2017/3/23 木曜日

3/23 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:10:33

 23日の東京株式市場は日経平均が1万9085円31銭(△43.93)、TOPIXは1530.41(△0.21)、日経平均先物3月物は1万8930円(△20)。
 前日の米市場は高安まちまち。海外で一時1ドル=110円台まで円高が進んだことなどを受け午前は売り買い交錯。日経平均は1万9000円を割る場面も。一巡後は値ごろ感からの押し目買いが大型株中心に入り、午後にはやや上げ幅を広げ、4営業日ぶりに反発して取引を終了。国会で「森友学園」籠池理事長の証人喚問が始まると膠着感が強まる場面もありました。
 東証1部売買高は17億5963万株、売買代金は2兆1905億円、値上がり銘柄数は824、値下がり銘柄数は1037、変わらずは149。
 TOPIX業種別騰落率は石油、鉱業、不動産、電力ガス、食品、保険、非鉄など17業種が上昇。その他製品、海運、銀行、紙パルプ、倉庫、ゴム、建設など16業種が下落。
 個別銘柄では東芝やファナック、ファストリテ、第一生命が上昇。みずほFG、NTT、SUMCO、セブン&アイも買われました。値上がり率上位は澤藤電、新川、ダイキアク、ユーシン精機、トーカロなど。半面、任天堂は6営業日ぶりに反落。三菱UFJ、三井物、DeNA、スズキ、富士通も軟調でした。値下がり率上位はOKK、マネックス、カカクコム、ツツミ、品川リフラクなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/3/22 水曜日

3/22 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:21:28

 22日の東京株式市場は日経平均が1万9041円38銭(▲414.50)、TOPIXは1530.20(▲33.22)、日経平均先物3月物は1万8910円(▲400)。
 前日の米市場は大幅安。リスク回避で為替が1ドル=111円台半ばまで円高ドル安に振れ、東京市場も幅広い銘柄に売り注文が先行。金利低下による利ザヤ改善期待の後退に加え、米国で金融規制緩和への期待感が薄れたこともあって銀行や保険といった金融株に外国人売りが増加。景気敏感株を中心にほぼ全面安で日経平均は大幅に3日続落しました。
 東証1部売買高は20億5553万株、売買代金は2兆6583億円、値下がり銘柄数は1854、値上がり銘柄数は107、変わらずは49。
 TOPIX業種別騰落率は保険、証券、海運、銀行、自動車、鉄鋼、非鉄、不動産、ガラス土石、機械、化学、電機、精密など32業種が下落。その他製品の1業種のみ上昇。
個別銘柄では三菱UFJや第一生命、東京海上、野村など主力金融株が売られ、トヨタ、富士重工、ソニー、パナソニックが下落。ソフトバンク、JT、三井物、三菱重、郵船も安くなりました。値下がり率上位は日立マクセル、T&D、日写印、レーザーテク、愛三工など。半面、任天堂は逆行高で大幅に5日続伸。値上がり率上位はストップ高の澤藤電機、アイスタイル、全国保証、GMOクラウド、ビューティガレジ、住友販売など。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/3/21 火曜日

3/21 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:14:58

 21日の東京株式市場は日経平均が1万9455円88銭(▲65.71)、TOPIXは1563.42(▲2.43)、日経平均先物3月物は1万9310円(▲40)。
 前日の米市場は小動き。米金利低下による日米金利差の縮小や米国の保護主義政策への警戒感などを背景に為替が一時1ドル=112円台前半まで円高が進行。東京市場は金融や輸出関連など景気敏感株中心に小口売りが優勢で日経平均は続落しました。内需系中心に小型株には個人投資家などの買いが入り、下値も限定的でした。マザーズなど新興市場は反発しました。
 東証1部売買高は15億9718万株、売買代金は2兆396億円、値下がり銘柄数は862、値上がり銘柄数は991、変わらずは156。
 TOPIX業種別騰落率は証券、倉庫、保険、その他金融、銀行、鉄鋼、石油、ガラス土石、非鉄、鉱業など21業種が下落。その他製品、食品、水産、小売りなど12業種が上昇。
 個別銘柄では三菱UFJやT&D、かんぽ生命、野村など主要金融株が軟調。ソフトバンク、ファストリテ、ファナック、ソニー、オリックス、三井不が下落しました。値下がり率上位はFPG、ワタベウェ、タカタ、東京製鉄、北の達人など。半面、任天堂は商いを伴って4日続伸。東芝、JT、NTT、アステラス薬も高くなりました。値上がり率上位は住友販売、オハラ、GMOクラウド、Sサイエンス、フィードワンなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/3/17 金曜日

3/17 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:40:08

 17日の東京株式市場は日経平均が1万9521円59銭(▲68.55)、TOPIXは1565.85(▲6.84)、日経平均先物3月物は1万9350円(▲90)。
 前日の米市場は小動き。東京市場は3連休控えに加え、大阪の学校法人「森友学園」問題の広がりが今後の政局に与える影響にも警戒感が台頭。外国人が多く保有する自動車や薬品などの主力銘柄に下落するものが増え、日経平均は反落しました。様子見気分が強い中で世界の機関投資家が運用基準にするFTSE株価指数の構成銘柄見直しに伴い大引け段階で売買がやや増加しました。
 東証1部売買高は20億1361万株、売買代金は2兆4595億円、値下がり銘柄数は1116、値上がり銘柄数は742、変わらずは148。
 TOPIX業種別騰落率は海運、石油、電力ガス、不動産、薬品、自動車、その他金融、陸運、非鉄など29業種が下落。その他製品、紙パルプなど4業種が上昇。
 個別銘柄ではトヨタや富士重工、アステラス薬、日立が売られ、三井住友FG、三菱重工、NTT、キーエンス、ライオンも下落。値下がり率上位はナイガイ、インベスターズC、モロゾフ、ヤーマン、兼松サンテックなど。半面、任天堂や東芝、ファナックが高く、ファストリテ、コマツ、ミネベアミツミも堅調でした。値上がり率上位は新家工、北の達人、東京個別、ビーアール、図書印刷など。

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード

2017/3/16 木曜日

3/16 今日の株式明日の株式

Filed under: 今日明日 — kureba @ 17:10:42

 16日の東京株式市場は日経平均が1万9590円14銭(△12.76)、TOPIXは1572.69(△1.38)、日経平均先物3月物は1万95440円(▲10)。
 前日の米市場は反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通り利上げが決まり、オランダ下院選では与党が第1党を維持。為替が1ドル=113円台前半へ円高に振れ、東京市場は朝方は売りが先行したものの、一巡後は押し目買いが流入。日銀のETF(上場投資信託)買いの観測も午後の日経平均を押し上げ、結局3日ぶりに小反発して取引を終えました。小型株が買われマザーズ指数も反発。
 東証1部売買高は17億9651万株、売買代金は2兆1590億円、値上がり銘柄数は1235、値下がり銘柄数は630、変わらずは139。
 TOPIX業種別騰落率は海運、非鉄、鉱業、機械、水産、石油、紙パルプ、金属製品、鉄鋼、情報通信など26業種が上昇。保険、銀行、食品、薬品など7業種が下落。
 個別銘柄ではソフトバンクが反発し、任天堂やコマツ、ファナック、KDDIが上昇。鹿島、Vテク、郵船、三井金属も買われました。値上がり率上位は北の達人、M&Aキャピタル、日カーボン、兼松サステック、KLabなど。半面、三菱UFJや第一生命など主力金融株が軟調。東芝、日産自、リクルート、良品計画も下げました。値下がり率上位は東京機械、T&Gニーズ、ソフトブレン、T&D、アトラなど。

キャスター 岩本秀雄/倉澤良一

聴いてみる


スタンダード配信: 聴いてみる | ポップアップ表示 | ダウンロード
« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.638 sec. (c)copyright 2006 STOCK VOICE