Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

  S&P500が2%、ダウ30種があと3%、ハイテク批判で形勢の悪いNASDAQでも残り5%で最高値、という水準まで戻った米国株。今週はさらにどこまで迫れるか。特に18・19日に開かれるFOMC(連邦公開市場委員会)で連銀がどんなメッセージを送ってくるか(25%の確率ながら、FF金利先物は利下げも織り込んでいます)が最も注目されることになりますが、その他も米国発の材料に振り回される週になりそう。

 対中関税措置の「第4弾」となる3000億ドル相当の中国製品に対する追加関税について、USTR(通商代表部)が17日から25日まで1週間、公聴会を開くそうです。

今度は家電製品やおもちゃ、衣料品など日用品も含めた幅広い製品が対象となるため、各企業や業界団体から320人が参加して政府に意見を述べる見通し。日系企業では、ソニー、セイコーエプソン、三菱ケミカルなどの現地法人の名前が挙がっているようです。先週は150の業界団体から追加関税の撤回を求める公開書簡が発表されたとか。

米証券によると、この第4弾発動によってエレクトロニクスで最も影響を受けるのがノートパソコンとゲーム機だそうです。ノートパソコンではHPとデルが影響大。ゲーム機ではソニー任天堂が米国販売シェアの8割を占めていて、生産移管の方向性が見えていないことが懸念材料とみられています。

 実際に発動されるとしても、時期は7月上旬。6月末のG20での米中首脳会談で前進があれば、延期もということでしょう。だからこそ、ここでは強烈な揺さぶりをかけておく、というのが米政権の戦術でしょう。

 そういえば、18日にはトランプ大統領が選挙演説で20年大統領選挙への出馬を正規に表明するそうです。いよいよ米国は大統領選挙の季節。それでなくても騒々しいのですから…。(いわもと)

タンカーー攻撃

 ホルムズ海峡で何者かによるタンカー攻撃→原油価格急騰、という事件が起きています。今日以降の株式相場への影響を注視しています。


日本株は息切れ状態

 6月4日のパウエル・プットのお陰で株価反転上昇と見えたのですが、たった1週間で早くも息切れ、日本株は、という状況です。


 この1種間ほど、日本株は1日の売買金額が2兆円を割り込む日が続いていますが、このことが今の市場参加者の態度をよく表していると思います。つまりは慎重になっている、買い方も売り方も、ということでしょう。

 

 今日は6月のメジャーSQ算出日です。今日1日の売買高がどの程度になるか、SQの水準と今日の相場変動、よく見ておく価値がありそうです。


 5月の株式相場はまさに「セル・イン・メイ」になってしまったわけですが、その後はいくつかの出来事で日本株相場が大きく動いたという印象です。


・5月29日(水曜日)「中国、レアアース禁輸示唆」→世界景気先行き懸念増大→株価下落


・5月31日(金曜日)「トランプ大統領、メキシコからの輸入品に関税発言」→世界景気先行き懸念増大→株価大きく下落


・6月4日(火曜日)「パウエル議長、金融政策適切に行動と発言(パウエル・プット)」→米金融緩和観測強化→NYダウ512ドル高→5日の日本株大幅高


・6月7日(金曜日)「トランプ大統領、メキシコへの関税発動見送り(トランプ・プット)」→株価に支援材料


 要人発言によって、「世界景気悪化懸念」という悪材料と、「米金融緩和期待」という好材料が「意識されて」相場が動く、という繰り返しだったようです。


 トランプ氏は「来年の選挙勝利」を目指して発言・行動していますし、パウエル議長は「米国の物価安定と雇用極大化」を達成するよう努めていますから、株価が下がれば「それぞれが」売り方をけん制する発言・行動をします。(トランプ・プット、パウエル・プット、と呼ばれる動きです。)


 トランプ・プット、パウエル・プットが発動されると売り方が買戻しする、ということで相場が反発するわけですが、日本株の場合、パウエル・プット→米金利低下→円高観測→日本株に売り圧力、となってしまい、素直に上昇できない事情があるのが残念なところです。(このせいで、このところNYダウと日経平均の値サヤが拡大して、とうとう5000円近くになってしまっています。)


 米中の摩擦は継続していますし、経済データはまだら模様、政治情勢もいろいろ問題含み、という現状ではこうした相場付きがまだまだ続くのでしょう。来週は火曜日、水曜日に米FOMCが開催されます。(日銀の金融政策決定会合も開かれます。)


 不安定な相場が続きそうですが、株式市場が「悪材料慣れ」して水準を戻す、という展開も考えられますので、ポジション管理には注意しながら多少の期待を持つといったスタンスで臨むところでしょうか。


今は「リーマン・ショック」前夜なのか?

 米国景気は個人消費に支えられて堅調持続、という見方でいいのでしょうし、日本株も日経平均が計算上の1株当たり純資産水準間近というところまで下げているわけですから、様々な材料をこなしながら上値を指向、という見方でいいとなりそうな気がします。


 しかし、「リーマン・ショック」級の混乱が起きないかどうか、起きるとすればどんな原因で何時頃起きそうか、ということは考えておくべきでしょう。(売り方の立場からすれば、大チャンスとなるわけですし。)


 いつも書いたり言ったりしていることですが、世界的に強固なビジネス・エコシステムが確立しつつあるグローバル・経済、資本市場を前提としますと、大混乱はたいてい「何らかの政策ミス」によって起き、「混乱期間」はそれほど長くない、という想定をしておくことができるように思います。


 ショックにつながりそうな状況を見ますと、米国のCLO、中国の債務問題、新興国の債務規模拡大、等々、いわゆる「グレー・リノ(灰色のサイ)」が多数居そう、という状況です。


 しかしながら、これもいつも書いたり言ったりしていることですが、大きなショック(つまりは株価の暴落)はもう少し株価水準が高くなってから現実問題として考えるべき、というのが個人的な見通しです。(去年10月から年末にかけての「中規模の暴落」も含めまして。)


令和元年6月14日

証券アナリスト

松下律

ツイッター・アカウント

@shokenanalyst

雨の季節。
出かけた先で雨に降られるとガッカリしますが、
時に雨が似合う光景もありますね。

信州・蓼科の高原で、名画のワンシーンに出会いました。

標高1,500mを越える山中、
奥蓼科の温泉に向けて車で上っていると
突然その光景は現れました。

針葉樹の中、雨にぼんやり煙る小さな湖。

「この光景、見たことないですか?」
案内してくれた地元の友人に聞かれてハッとしました。

東山魁夷!!
霧の中、白い馬がそこにいるかのような錯覚を得ました。

かつて、シャープの液晶TVのCMにもなりましたね。

東山魁夷『緑響く』の舞台になったのが、この信州蓼科の御射鹿湖(みしゃかいけ)
諏訪インターから奥蓼科温泉郷に続く「湯みち街道」沿いにある農業用のため池で、
諏訪大社の鹿狩場が名前の由来だそうです。
ひっそりとした佇まいに、もう少し霧が濃ければ見落としてしまったかも。
実際、温泉への道中、行きは感動で眺めましたが、
帰りは霧で全く見えなくなっていました。
雲一つない晴天下だったら、きっとこんなにしっとりとした感動はなかったでしょう。

雨の似合う風景。
雨の季節に訪れたい場所の一つです。


(1)先ず重要な政治・経済スケジュールです

                                                       

6月18日〜19日FOMC
6月19日〜20日日銀金融政策決定会合
6月20日〜21日欧州連合(EU)首脳会
6月28日〜29日G20 首脳会議 大阪

(2)無視できないイベントです。

【6月25日~27日】 3月決算企業の70%が株主総会開会

  • 令和になって初めての総会。 
  • 物言う株主の増加。スチュアートシップコードの厳格化で機関投資家は賛否ではなく、その理由の説明責任を負う。 
  • 日本企業は引き続き財務効率の改善、総配分性向の引き上げに取り組む。2018年度の自社株買いは6.6兆円。今年度は7兆円を大きく上回ることが確実視されている。 更に野村證券調べで、全上場企業3700社の2018年度の配当総額は14.3兆円(+10.1%対前年度比)になる。リーマンショック後の2009年度の5.6兆円から、9年連続で増加している。減益でも増配企業が増えているのが特徴。 

【6月25日~26日】 OPECプラス総会(OPEC+ロシア等非加盟国)

  • 2019年1月からの、日量120万バーレルの協調減産継続の有無。 
  • サウジは現在でも減産の遵守率が168%で目標を大きく上回っている。後半も減産継続がメインシナリオ。 
  • ロシアも現在の価格水準に満足。価格上昇すればアメリカがシェー ル・オイル増産でシェアー拡大。その事態は避けたい。 
  • アメリカもガソリン価格に影響のある上昇は避けたい。 
  • イラン、ベネズエラの減産は規模が読めない。安倍首相のイラン訪問はこの点でも注目される。 

残るは米中貿易問題の行方に絞られます。

(中嶋)


ストックボイスの事務所に、kurebaさんが買ってきてくれた「モロッコヨーグルト」がありました!


入っている箱にも象のイラストが書かれたポップなかわいい駄菓子。




はじめて見ました!食べました!


蓋をめくると、あたり・はずれが書いてあるくじ付きです。





kurebaさんが小さい頃から食べているというので、


「へぇ!おしゃれですね〜。くじの駄菓子と言ったら…ふつう『大王』ですよね」

と私が言ったら



シーーーーーン



えっ??



大王知らないの???




自分にとってあまりにポピュラーすぎて、まさかみなさんが知らないとは思いもしませんでした。



まっ茶さんが調べてくれたところ、『津軽限定駄菓子』だそう。


青森限定どころか、津軽だけだったんだ。びっくりしました!




くじをペリッとめくって、子、親、大王…いずれかのお菓子がもらえるのです。。。


↓これがあたりの大当たりの「大王」でもらえるお菓子




↑これがくじ




興味のある方は、こちら、販売元の佐藤製菓さんのサイトをご覧ください。

http://tsugaru-atemono.jp/service.html




ここにある「いも当て」も「糸引」も、私にとっては懐かしのおかし。

結構おいしかった気がします。



インターネットでも買えるみたいです。

と、取り寄せようかしら。