2017/4/3 月曜日

4/3 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:34:05

 3日の東京株式市場は日経平均が1万8983円23銭(△73.98)、TOPIXは1517.03(△4.43)、日経平均先物3月物は1万9050円(△140)。
 前週末の米市場は反落。名実とも新年度相場入りした東京市場は需給の改善に加え、先週後半に下落した反動もあり、日経平均が3営業日ぶり反発。寄り前発表の3月調査の日銀短観は企業の景況感が改善していることを示しましたが、反応は限定的でした。午後には海外勢の先物買いで160円近く上昇する場面もありましたが、引けは上げ幅を縮小しました。
 東証1部売買高は20億1502万株、売買代金は2兆2691億円、値上がり銘柄数は1087、値下がり銘柄数は804、変わらずは121。
 TOPIX業種別騰落率はその他製品、食品、水産、倉庫、サービス、小売り、薬品、建設など24業種が上昇。石油、非鉄、鉄鋼、銀行、保険など9業種が下落。
 個別銘柄では任天堂とソフトバンクが3日ぶり反発。東エレクやファナック、パナソニックがしっかりで、NTT、セブン&アイ、森永乳、ヤフーなど内需系の銘柄が総じて堅調でした。値上がり率上位は北の達人、日本電子材料、いであ、インターアク、エランなど。半面、3度目の決算発表延期観測が浮上した東芝は4日ぶり反落。みずほFGなど3メガバンクが4日続落し、ソニー、三菱商、JXも安くなりました。値下がり率上位は澤藤電、ブロドリーフ、ミルボン、東陽倉、あすか薬など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.603 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE