

 24日の東京株式市場は日経平均が1万8875円88銭(△255.13)、TOPIXは1503.19(△14.61)、日経平均先物6月物は1万8940円(△290)。
 前週末の米市場は反落。23日のフランス大統領選の第1回投票でマクロン、ルペン両氏が5月7日の決選投票に進むことが決定。懸念された反欧州連合(EU)の政権が誕生する可能性が薄れたとして一気にリスク選好の動きが強まりました。為替も1ドル=110円台へ大きく円安に振れ、日経平均は大幅続伸。TOPIXは1500を回復しました。
 東証1部売買高は19億2119万株、売買代金は2兆1193億円、値上がり銘柄数は1534、値下がり銘柄数は381、変わらずは101。
 TOPIX業種別騰落率は陸運、精密、建設、その他製品、薬品、水産、サービス、銀行、食品、紙・パ、情報通信など30業種が上昇。鉄鋼、石油、鉱業の3業種が下落。
個別銘柄では好業績期待でソニーが6日続伸。任天堂やソフトバンク、ファストリテ、三菱UFJ、KDDI、ホンダが買われ、パナソニック、アステラス薬、信越化、レナウンも上昇しました。値上がり率上位はパナホーム、池上通信、石川製、ダイキアクス、タカタなど。半面、SUMCOやコマツ、三菱電が軟調で、野村、JXTGも下げました。値下がり率上位はルック、サンデン、Wスコープ、東京製鉄、オハラなど。

キャスター 倉澤良一/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/4/21 金曜日

4/21 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:22:00

 21日の東京株式市場は日経平均が1万8620円75銭(△190.26)、TOPIXは1488.58(△15.77)、日経平均先物6月物は1万8650円(△180)。
 前日の米市場は反発。トランプ政権による政策期待が再燃し、東京市場でも幅広い銘柄に買いが増加。為替が1ドル=109円台前半と円安に振れたことも追い風に日経平均は上げ幅を拡大。大引けにかけて一段高となり、ほぼ全面高商状で大幅反発して取引を終えました。23日のフランス大統領選への警戒感がやや和らいだことも買い安心感を誘いました。
 東証1部売買高は18億6244万株、売買代金は2兆2391億円、値上がり銘柄数は1645、値下がり銘柄数は288、変わらずは83。
 TOPIX業種別騰落率はガラス・土石、電力・ガス、ゴム、海運、証券、鉄鋼、保険、自動車、機械、非鉄、薬品など32業種が上昇。サービスの1業種のみが下落。
個別銘柄では東エレクやSUMCOなど半導体関連株が軒並み高。トヨタ、ファナック、コマツ、ダイキン、ブリヂストン、太平洋セメが買われ、三菱UFJや第一生命、野村など金融株にも上昇銘柄が増えました。値上がり率上位はレナウン、ルック、オハラ、CTS、トーネックなど。半面、富士フイルムや東芝、キヤノン、安川電機が逆行安。値下がり率上位はenish、ゲンキー、澤藤電、北の達人、エンプラスなど。

キャスター 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/4/20 木曜日

4/20 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:33:02

 20日の東京株式市場は日経平均が1万8430円49銭(▲1.71)、TOPIXは1472.81(△1.39)、日経平均先物6月物は1万8470円(△60)。
 前日の米市場は続落。東京市場では為替が円安気味だったこともあり、自動車や電機等の輸出関連株、金融株などに買いが先行。日経平均は1万8500円台を回復する場面も。後場には上値の重さを嫌気した売り注文が次第に優勢になり、大引けでは4営業日ぶりに小幅反落。昨日とは逆にTOPIXは小幅高で全般は方向感が定まりませんでした。
 東証1部売買高は18億4106万株、売買代金は2兆1592億円、値下がり銘柄数は792、値上がり銘柄数は1091、変わらずは132。
TOPIX業種別騰落率は石油、電力・ガス、鉱業、食品、海運、薬品、サービス、水産など19業種が下落。銀行、ゴム、自動車、保険、非鉄、証券、繊維など14業種が上昇。
 個別銘柄では任天堂やファナック、日本郵政が売られ、ファナック、コマツ、スタートトゥ、三菱電、JXTG、郵船も軟調。値下がり率上位はJACリクルート、日機装、ベクトル、イフジ産、デジタルアーツなど。半面、収益増額観測が報じられたキヤノンが買われ、ソフトバンク、三菱UFJ、ソニー、SUBARU、東エレクが上昇。東芝、良品計画、花王も高くなりました。値下がり率上位はenish、大阪有機、NOK、アクリーティブ、GMBなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/4/19 水曜日

4/19 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:33:27

 19日の東京株式市場は日経平均が1万8432円20銭(△13.61)、TOPIXは14771.42(▲0.11)、日経平均先物6月物は1万8410円(▲30)。
 前日の米市場は反落。東京市場も輸出関連や資源関連など景気敏感株中心に売り注文が優勢で下落してスタート。売り一巡後は国内機関投資家などから押し目買いが入り、日経平均は小幅に3日続伸しました。ただ、TOPIXは小幅安で全般は方向感の乏しい展開でした。材料性のある中小型株には個人投資家の買いが継続し、マザーズ指数も3日続伸。
 東証1部売買高は19億5291万株、売買代金は2兆3172億円、値上がり銘柄数は1043、値下がり銘柄数は820、変わらずは152。
 TOPIX業種別騰落率は水産、電機、サービス、情報通信、その他製品、化学、紙・パなど17業種が上昇。海運、陸運、空運、石油、倉庫、不動産、非鉄など16業種が下落。
 個別銘柄では任天堂が4日続伸。ソフトバンク、三井住友FG、ソニー、武田薬、富士通、東芝、enishが高くなりました。値上がり率上位はイソライト、スミダコーポ、中部飼料、ダイヤモンドD、イオンファンタなど。半面、トヨタやホンダが軟調でNTT、三井物、第一生命、村田製も下落。値下がり率上位はローツェ、インベスターズC、ボルテージ、澤藤電、大建工など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.725 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE