2017/1/10 火曜日

1/10 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:32:49

10日の東京株式市場は日経平均が1万9301円44銭(▲152.89)、TOPIXは1542.31(▲11.01)、日経平均先物3月物は1万9310円(▲90)。
 週明けの米市場が反落となり、為替も1ドル=115円台で戻ってきたことから、様子見気分の強い寄付き。それでも前引けにかけて一時プラスになる時間もあり、総じて底堅い前半戦でした。前引け後には為替市場で再びドルが弱含んだことから、後場寄りから株式市場でも売り優勢となり、一時は日経平均が200円近い下げなりました。
 東証1部売買高は18億9167万株、売買代金は2兆5992億円、値下がり銘柄数は758、値上がり銘柄数は1131、変わらずは115。
 TOPIX業種別騰落率は保険、ガス・電力、鉱業、銀行、その他金融、食料品陸運、石油・石炭、証券、不動産など29業種が下落。医薬品、パルプ・紙、窯業、その他製品の4業種が上昇。
 個別銘柄では、朝方高かったトヨタが続落、日産自、富士重工も3日続落。村田製作所、キーエンスが安く、ファーストリテイリングも3日続落。6日引け後に減額修正を発表したスギHD、第1四半期2割減益だった島忠も安い。「日経平均新規採用」から外れたエプソンやみちのく銀行、フライトHDなどが値下がり率上位となった。
 半面、ソフトバンクが一段高して始まり、昨年来高値を連続更新。売買代金もトップとなった。今月24日から日経平均株価に採用されることとなった大塚HDが大量の買い物を集めて始まった。ファンドによるリバランス買いを先取る動き。その他「19年1月1日に皇太子が即位、同日から新元号という案を政府が検討中」との一部報道があり、野崎印刷、光陽社、光村印刷など「元号関連銘柄」が根を飛ばしていた。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.545 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE