2017/8/18 金曜日

8/18 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:25:50

 18日の東京株式市場は日経平均が1万9470円41銭(▲232.22)、TOPIXは1597.36(▲17.46)、日経平均先物9月物は1万9440円(▲240)。
 前日の米市場は大幅安。トランプ政権の政策推進が停滞するという警戒感に加え、スペインでのテロも米株の急落につながり、東京市場でも寄り付きからリスク回避機運が強まりました。為替の円高進行もあり、金融株や輸出関連株などに幅広く外国人や個人の手じまい売りが増加。日経平均は大幅に3日続落し、5月2日以来3カ月半ぶりの安値となりました。
 東証1部売買高は16億7173万株、売買代金は2兆1223億円、値下がり銘柄数は1672、値上がり銘柄数は279、変わらずは72。
 TOPIX業種別騰落率は鉄鋼、保険、不動産、証券、非鉄、紙・パ、ガラス・土石、その他製品、化学、銀行、電機、建設など31業種が下落。海運、食品の2業種が上昇。
 個別銘柄では三菱UFJや第一生命、東京海上、野村など主要金融株がそろって下げ、トヨタ、ソフトバンク、ファストリテ、ファナック、ソニー、キーエンス、信越化など時価総額の大きい大型株が軟調。任天堂、三菱電、新日鉄住金、セブン&アイも下落しました。値下がり率上位はgumi、新日本理化、サイバリンク、トーセ、カーバイドなど。半面、東エレクやKDDI、JT、商船三井が逆行高で、KLab、コロプラも上昇。値上がり率上位は川西倉、WSCOP、ヤマシンフィル、セレス、石川製など。

MC: 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/8/17 木曜日

8/17 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:18:41

 17日の東京株式市場は日経平均が1万9702円63銭(▲26.65)、TOPIXは1614.82(▲1.18)、日経平均先物9月物は1万9680円(▲50)。
 前日の米市場は上昇。公表された7月開催のFOMCの議事要旨を受け、米利上げペースが遅れるという見方から米金利が低下。トランプ大統領の政権運営の先行き不透明感も意識され、外為市場で1ドル=109円台へ円高が進み、自動車株などの重石になりました。日経平均は続落。ただ、中小型株への買いは続き値上がり銘柄数が値下がりを上回りました。
 東証1部売買高は14億3619万株、売買代金は1兆8060億円、値下がり銘柄数は802、値上がり銘柄数は1098、変わらずは123。
 TOPIX業種別騰落率は鉱業、食品、保険、銀行、陸運、自動車、証券など17業種が下落。海運、石油、鉄鋼、非鉄、機械、電機など15業種が上昇。建設は変わらず。
 個別銘柄ではトヨタやSUBARUなど自動車株が安く、三菱UFJ、第一生命、野村など金融株にも下落するものが増加。ソフトバンク、ファストリテ、ファナック、アステラス薬、KLabも軟調でした。値下がり率上位はJACリクル、北の達人、森永菓、プレステージ、WOWOWなど。半面、東エレクやSUMCOがしっかりで、ソニー、JXTG、住友鉱、西武、ヤフーも上昇しました。値上がり率上位は新日本理化、レーザーテク、協栄産、東邦鉛、ステラケミなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/8/16 水曜日

8/16 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:42:28

 16日の東京株式市場は日経平均が1万9729円28銭(▲24.03)、TOPIXは1616.00(▲0.21)、日経平均先物9月物は1万9730円(▲10)。
 前日の米市場は高安まちまち。4〜6月期決算発表が一巡したことで積極的な手掛かり材料が減少。北朝鮮情勢への警戒感が和らぎ、好業績株や材料性のある小型株などには買いが入ったものの、全体を押し上げるには力不足で日経平均は反落。為替相場が円安気味で推移し、プラスに浮上する場面もありましたが、売買は低調で終値では維持できませんでした。
 東証1部売買高は14億3539万株、売買代金は1兆8757億円、値下がり銘柄数は874、値上がり銘柄数は1034、変わらずは115。
 TOPIX業種別騰落率は、その他金融、建設、ゴム、小売、不動産、鉱業、紙・パ、海運など18業種が下落。石油、水産、空運、サービス、陸運、薬品など15業種が上昇。
 個別銘柄ではソフトバンクやファストリテ、ファナック、東エレクなど日経平均への寄与度が大きい値がさ株が軟調でトヨタ、三井住友FG、ブリヂストン、NTT、安川電も下落。値下がり率上位はスノーピーク、ニチイ学館、キトー、マクロミル、ライトオンなど。半面、ソニーや富士フイルム、リクルートなど好業績銘柄が買われ、任天堂、KLab、enishなどゲーム関連に上昇するものが目立ちました。値上がり率上位はペッパー、トーセ、新日本理化、ヤマシンF、タカキューなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/8/15 火曜日

8/15 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:22:19

 15日の東京株式市場は日経平均が1万9753円31銭(△216.21)、TOPIXは1616.21(△17.15)、日経平均先物9月物は1万9740円(△210)。
 前日の米市場は続伸。北朝鮮問題への警戒感がいったん和らぎ欧米株が上昇した流れを引き継いで東京市場でも買い先行。米金利上昇を受けて為替が1ドル=110円台と円安ドル高に振れたことも輸出関連株などへの買いを誘発。日経平均は5営業日ぶりに大幅反発しました。前日までの4日連続安で下落した分(518円)の4割強を戻した計算です。
 東証1部売買高は16億5080万株、売買代金は2兆2363億円、値上がり銘柄数は1537、値下がり銘柄数は393、変わらずは93。
TOPIX業種別騰落率は海運、化学、精密、銀行、その他製品、電機、保険、証券、情報・通信、サービス、その他金融、自動車など31業種が上昇。石油と鉱業の2業種が下落。
 個別銘柄ではトヨタや東エレク、ファナック、キヤノン、キーエンスなど輸出関連が買われ、三菱UFJ、SOMPO、野村といった金融株が上昇。任天堂、富士フイルム、KDDI、リクルート、KLabも高くなりました。値上がり率上位はホシデン、ジャスト、ミマキエンジ、LITALI、戸田工など。半面、信越化やコマツ、JT、JXTGが軟調で三井金、ルックも下落。値下がり率上位は石川製、リニカル、ワイエイシイ、スカラ、アミューズなど。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/8/14 月曜日

8/14 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:36:43

北朝鮮情勢の緊迫、為替の円高を警戒し、8月14日の東京株式市況は4日続落となりました。日経平均は一時1万9500円を割り込む場面があったが、終値は8月10日に比べて192.64円安い1万9537.10円。TOPIXは同18.19ポイント安の1599.06と1600割れ。日経平均先物取引9月限は同180円安の1万830円。
 東証1部のヴ売買代金は2兆5731億円に膨らみました。値上がり銘柄数342に対し、値下がり銘柄数1629と、約8割の銘柄が値下がりしています。
 業種別では鉄鋼株が下落率4.01%と最悪。その他、金属製品、精密機器、非鉄金属、ガラス・土石、その他製品、銀行、保険、機械、卸売など30業種が値下がりし、値上がりしたのは石油、倉庫、紙・パルプの3業種だけ。
 主力株の中では、ホンダ、三菱地所、三菱倉庫、カドカワなどが年初来安値に沈みました。17年4〜6月期の赤字転落を発表した川田テクンロジーズがストップ安に売られたほか、IFIS、タチエス、Vテク、アジアパイルなど不ザエな決算を発表した銘柄が値下がり率上位に並んでいます。
 逆に、軍事的緊張を背景に石川製作所、東京計器など防衛関連銘柄が人気を集めました。シード、TYK、ネクソン、木村化工機、豆蔵など好決算銘柄が値上がり率上位を占めています。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.697 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE