2017/7/6 木曜日

7/6 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:19:04

 6日の東京株式市場は日経平均が1万9994円06銭(▲87.57)、TOPIXは1615.53(▲3.10)、日経平均先物9月物は1万9970円(▲100)。
 前日の米市場は高安まちまち。積極的な買い材料が少ない中、為替が円高気味で推移したことで前日に買われた輸出関連株や金融株などに売り注文が増加。上場投資信託(ETF)の決算に絡んだ分配金捻出のための先物売りも需給関係を悪化させ、日経平均は反落。6月16日以来およそ3週間ぶりに2万円を割り込んで取引を終えました。
 東証1部売買高は16億8308万株、売買代金は2兆3105億円、値下がり銘柄数は1006、値上がり銘柄数は861、変わらずは154。
 TOPIX業種別騰落率は石油、鉱業、ゴム、紙・パ、機械、卸売、小売、自動車、化学など21業種が下落。建設、水産、鉄鋼、精密、サービス、薬品、倉庫など12業種が上昇。
 個別銘柄ではトヨタやホンダ、東エレク、ブリヂストン、村田製、ファナックが軟調で、三井住友FG、野村、ファストリテ、良品計画が下落しました、任天堂も反落。値下がり率上位はタカタ、薬王堂、アルビス、USMH、Sサイエンスなど。半面、ソフトバンクが小反発。NTTやセブン&アイ、新日鉄住金がしっかりで、九州豪雨に伴う復旧工事への思惑から鹿島や大成建など建設株が買われました。値上がり率上位はC&R社、ジーンズメイト、太平洋興発、若築建、東京鉄など。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.574 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE