2017/7/20 木曜日

7/20 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:19:27

 20日の東京株式市場は日経平均が2万144円59銭(△123.73)、TOPIXは1633.01(△11.14)、日経平均先物9月物は2万90円(△80)。
 前日の米市場は最高値更新。東京市場も買い先行で始まり、日経平均は続伸。昼休み時間中に日銀が今日まで開いた金融政策決定会合の結果として金融政策の現状維持や物価見通しの下方修正などを発表。これを受けて為替が1ドル=112円台へと円安に振れ、後場に日経平均も上げ幅を広げました。輸出関連株や景気敏感株などが幅広く買われました。
 東証1部売買高は16億5097万株、売買代金は2兆1144億円、値上がり銘柄数は14911、値下がり銘柄数は399、変わらずは133。
 TOPIX業種別騰落率は水産、化学、その他金融、石油、証券、電機、薬品、ゴム、工業、サービス、空運、建設、機械など32業種が上昇。その他製品の1業種のみが下落。
 個別銘柄ではトヨタや東エレク、村田製、日立、TDK、ファナック、富士フイルムなどが輸出関連の主力銘柄が高く、ソフトバンク、KDDI、みずほFG、花王、JTが上昇。ルネサス、宇部興、レナウン、マルハニチロ、東海カも高くなりました。値上がり率上位はタカタ、安永、太平電業、CRE、マクロミルなど。半面、任天堂は3営業日ぶりに反落し、ファストリテ、三井住友FG、出光興産、Klabも軟調でした。値下がり率上位はSサイエンス、enish、gumi、エムアップ、サムティなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/7/19 水曜日

7/19 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:25:21

 19日の東京株式市場は日経平均が2万20円86銭(△20.95)、TOPIXは1621.87(△1.39)、日経平均先物9月物は2万10円(△30)。
 前日の米市場は高安まちまち。米金利低下を反映して為替相場が一時1ドル=111円台後半へ円高ドル安に振れ、輸出関連株などに売り注文が先行。しかし、一巡後は好業績期待の内需関連株などに次第に押し目買いが流入。日経平均は小幅反発しました。中小型株への個人投資家の物色意欲は旺盛で、2部指数やジャスダック平均は年初来高値を更新。
 東証1部売買高は16億4142万株、売買代金は2兆208億円、値上がり銘柄数は1136、値下がり銘柄数は760、変わらずは127。
 TOPIX業種別騰落率はその他製品、水産、情報・通信、サービス、鉄鋼、食品など15業種が上昇。海運、その他金融、証券、自動車、ガラス・土石、電機、機械など18業種が上昇。個別銘柄では任天堂が大幅続伸し、ソフトバンク、ファストリテ、東エレク、花王、NTT、JALが上昇。リクルート、アステラス薬、出光興産も高くなりました。値上がり率上位はenish、レナウン、デザインワン、エンシュウ、TBASEなど。半面、トヨタや日産自など自動車株が軒並み安で三菱UFJ、セブン&アイ、ファナック、日立、東芝、三井不も軟調でした。値下がり率上位はタカタ、UKC、ADワークス、ミマキエンジ、ランドなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/7/18 火曜日

7/18 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:24:11

 18日の東京株式市場は日経平均が1万9999円91銭(▲118.95)、TOPIXは1620.48▲5.00)、日経平均先物9月物は1万9980円(▲130)。
 前日の米市場は高安まちまち。米金利低下による日米金利差の縮小を受け、為替相場が1ドル=111円台後半に円高ドル安に振れ、輸出関連株や金融株への売り圧力が強まりました。日経平均は3営業日ぶりに反落。一時175円あまり下落する場面も。大引けではやや下げ渋りましたが、7月7日以来6営業日ぶりに2万円を割り込んで取引を終えました。
 東証1部売買高は18億1725万株、売買代金は2兆1120億円、値下がり銘柄数は1064、値上がり銘柄数は793、変わらずは166。
 TOPIX業種別騰落率は不動産、銀行、自動車、海運、薬品、ガラス・土石、サービス、機械、陸運など21業種が下落。水産、その他製品、電機、繊維、鉱業など12業種が上昇。
 個別銘柄ではトヨタやSUBARUなど自動車株が軟調で、三菱UFJほか銀行株が下落。ファストリ、出光興産、NTTドコモ、第一生命、セブン&アイ、アステラス薬、KLabも安くなりました。値下がり率上位はタカタ、メディアドゥ、Sサイエンス、ヒトコミュ、エンシュウなど。半面、任天堂が続伸し、ソフトバンク、東芝、富士通、東エレク、武田薬、花王も上昇しました。値上がり率上位はヨシムラF、北の達人、前澤工、パソナG、CTS など。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/7/14 金曜日

7/14 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:31:40

 14日の東京株式市場は日経平均が2万118円86銭(△19.05)、TOPIXは1625.48(△6.37)、日経平均先物9月物は2万110円(△30)。
 前日の米市場は続伸。NYダウが連日で最高値を更新し、外為市場では円が下落。これらを追い風に輸出関連株や景気敏感株などに幅広く買い注文が流入し、日経平均は続伸。ただ、前日発表の第3四半期決算を受けて売られたファーストリテが1銘柄で62円あまり押し下げ、上昇は小幅にとどまりました。3連休前でもあり、指数オプション等のSQ算出日にもかかわらず売買は低調でした。
 東証1部売買高は20億4329万株、売買代金は1兆9863億円、値上がり銘柄数は1241、値下がり銘柄数は635、変わらずは147。
 TOPIX業種別騰落率は非鉄、機械、鉄鋼、自動車、ガラス・土石、繊維、石油、電力・ガス、卸売、倉庫、銀行など27業種が上昇。水産、小売、保険など6業種が下落。
 個別銘柄ではトヨタやソニー、日立、ファナック、ブリヂストン、コマツなど輸出関連の主力銘柄が高く、三菱UFJ、NTT、三菱商、郵船、三井金も上昇しました。値上がり率上位はADワークス、安永、三栄建築、WSCPO、エスフーズなど。半面、ファーストリテが大幅に4日続落。任天堂や東エレク、KLab、東芝、花王、東京海上も軟調でした。値下がり率上位はタカタ、Sサイエンス、エンシュウ、RSテクノ、イワキなど。

MC: 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/7/13 木曜日

7/13 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:12:21

 13日の東京株式市場は日経平均が2万99円81銭(△1.43)、TOPIXは1619.11(▲0.23)、日経平均先物9月物は2万80円(△20)。
 前日の米市場は上昇。NYダウの最高値更新を追い風に東京市場も買い先行。日経平均は寄り直後に80円あまり上昇。一巡後は戻り待ちの売りに押されて伸び悩み。為替が1ドル=112円台まで円高が進んだことも上値を抑え、後場にはマイナスに転じる場面も。値がさハイテク株が買われ日経平均は小反発して取引を終えましたが、TOPIXは小幅続落しました。
 東証1部売買高は17億3957万株、売買代金は1兆9815億円、値上がり銘柄数は882、値下がり銘柄数は994、変わらずは145。
 TOPIX業種別騰落率は空運、サービス、水産、情報・通信、ガラス、鉱業など16業種が上昇。海運、銀行、ゴム、保険、電力・ガス、その他金融、証券など17業種が下落。
 個別銘柄ではソフトバンクや東エレク、ソニー、日電硝子が堅調。任天堂、KLab、エプソン、NTTドコモ、スズキが高く、日立、ANA、エンシュウも高くなりました。値上がり率上位はタカタ、東天紅、津田駒、ヨシムラF、東洋電機製造など。半面、三菱UFJ、みずほFGなど銀行株が安く、中部電など電力株が軒並み安。トヨタ、出光興産、ブリヂストン、東京海上も下げました。値下がり率上位はIDOM、インターアク、Sサイエンス、三協立山、ディップなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.636 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE