2017/2/16 木曜日

2/16 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:11:10

 16日の東京株式市場は日経平均が1万9347円53銭(▲90.45)、TOPIXは1551.07(▲2.62)、日経平均先物3月物は1万9330円(▲110)。
 前日の米市場では主要3指数が5日連続で最高値。東京市場では為替が1ドル=113円台後半と円高に振れたこともあり、売り先行。日経平均は反落。前場には国内機関投資家の売りで需給が悪化して下げ幅が170円あまりに広がる場面も。一巡後は下げ渋りましたがこう着感の強い展開でした。決算発表が終わり手掛かり材料が減ったことも買い手控え機運を助長しました。
 東証1部売買高は20億2794万株、売買代金は2兆2549億円、値下がり銘柄数は1045、値上がり銘柄数は774、変わらずは182。
 TOPIX業種別騰落率は紙パルプ、電力ガス、水産、サービス、精密、小売り、陸運、空運、建設など23業種が下落。保険、石油、ゴム、その他製品など10業種が上昇。
 個別銘柄では東芝が3日続落。ソフトバンク、ファストリテ、KDDIなど日経平均への寄与度の大きい銘柄が軟調。楽天やANA、三菱重工、ユニ・チャームも安くなりました。値下がり率上位はアスクル、SBS、シーズ、インフォマート、LINK&Mなど。半面、三菱UFJや東京海上、野村など金融株が総じて堅調。任天堂、村田製、東洋ゴムも上昇しました。値上がり率上位はU−NEXT、ローツェ、インベスタC、宮地エンジなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/2/15 水曜日

2/15 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:27:19

 15日の東京株式市場は日経平均が1万9437円98銭(△199.00)、TOPIXは1553.69(△14.57)、日経平均先物3月物は1万9440円(△160)。
 前日の米市場ではダウ平均など主要3指数が4日連続で最高値更新。日経平均も買い先行で金融や資源関連など景気敏感株中心に幅広く反発。イエレンFRB議長が利上げに前向きな姿勢を示し、日米金利差の拡大を背景に円安ドル高が進んだことも買い安心感を誘発。ただ、買い一巡後は上値が重く1日を通じて狭いレンジでのもみ合いに終始しました。
 東証1部売買高は21億459万株、売買代金は2兆2945億円、値上がり銘柄数は1385、値下がり銘柄数は500、変わらずは116。
 TOPIX業種別騰落率は保険、卸売り、銀行、紙パルプ、証券、化学、不動産、非鉄、機械、海運など29業種が上昇。電力ガス、その他製品など4業種が下落。
 個別銘柄では三菱UFJや東京海上、第一生命など主要金融株がそろって上昇。ソフトバンクや三菱商、パナソニック、アルバック、ミネベアミツミが買われました。値上がり率上位はフジコーポ、U−NEXT、RSテクノ、澤藤電機、東洋ゴム、オハラなど。半面、東芝は大幅続落。任天堂や楽天、DeNA、シマノも安くなりました。値下がり率上位はオプティム、ブロドリーフ、LINK&M、DLEなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/2/14 火曜日

2/14 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:50:12

 14日の東京株式市場は日経平均が1万9238円98銭(▲220.17)、TOPIXは1539.12(▲15.08)、日経平均先物3月物は1万9280円(▲160)。
 前日の米市場は続伸でダウ平均など主要3指数が最高値更新。東京市場も買い先行で前日に続き1万9500円を超える場面も。一巡後は先物に利益確定売りが増え、後場には下げ幅を広げ3日ぶりに大幅反落しました。東芝が決算発表を延期したことで市場心理が悪化。フリン米大統領補佐官の辞任が伝わったことも今晩の米市場への警戒感を誘いました。
 東証1部売買高は21億466万株、売買代金は2兆4041億円、値下がり銘柄数は1191、値上がり銘柄数は676、変わらずは134。
 TOPIX業種別騰落率は精密、薬品、水産、食品、情報通信、その他製品、銀行、不動産など29業種が下落。ゴム、非鉄、紙パルプなど4業種が上昇。
 個別銘柄では東芝が大幅安で収益下方修正のニコンが急落。Vテクやダイキン、大塚HD、NTT、富士重工も下げました。ニコン以外の値下がり率上位はワールドHD、アシックス、ブイキューブ、ネクスト、前沢工など。半面、収益上方修正と自社株買い発表のミネベアミツミが急騰。三井金属、アルプス電気、高砂香料、市光工業も買われました。値上がり率上位はU−NEXT、オプトHD、アルバック、オハラ、鈴木など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/2/13 月曜日

2/13 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:31:47

 13日の東京株式市場は日経平均が1万9459円15銭(△80.22)、TOPIXは1554.20(△7.64)、日経平均先物3月物は1万9440円(△60)。
 前週末の米市場は続伸。NYダウなど主要3指数がそろって最高値更新。東京市場でも買いが先行し、日経平均は続伸して1万5000円台を回復する場面もありました。週末の日米首脳会談が波乱なく終わったことも買い安心感を誘い、資源や輸出関連などの景気敏感株が上昇。円相場が一時1ドル=114円台前半まで下落したことも追い風になりました。
 東証1部売買高は18億8056万株、売買代金は2兆2682億円、値上がり銘柄数は1444、値下がり銘柄数は436、変わらずは121。
 TOPIX業種別騰落率は鉱業、石油、非鉄、鉄鋼、海運、電機、食品、ガラス土石など27業種が上昇。不動産、情報通信、証券、電力ガスなど6業種が下落。
 個別銘柄では原油価格の上昇を背景に国際帝石やJXなど石油関連株が上昇。トヨタや富士重工といった自動車株、東芝やパナソニックなど電機株が堅調で、三菱UFJ、JT、Vテクも高くなりました。値上がり率上位は市光工、タカタ、ミマキエンジ、石原産、ホッカンHDなど。半面、ソフトバンクやNTTなど通信株が軟調。野村、信越化、SUMCOも下げました。値下がり率上位はエムアップ、ワイエイシイ、田淵電機、豆蔵HDなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/2/10 金曜日

2/10 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 18:34:15

10日の東京株式市場は日経平均が1万9378円93銭(△471.26)、TOPIXは1546.56(△33.01)、日経平均先物3月物は1万9380円(△470)。
 米トランプ大統領が「今後数週間以内に抜本的な税制改革を明らかにする」と語ったことから、9日のニューヨーク市場で法人減税期待が高まり、再び株価が最高値更新、長期金利が上昇、為替も1ドル=113円台の円安となったことで、東京市場には「トランプラリー再開」へ期待が高まりました。この日の日経平均上昇幅は大発会以来のもので、今年2番目。日本時間11日未明に行われる日米首脳による共同記者会見に対する期待が不安を押しのける形となり、終日、じり高展開となりました。
 東証1部売買高は22億4275万株、売買代金は2兆27569億円、値上がり銘柄数は1707、値下がり銘柄数は230、変わらずは64。
 TOPIX業種別騰落率は全33業種がそろってプラス。上昇率が高いのはゴム、倉庫、鉱業、石油、輸送用機器、海運、不動産、陸運、ガラス・土石、銀行、保険、機械、証券、電機の順。
 個別銘柄では、主力銘柄がそろって上昇したなか、SUMCO,三菱商事、資生堂などがマイナス。トランプ大統領が米国内に高速道路開設の意向を示し、日本の新幹線を評価しているとの報道があり、日本車輛をはじめ川崎重工、近畿車両など新幹線関連株が軒並み高となりました。
東証1部の値上がり率上位には第一精工、エムアップ、東海カーボン、近鉄エクスプレス、渋谷工業、タチエスなどが並びました。逆に、下落率ランキにはPCデポ、エイベックス、ヴイキューブ、東洋エンジ、資生堂、日成ビルド、錢高組などが並んでいました。

キャスター 岩本秀雄/中村鋭介

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.677 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE