2017/8/9 水曜日

8/9 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:47:06

 9日の東京株式市場は日経平均が1万9738円71銭(▲257・30)、TOPIXは1617.90(▲17.42)、日経平均先物9月物は1万9730円(▲250)。
 前日の米市場は反落。北朝鮮が核弾頭の小型化に成功したと報じられ、米市場同様に投資家心理が悪化。日経平均は大幅反落。リスク回避で円高が進んだことも輸出関連株を中心に幅広い銘柄への売りを誘いました。明日の株価指数オプション等のSQ算出や11日からの3連休を前に外国人主体の先物売りが裁定解消売りを誘い、ほぼ全面安となりました。
 東証1部売買高は20億6631万株、売買代金は2兆6976億円、値下がり銘柄数は1657、値上がり銘柄数は287、変わらずは78。
 TOPIX業種別騰落率は金属製品、化学、倉庫、サービス、精密、空運、その他製品、繊維、機械、電機、建設、ガラス・土石など30業種が下落。石油、非鉄など3業種が上昇。
 個別銘柄ではシリコンウエハーの生産増強を発表したSUMCOが売られ、同業の信越化が連れ安。任天堂やトヨタ、東エレク、ファナック、ダイキン工、村田製など輸出関連株が総じて軟調。ソフトバンク、三菱UFJ、東京海上、ファストリテ、IHI、ルックも安くなりました。値下がり率上位は田淵電、アーレスティ、セントラルS、TDC、アルプス技研など。半面、前日の好決算発表を受けて住友鉱やヤマハ発、ダイフクが買われ、スズキ、KLab、JXTGも逆行高になりました。値上がり率上位はステラケミ、ノジマ、新電元、ゲオHD、レオン自動機など。

MC: 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
次のページ »

HTML convert time: 0.590 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE