Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

材料待ち?

 米国株式はまさに絶好調で、バブル領域に向けてまっしぐら、日本株はついて行けず、NYダウと日経平均の「サヤ」は5千ポイントをはるかに上回るという状態になって来ています。


 日本株については、値動き縮小、出来高減少で、要するに様子見する市場参加者が増えた、ということでしょう。(今日辺りで明確に日経平均2万4千円クリア、となるのかもしれませんが。)


 多くの材料が、これからどちらに動くか分からない状態にまで織り込みが進んだということでもあるでしょう。


・米中貿易戦争: 第一段階が終了、ということは、これから再激化もあり得るし、順調に鎮静化もあり得るということでしょう。


・中東の地政学リスク: 今分かっていることは、イランは米国と戦争する気はないし、米国も同じ、ということだけです。


・半導体業界: 昨日発表のTSMCの業績好調ということもありますし、半導体業界の回復・成長はほぼ間違いないようですが、半導体関連株はすでに軒並み上昇していますから、いつ反落局面があってもおかしくない。


・金融政策: 米欧の中銀は緩和に動いていますから、株価には追い風、ゴルディロックスの再来、となっているのですが、そういう時に何か悪材料がでて、例えばリスクパリティ運用の売りが出て来たりした、などということもありました。


・米国株: 金余りがもたらすバブル相場に向かいつつある、と思えるのですが、バブル相場で途中に結構な急落を見ること、これも多くの市場参加者が知っていることです。トランプ大統領の弾劾裁判の行方とか?気にしなくていい事柄なのかどうか、よく分からないところです。


 動いたら動こう、という投機的な資金は豊富に存在する、と見るべきです。今は日本株の相場はなぎ状態ですが、どこかで動き出すのだろう、可能性として順調に上昇トレンドを描く、ということもあるでしょうし、どこかで下落=健全な調整、というシナリオを想定しておく方が今後の対応がしやすくなるにちがいない、という方針も実務的でしょう。

 

ベンチマーク

 比較対象の株価指数のことをベンチマークと呼び習わしています。昨年度から有価証券報告書に株主総利回りのデータが記載されるようになりました。その際、比較対象としてどのような指標を用いるか?という場合、経営者はベンチマークを選択するというわけです。


 企業経営者も株主総利回りとベンチマークとの比較をしながら経営をしろ、ということになったということです。


 もともとベンチマークはファンドマネジャーにとっては重要な指標でして、中長期的に自分の運用するファンドの成績がベンチマークを上回る(アウトパフォームする)ことがファンドマネジャーの目標です。(そうでないとファンドの資金を失うか、自分がクビになるか、またはその両方、ということになります。)


 ふつうのファンドの運用で、ベンチマークをアウトパフォームする方法は次の二つです。


1. 組入比率をコントロールする。下落相場の時、組入比率を落としておけば、相対的にベンチマークに勝てます。


2. 銘柄を当てる: 市場平均より大きく上昇する銘柄を組み入れておくことに成功すれば、ベンチマークに勝てます。


 と、これは「投資の世界」の話です。


 株式運用には、これらと違って、投機の世界もあります。(個人による短期中心のトレーディングはその典型です。)


 プロの世界にもそういうのがありまして、CTA、ヘッジファンドなどが典型例でしょう。


 こうした世界では、ベンチマークをアウトパフォーム、といったことより「絶対収益率」が目標となります。


 どんな相場であれ、毎年コンスタントに3割ずつ儲け続けるファンドがあれば、それは十分な商売になりますし、個人の運用でもありがたいことでしょう。


 こうした絶対収益を上げるために必要なことは次の二つです。


1. 相場の方向を当てて、上がる時はロング、下がる時はショートに賭ける。


2. 相場を当てた時に、出来るだけエクスポージャーが大きくなる工夫をする。


 いずれも簡単なことではありませんが、挑戦してみる価値はある、ときっと思われている事柄でしょう。


 例えば、日経平均を例にとって、上昇と下落をそれぞれ、ノーマルなETFとリバース型のETFの「買い」で利益化しよう、としたとします。


 年間で20%上昇する相場だった年、ベンチマークをアウトパフォームしよう、という投資であれば、20%を上回ったらそうできた、ということになります。


 その年、日経平均が年初から15%上昇して、その後5%反落し、その後また15%上昇して、年末にかけて5%下落した、とします。


 年を通してですと、20%の上昇ですが、「変動」に注目しますと、


年間の変動率=15%+5%+15%+5%=40%


ということになります。相場の変動から絶対収益をあげようとするひとたちからしますと、この相場変動からは、40%の利益をあげることができたかもしれない、という計算になります。


 上がると思った相場が下がり、下がると思った相場が上がる、などということはしょっちゅうあることでそこで不用意にポジョションを取ると股裂状態になることもあります。


 常識的には、自分が取れると想定した変動率の合計の半分実現できれば上出来と考えるべきだろうと思います。


 投資の観点から自分の運用を評価するのと、投機の観点から評価するのではものの見方が全く違う(べきである)ということは意識しておく方がいいように思います。


令和2年1月17日

証券アナリスト

松下律

番組でもお話ししましたが、
今日の株式市場でアシックス株(7936)が急上昇。
世界陸連がナイキの厚底ランニングシューズを禁止するという一部報道から買われたものです。

今年の箱根駅伝は区間新が続出。
10区間中7区間で記録が更新され、その要因としてシューズの影響が言及されていました。
出場210選手のうち177人、84.7%がナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」を着用。
残る33人の構成は
アディダス7人
アシックス(7936)7人
ミズノ(8022)9人
ニューバランス9人
デサント(8114)1人だったそうです。

ヴェイパーフライを履いて箱根に出場した元高校球児にインタビューしたところ、
「高校時代は革のスパイクを履いていたので、厚底ランニングシューズに履き替えたら
前に進み過ぎて恐ろしかった」と。
そんなに??

ヴェイパーフライは「軽さ」「クッション性」に加え
高い「推進力」も特徴とされます。
反発力のあるカーボンプレートが埋め込まれていて、
前足部で着地するとこのカーボンプレートがグッと曲がり
元に戻ろうとする力が推進力になるのだそうです。

そんなに言うなら履いてみたいじゃな~い!
しかし価格が3万円前後。
このあたりがすべての人に等しく与えられる機会ではないからと論点になっているようですね。

ランニングシューズに3万円。
興味深々ながら、きっと羽振りがよくても買わないだろうのは
去年の箱根駅伝に感化され新しく買ったランニングシューズの存在が。
綺麗な水色に惹かれて買ったのに、
あのシューズはいったいどこのメーカーのものだったか・・・
記憶にないほどしか履いておらんのです。
今年は走る・・・かなぁ。
東京証券取引所が10日、2019年(1月4日―12月30日)の投資部門別売買動向(東京、名古屋2市場、1部、2部、新興市場の合計)を発表しています。

以下に先物市場を加えた数字を確認しておきます。

(△買い越し、▼売り越し)

 現物先物合計
外国人▼7953億円

△3兆3173億円

△2兆5220億円

個人(現物)▼5兆1160億円▼3092億円▼5兆4252億円
個人(信用)△8031億円  
個人計▼4兆3129億円▼3092億円▼4兆6221億円
 
事業法人△4兆1870億円▼180億円△4兆1690億円
信託銀行▼189億円▼1兆1723億円▼1兆1912億円
投資信託▼1兆1609億円▼1兆5766億円▼2兆7375億円
生損保▼3980億円▼1295億円▼5275億円
銀行▼6861億円△1166億円▼5695億円


外国人は現物を年間では▼7953億円売り越していますが、10月―12月では △2兆3000億円の買い越し、先物も△1兆6120億円の買い越しで、合計4兆円弱の大幅な買い越しになっています。10月4日の日経平均21276円を底に窓を開けて急伸した上昇は、現物―先物両建てで大幅に買い越した外国人買いが最大の立役者と言えます。外国人は依然として日本株を8%近くアンダーウエイトしており、長期投資家の参入が待たれます。


事業法人は2018年も現物を△2.5兆円買い越しており、2019年は更に60%近く増加した△4兆1870億円と、自社株買いの拡大を裏付ける数字を示しています。


投信は2018年には△1.4兆円の買い越しでしたが、2019年は現物先物とも▼1兆円を超える大幅な売り越しになっています。ダブルインバースなどヘッジを意図した弱気投信の買いが増えている為ですが、裏を返せば株価が堅調に上昇したと言えます。


生損保、銀行も売り越し額は極めて限定的になっています。市場へのマイナスインパクトは小さいと言えます。


結局大幅売り越しの個人がどのタイミングで姿勢を変えるか、2020年を見る上でのポイントになりそうです。

(中嶋)

あっという間に小正月。

もうお正月気分はすっかり抜けているか今頃にすみません。

今年は張り切っておせち料理を作りました!




といっても、実際はおせち料理のルールを無視して、

から揚げやサーモンのマリネなど、食べたいものが入ったお弁当。

築地で鯛を一尾買ってきて、半身を昆布締め、残りで鯛めしをつくりました。

小川さんから頂いたハランも引き立ててくれました。

こうして写真にとるとなんだかいいものみたいで自己満足♪


食べ物の話ばかりで恐縮なのですが、

「松屋」の前を通りかかってびっくり!

新メニュー「ジョージア料理 シュクメルリ鍋」。

シュクメルリが松屋で??


シュクメルリは2017年、ジョージアに行った際、

最終日に食べた思い出のメニュー。

一見チキンシチューのように見えて、

食べてみると思い切りニンニクが入ったパンチの効いた味で

たっぷりチーズが溶けていてとっても美味しかった。




ジョージアは何を食べても美味しく、

その他にも代表する料理がいくつかありますが、

確かに寒い冬にシュクメルリはぴったりだと思います。

まさか松屋で食べられる日が来るなんて!


感動を胸に秘めていたのですが、

放送でスズカズさんが松屋に触れたので、

思わず放送中に話してしまいました。


ニンニクが入っているので、タイミングを気を付けて

食べてみようと思います!


年明けから米国とイランとの間で戦闘リスクが浮上し、世界はいきなりリスクオフ・モードから2020年の株式市場はスタートしました。

年明けから目まぐるしい展開が続いていますが、少し落ち着いてきたのでここで冷静に周囲を見回せば、いまの日本はあいかわらず問題が山積みの状態です。アベノミクスのかつての「3本の矢」のうち、成長戦略はなかなか成果が見えません。

私の暮らす町では、子どもたちに人気のあったお団子屋が昨年末に閉店しました。シャッターに貼られたあいさつ文には、「44年間のご愛顧、ありがとうございました」と書かれていました。

お団子屋だけではなく、昨年後半から立て続けに酒屋、クリーニング店、中華料理店など、小さなお店が次々と姿を消しています。やはりシャッターのあいさつ文には「23年間、お世話になりました」などと述べられています。

店をたたむ理由をご主人に尋ねると、社長(ご主人)の高齢化が最も大きく、そこに後継者難、材料費の高騰、耐用年数を迎えた機材の入れ替え負担、などが厳しいと言います。

それ以上に深刻なのが、店の前を通りかかる人の流れが途絶えてしまった、という点です。実はこれがお店を閉める最も大きな理由のようです。買い物は週末に家族そろって、クルマで大きななショッピングモールに行ってしまうとか。

私が子どもの頃は、夕方には近所の奥さん方が毎日決まって買い物に出かけました。毎日のことなので、特段の待ち合わせをしているわけではありませんが、15時から17時ごろは買い物の時間帯です。

商店街への行き帰りで知り合いの奥さんに出会うと、そこで立ち話が始まります。子どもの学校のことや近所のうわさ話など、延々と立ち話が続いていました。私の母もそうでした。気がつけばそういう光景を最近はほとんど見かけなくなりました。以前はなんとも思いませんでしたが、なつかしく思い出す光景です。

商店街のにぎやかな街はいまもたくさん残っています。しかしごく普通の町の、ごく普通の日常生活から人通りが途絶えてしまったという町も、同じようにたくさんあります。英国ではパブが消滅しつつある、というニュースを耳にしましたが、日本では味のある小さな思い出のお店が次々と消えています。

2月、8月決算の多い小売企業の決算発表が佳境を迎えています。繁盛する店舗とそうでない店舗の業績の格差が一段と広がっています。そればかりでなく、上場もしていない町の商店の事業環境は、私たちの想像がまるで及ばない独自の苦悩があるのですね。
(スズカズ)