2017/5/31 水曜日

5/31 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:26:20

 31日の東京株式市場は日経平均が1万9650円57銭(▲27.28)、TOPIXは1568.37(▲4.30)、日経平均先物6月物は1万9660円(▲10)。
 前日の米市場は続落。米国の経済指標が弱く米金利が低下。1ドル=110円台後半と為替が円高に振れたことも東京市場の逆風となり、資源関連株や銀行株などに売りが先行。日経平均は小幅に4日続落しました。大引け段階で世界的な株価指数MSCIの銘柄入れ替えに伴い売買代金は増えましたが、全体に様子見気分が強く実質的な売買は低調でした。
 東証1部売買高は20億1898万株、売買代金は3兆176億円、値下がり銘柄数は1282、値上がり銘柄数は622、変わらずは112。
 TOPIX業種別騰落率は石油、紙・パ、銀行、ゴム、鉄鋼、電力ガス、その他金融、海運、その他製品、証券、空運など26業種が下落。保険、化学、不動産など7業種が上昇。
 個別銘柄では任天堂が4営業日ぶりに反落。三井住友FG、NTTドコモ、JT、新日鉄住金、コマツが下げ、石油資源開発やJXTG、日揮など石油関連株の下落が目立ちました。値下がり率上位はブラス、UKC、菱洋エレク、アルビス、ケネディクスなど。半面、ソフトバンク、NTT、東エレクが堅調でMSCIに新規採用のJR九州とディスコが出来高を伴って上昇。キーエンスが実質で上場来高値を更新しました。値上がり率上位はエムアップ、アグロカネシ、enish,ベルーナ、エランなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/5/30 火曜日

5/30 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:29:46

 30日の東京株式市場は日経平均が1万9677円85銭(▲4.72)、TOPIXは1572.67(△2.46)、日経平均先物6月物は1万9670円(▲10)。
 前日の米市場は休場。国内で積極的な手掛かり材料が少ない中で欧米の政治情勢などへの警戒感から東京市場は売り先行。円相場が1ドル=110円台後半へ強含んだことも輸出関連株や景気敏感株への売りを誘発。日経平均は午後にプラス圏に浮上する場面もありましたが、買いが続かず小幅続落。TOPIXは昨日に続いて小幅高で取引を終えました。
 東証1部売買高は13億2603万株、売買代金は1兆8768億円、値下がり銘柄数は751、値上がり銘柄数は1092、変わらずは173。
 TOPIX業種別騰落率は紙・パ、水産、倉庫、銀行、薬品、陸運、保険など12業種が下落。空運、金属製品、情報通信、非鉄、鉄鋼、化学、繊維、機械など21業種が上昇。
 個別銘柄では東エレク、ソニー、キヤノンが軟調。ファストリテ、三菱UFJ、東芝、JT、DeNAも安くなりました。値下がり率上位はオルトプラス、アイホン、ジーンズメイト、京三製、パソナなど。半面、ソフトバンクが反発し、トヨタ、花王、Vテク、NTTドコモ、ANA、サイバーが上昇。任天堂も小幅に3日続伸しました。値上がり率上位はエムアップ、ソルクシーズ、SRGタカミヤ、Hamee、GMOクラウドなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/5/29 月曜日

5/29 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:22:52

 29日の東京株式市場は日経平均が1万9682円57銭(▲4.27)、TOPIXは1570.21(△0.79)、日経平均先物6月物は1万9680円(▲30)。
 前週末の米市場は高安まちまち。東京市場では早朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したと伝わり、朝方は小口売りが優勢。一巡後は好業績の中小型株などに買いが増え日経平均はプラス圏で推移する場面も目立ちました。しかし、今晩のNY市場が休場ということもあり、大引けにかけて再び売り注文が出て小幅続落。TOPIXは小幅高で取引を終えました。
 東証1部売買高は12億7453万株、売買代金は1兆7928億円、値下がり銘柄数は942、値上がり銘柄数は933、変わらずは138。
 TOPIX業種別騰落率は鉄鋼、海運、鉱業、非鉄、その他金融、不動産、証券、ゴムなど18業種が下落。その他製品、食品、小売、サービス、水産、倉庫など15業種が上昇。
 個別銘柄ではソフトバンクや新日鉄住金、SUMCOが軟調。Vテク、エムアップ、オリンパス、ケネディクス、村田製、JR九州も下落しました。値下がり率上位は新日無線、オオバ、M&Aキャピ、アルビス、ファーストコーポなど。半面、任天堂が活況裏に続伸して新値追い。トヨタ、三菱UFJ、東芝、楽天、NTT、信越化もしっかり。値上がり率上位はGMOクラウド、アイエスビー、HIS、CDS、クレスコなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/5/26 金曜日

5/26 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:25:34

 26日の東京株式市場は日経平均が1万9686円84銭(▲126.29)、TOPIXは1569.42(▲9.00)、日経平均先物6月物は1万9710円(▲90)。
 前日の米市場は6日続伸。米金利が上昇せず為替が1ドル=111円台前半と円高ドル安方向に振れたため、東京市場は売り先行。日経平均は3日ぶりに反落し、後場には一段安の展開でほぼこの日の安値で取引を終了。内外の政治情勢や今夜から開かれる主要国首脳会議の議論などを見極めたいとして、一部の銘柄を除き買い手控えムードが強まりました。
 東証1部売買高は15億6361万株、売買代金は2兆1551億円、値下がり銘柄数は1538、値上がり銘柄数は379、変わらずは99。
 TOPIX業種別騰落率は鉱業、紙・パ、水産、機械、電力・ガス、ガラス・土石、海運、自動車、サービス、精密、陸運、卸売など32業種が下落。その他製品の1業種のみが上昇。
 個別銘柄ではトヨタやファナック、東エレク、コマツ、キヤノンなど輸出関連株に下落するものが増え、三菱UFJ、NTTドコモ、JR九州、リクルート、SOMPO、武田薬も下落しました。値下がり率上位は日本アジアG、KOA、キューブシス、MRO、三愛石油など。半面、任天堂が売買代金トップで8年ぶりの高値に買われ、ソフトバンク、ソニー、楽天、エムアップが上昇。値上がり率上位はサイバリンクス、ソルクシーズ、片倉コープ、大阪有機、ニチコンなど。

MC: 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/5/25 木曜日

5/25 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:58:07

 25日の東京株式市場は日経平均が1万9813円13銭(△70.15)、TOPIXは1578.42(△3.31)、日経平均先物6月物は1万9800円(△60)。
 前日の米市場は5日続伸。為替がやや円高に振れて朝方は小口売りが先行。一巡後はすぐに切り返し、日経平均は徐々に上げ幅を広げて続伸しました。米国の利上げが緩やかになるという見方からアジア株がそろって上昇したことも買い安心感を誘いました。ただ、最近堅調だった小型株には利益確定売りで下落するものも増え、全体では値下がり銘柄数が優勢でした。
 東証1部売買高は16億7727万株、売買代金は2兆2213億円、値上がり銘柄数は817、値下がり銘柄数は1039、変わらずは160。
 TOPIX業種別騰落率は電力・ガス、倉庫、情報通信、海運、陸運、建設、不動産など16業種が上昇。鉱業、鉄鋼、石油、証券、繊維、食品、保険、化学など17業種が下落。
 個別銘柄ではソフトバンクが活況裏に続伸。東芝、東エレク、ファナック、コマツ、日本電産、ANA、マネパGも上昇しました。値上がり率上位はエムアップ、日本アジアG、キューブシス、ソルクシーズ、日本ライフLなど。半面、任天堂やトヨタ、三井住友FGが反落し、JT、Vテク、ダイキン、日立も利益確定売りで安くなりました。値下がり率上位はTSI、ジーンズメイト、オカダアイヨン、RSテクノ、トランザクションなど。

キャスター 岩本秀雄
ゲスト フェアラインパートナーズ 堀川秀樹氏

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.653 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE