Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

11月を通じ日経平均株価は大幅に上昇、3456円高、率にして+15.4%の急騰を演じます。 月間の上昇幅としては歴代三位の記録になります。 ちなみに第一位は1990年10月の4210円高、第二位は1990年の5月の3546円です。 しかしこの二つの急騰も、共にバブル崩壊後の株価急落局面の反動で生じるテクニカルなリバウンドであり、急騰が株価の上昇局面で発生した今回とは決定的に違っていると言えます。

11月からの急伸は、売り越しを続けていた外国人投資家が、大きく買い越しに転じた事が最大の理由です。 以下は彼らのその売買動向の概要です。

【外国人投資家売買動向】
   現物  先物  合計
2020年 1月~10月末  ▼5兆0962億円  ▼4兆2878億円  ▼9兆3840億円
 11月06日(第1週) ▽3572億円  ▽7412億円  ▽1兆0982億円
 13日(第2週) ▽3842億円  ▽6740億円  ▽1兆0582億円
 20日(第3週) ▽3331億円  ▽2640億円  ▽ 5971億円
 合計  ▽1兆0745億円  ▽1兆6792億円  ▽2兆7537億円
(▼売り越し  ▽買い越し)

年初から10月末まで、現物、先物とも大幅に幅に売り越していた外国人が、11月から両建てで買い越しに転じたことが分かります。 メリルリンチ証券を配下に持つBOAの週刊データーによると、11月に入り3週間で世界の株式ファンドに過去最大の890憶ドル(約9.2兆円)の資金が流入し、主に出遅れ市場、バリュー株,小型株に資金が向いたとしています。 単純計算で9.2兆円に対し、30%の2.75兆円が日本に向かったとすれば、日本株見直しの第一歩かもしれません。

2013年のアベノミクスの始まり以来、外国人投資家はその政策を評価、対日株式投資と積極化します。 2015年7月までの現物株の累計買い越し額は22兆円まで拡大します。 しかしそれ以降は世界と比較しても低い経済成長率、明確なデフレ脱却のサインが見当たらず、一貫した売り越しに転じます。 その結果今年10月末には22兆円を売り切り、ついには▼8000億円の売り越しに転じていました。  11月からの上昇はコロナ拡大に伴い、外国人投資家が総じて被害の少ない日本の底力に注目したといえます。 数字で見た通り、外国人投資家はここまで日本株を大きく売り越し、その結果ベンチマークに対し保有すべき日本株の比率が大きくアンダーウエイトになっています。  現在は年末の決算に向け、ポジション調整の買い戻しも入っていると言えます。 

問題は年明けの彼等の動向です。 まずは利益の確定から入る可能性があります。
丁度2013年末にヘッジファンド中心の外国人買いで急伸した日本株ですが、翌年は彼らの利食いで大きく売られ始まったことは念頭に置いておきたいものです。
(中嶋)

こんなことを言うと叱責されそうですが・・・。
この時期よく頼まれるのが「来年の日経平均予想」。
毎年思うことは「そんな物。わかるかくらいなら苦労はしない」。
難の疑問も持たず、もしも本当に来年を見通せると考えるのならば、それは狷介と傲慢。
あるいは・・・。
初めから「そんなものわかる訳がない」というのは正直なところですがそれではあまりにも敵前逃亡チック。
事は本当に難しいものです。
一番悪いのは「外れてはいけない」とむやみに抵抗して自己正当化に走る輩。
自己陶酔の極致なのか、あるいは外れて後ろ指をさされることが以上に怖いのでしょうか。
いろんな市場関係者がいるものです。

NYダウが1万ドルに乗せたのが1999年3月。
ウォール街のトレーダーたちの雄たけびが聞こえるような写真が今でも甦ります。
そして2万ドル乗せが2017年1月。
3万ドル乗せが先週。
17年かけて駆け上った1万→2万。
2万→3万が3年。
スピードが速いというよりも数字が大きくなったからという理由もあるでしょう。
それにしても・・・。
海のこちら側の日経平均の水準は1991年まで戻っただけ。
29年前11月のNYダウは2894ドルでした。
12月末でも3168ドル。
「年を経て10倍になった」。
「29年前のNYダウは日経平均の10分の1だった」か。
中身は一緒ですが見方は別になります。
だからといって垂涎するのが市場回りの人々。
本来必要なのは慨嘆でも羨望でもなく「どうすれば追い付けるのか」の議論。
自虐からは未来は生まれません。
もっともマスコミが自虐や慨嘆が好きだからという側面も否定はできませんが・・・。
「新人類相場」なんて古の言葉も甦ってきたようです。


「かくあらねばならない」とか「過去の経験則の延長戦上では」など固い頭では相場の想像や創造なんてできません。
大きな白いキャンパスに自由に絵を描くこと。
そうすれば相場はますます大きくなっていくことでしょう。
「相場は明日もある。そして未来永劫に繰り返し続くもの」。


10年前まではよく来日していた奇門遁甲の先生。
最近は忙しいようでお会いしていませんが・・・。
天津出身の風水易経鑑定士。
5代続く易学の家系に生まれた「易経学」の最高位・最難解学問である帝王理論「奇門遁甲」を実践できる数少ない風水師。
風水に基づいた北京オリンピック都市計画にも携わっていました。
その先生の言葉は今甦ってきます。
日本株は「2023年までは大丈夫」。
これがあったからこそ、いつの下落場面も弱気にならずに済んだと言えるのかも知れません。
そして「日本は『自分の国』の行方を真剣に考える姿勢が少ない」。
「誰もが、そんなことは関係ないと考えているように見える。そこが弱点」とも。
他力本願でなく、自力になることが、景気回復の根本と当時聞こえました。
そして「奇跡にも近い画期的技術が開発される可能性を忘れてはいけない」とも。

「日本株光りそめたり十二月」

《令和辛丑三年相場予見》

作用・慣性・反作用
物理の掟は相場の心理
刻はまだまだ午前二時
コツコツ努力と情熱一図
陋習一蹴、狷介捨てて
月に吠えても意味はない
素直な心と明るい気持ち
我慢と発芽で新世界

サルカニ合戦かぐや姫
茶色い戦争幾星霜
足元光るお宝は
自然に見つかるその定め
西は夕焼け、暗闇に
東は朝日で新世界

些末子細にとらわれず
道は自分の前にある
善男善女に福は来る
お金がお金を生む道だ
垂涎・自虐に福はない
新嘗こそが夢になる
心の感覚新世界

大きな白いキャンパスに
自由にデザイン描くこと
頭が奏でるメロディーは
相場の未来の応援歌
過去の常識打ち捨てて
相場は想像、相場は未来
相場は創造、相場は作品
微分ではなく積分だ
千里を走る前哨戦
諸行無常のその先に
きっと待ってる新世界

以下は今朝の場況。

「ISMは低調だったがS&P500とNASDAQは過去最高値を更新」

火曜のNY株式市場で主要3指数はそろって反発。
S&P500とNASDAQは過去最高値を更新した。
ファイザーとモデルナはそれぞれが開発するコロナワクチンの条件付き緊急使用許可を欧州連合(EU)当局に申請。
ワクチン候補への期待感が高まった格好だ。
議会の超党派グループは9080億ドルの新型コロナ救済法案を公表。
中小企業や失業者、航空業界などへの新たな緊急支援を巡る与野党間の行き詰まり打開を目指す方向。
「11月の財新中国製造業PMIが10年ぶりの高水準となったことも相場を支援した」という見方もある。
ISM製造業景気指数は57.5と10月の59.3から低下。
新規受注が前月の約17年ぶりの高水準から減速した。
市場予想は58.0だった。
週末の雇用統計については非農業部門雇用者数は50万人増の見通し。
10月は63.8万人増だった。
建設支出(季節調整済み)は年率換算で前月比1.3%増と市場予想(0.8%増)を上回った。
「サイバーマンデー」での売り上げが前年比15.1%増の108億ドルと過去最高に達した。
新型コロナウイルス追加対策についての期待感を背景に債券利回りは上昇(価格は下落)。
10年国債利回りは0.929%。
2年国債利回りは0.170%。
前日過去最高値を更新したビットコインは反落。
ドル円は104円台前半。
SKEW指数は132.60。
9日連続の130ポイント超。
恐怖と欲望指数は88ポイント→91ポイントと上昇。
米国のマネーストック(M2)は16日時点で約2000兆円。
昨年末比で約400兆円の増加。
リスクマネーのリザーブは大きい。

「27000円台を見たい」

火曜けの日経平均は寄り付き191円高。
終値は353円高の26787円と反発。
日足は2日ぶりの陽線。
前日の下落分(211円)を取り戻し高値更新。
「師走相場は、取引所再開以来で45勝26敗。
上昇確率63.4%%は12か月中4番目の成績」との声もある。
過去10年間では7勝3敗。
TOPIXも反発。
東証マザーズ指数は続伸。
日経ジャスダック平均は反発。
東証1部の売買代金は2兆8192億円(前日4兆9478億円)。
23日連続の2兆円超え。
値上がり1526銘柄(前日335銘柄)。
値下がり577銘柄(前日1310銘柄)。
新高値94銘柄(前日128銘柄)。
新安値21銘柄(前日30銘柄)。
騰落レシオは108.94(前日105.51)。
NTレシオは15.15倍(前日15.06倍)。
今年の最大値。
サイコロは7勝5敗で58.33%。
右肩上がりの25日線(25032円)からは△7.01%。
19日連続で上回った。
右肩上がりの75日線は23887円。
右肩上がりの200日線(22182円)からは△20.76%(前日△19.26%)。
17日連続△10%超。
右肩上がりの5日線(26540円)から△0.93%。
6日連続で上回った。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲18.745%(前日▲18.075%)。
《3月13日△6.443%、6月8日▲18.753%》。
買い方▲6.249%(前日▲6.802%)。
《1月23日△1.144%、3月13日▲31.239%》
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲19.960%(前日▲15.697%)。
《3月13日△14.653%、6月12日▲30.992%》
買い方▲15.575%(前日▲17.363%)。
《1月24日△0.46%、3月19日▲43.775%》
売り方買い方が逆転。
空売り比率は38.0%(3日ぶりに40%割れ:前日43.7%)。
空売り規制なしの比率は5.6%(前日4.6%)。
11月27日時点の信用売り残は527億円増の9051億円。  
2週ぶりに増加。
同信用買い残は408億円減の2兆3873億円。
2週連続の減少。
2兆円台は29週連続。
金額ベースでの信用倍率は2.64倍(前週は2.85倍)。
日経VIは22.13と低下。
日経平均採用銘柄の予想PERは24.47倍(前日24.24倍)。
前期基準では19.66倍。
EPSは1084円(前日1090円)。
225のPBRは1.19倍。
BPSは22510円(前日22401円)。
225先物採用銘柄の益回りは4.09%(前日4.13%)。
配当利回りは1.73%。
東証1部全銘柄だと予想PERは27.34倍。
前期基準では21.46倍。
東証1部全銘柄のPBRは1.29倍。
ドル建て日経平均は256.63(前日254.51)。
今年の最大値。
東証1部単純平均株価は22円高の2333円。
(2019年末2327円、2018年末2077円、2017年末2946円)。
東証1部売買単価は2117円(前日2227円)
東証1部時価総額は672兆円(前日667兆円)。
火曜のシカゴ225先物終値は大証日中比115円高の26915円。
高値26970円、安値26460円。
225先物大証夜間取引終値は日中比80円高の26880円。
気学では「目先のポイントを作る日」。
木曜は「高下して後場変化すること多し」。
金曜は「安値なら急伸することあり。押し目買い良し」。
ボリンジャーのプラス1σが26245円。
プラス2σが27457円。
一目均衡の雲の上限が23441円。
20日連続で雲の上。
勝手雲の上限は25377円。
20日連続で勝手雲の上。
RSIが76.52(前日74.44)。
RCIが93.68(前日93.68)。
明日は「株高の日」。

《今日のポイント12月2日》

(1)火曜のNY株式市場で主要3指数はそろって反発。
   S&P500とNASDAQは過去最高値を更新した。
   前日過去最高値を更新したビットコインは反落。
   ドル円は104円台前半。
   SKEW指数は132.60。
   9日連続の130ポイント超。
   恐怖と欲望指数は88ポイント→91ポイントと上昇。
   米国のマネーストック(M2)は16日時点で約2000兆円。
   昨年末比で約400兆円の増加。
   リスクマネーのリザーブは大きい。

(2)ダウ輸送株指数は43ポイント高の12493ポイントと4日ぶりの反発。
   SOX指数は1.74%高の2709ポイントと3日続伸。
   VIX指数は20.77と上昇。
   3市場の売買高は150億株と急増(前日68.2億株。過去20日平均は113億株)。
   225先物CME円建ては大証比日中比115円高の26915円。
   ドル建ては大証日中比110円高の26910円。
   なぜか円建てとドル建ての価格が逆転。
   円建ての方が5円といえども高いのは異例。

(3)東証1部の売買代金は2兆8192億円(前日4兆9478億円)。
   23日連続の2兆円超え。
   新高値94銘柄(前日128銘柄)。
   新安値21銘柄(前日30銘柄)。
   騰落レシオは108.94(前日105.51)。
   NTレシオは15.15倍(前日15.06倍)。
   今年の最大値。
   サイコロは7勝5敗で58.33%。

(4)右肩上がりの25日線(25032円)からは△7.01%。
   19日連続で上回った。
   右肩上がりの200日線(22182円)からは△20.76%(前日△19.26%)。
   17日連続△10%超。
   右肩上がりの5日線(26540円)から△0.93%。
   6日連続で上回った。

(5)空売り比率は38.0%(3日ぶりの40%割れ:前日43.7%)。
   11月27日時点の信用売り残は527億円増の9051億円。  
   2週ぶりに増加。
   同信用買い残は408億円減の2兆3873億円。
   2週連続の減少。
   2兆円台は29週連続。
   金額ベースでの信用倍率は2.64倍(前週は2.85倍)。

(6)松井証券信用評価損益率速報で売り方▲18.745%(前日▲18.075%)。
   《3月13日△6.443%、6月8日▲18.753%》。
   買い方▲6.249%(前日▲6.802%)。
   《1月23日△1.144%、3月13日▲31.239%》
   マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲19.960%(前日▲15.697%)。
   《3月13日△14.653%、6月12日▲30.992%》
   買い方▲15.575%(前日▲17.363%)。
   《1月24日△0.46%、3月19日▲43.775%》
   売り方買い方が逆転。

(7)ドル建て日経平均は256.63(前日254.51)。
   今年の最大値。
   東証1部時価総額は672兆円(前日667兆円、前々日678兆円)。

(8)ボリンジャーのプラス1σが26245円。
   プラス2σが27457円。
   RSIが76.52(前日74.44)。
   RCIが93.68(前日93.68)。
   明日は「株高の日」。
(櫻井)。


12月です。クリスマスです。コロナウイルスの感染防止で外出を控えるようにとの要請からでしょうか。大きなショッピングモールでも飾りつけやイルミネーションはごく控えめとなっています。

ハロウィンもそうでしたが、やはりこれはさびしいですね。大人の私がそう思うほど、今年は何もかもが控えめです。飾りつけをフル装備しても売り上げが期待できないのでしょう。消費には確実に響いてくるように思えてなりません。

クリスマスの時期で私が好きなのは、12月26日の明け方です。

26日の夜明けごろ、オフィス街のビルの入口ドアの脇に立っているクリスマスツリーに、まだ電飾の明かりがともっていて、誰も歩いていない街にひっそりと輝いている光景。

パーティーの喧騒が去ったあとの後片付けの場に、少しずつ朝の日差しが差してくる時間。凍えるような冷たい空気に清掃車だけが走っている街角。

もう何十年も前になりますが、お付き合いしている彼女もいなく、男友だちと12月25日に朝まで飲んだくれて騒いでいました。明け方の街をふらふら歩いて、ふと仰いだ夜明けの空がなんとも清らかで美しかったことを覚えています。聖母マリア様の存在が一瞬でも信じられたような気がします。

今年のクリスマス、どんな思い出が待っているでしょうか。2020年。あまりにもたくさんのことが起こったようで、その割に思い出に残っている出来事があまりないのが今年の記憶です。ささやかでも心に残るクリスマスの1か月にしたいと考えています。
(スズカズ)

友人のお母さんは東北の山間で食堂を経営しています。
ご主人が急逝して以来、70歳を超えても一人で人気食堂を切り盛り。
加齢に伴う疲れなどを口にするようになった母親を心配して
大手上場企業に勤める娘は毎週末のように往復8時間の道のりを行き来して
お母さんの手伝いをしていましたが、
このコロナ禍、近隣の目も気にしてそれも叶わなくなりました。
一旦感染が落ち着いたように見えた頃、
何か月ぶりかで帰省する彼女はとても嬉しそうでした。
そして週末の動向を聞いてみると・・・
「出社は10日に一度くらいで、体制さえ整えば仕事はどこからでも構わないルールなので、
東北の実家からテレワークで仕事をする。
たまに家族のちょっかいも入るけど(笑)何の支障もなく仕事できるよ。」

そうか!!
当たり前かもしれないけど、
テレワークにほぼ縁のない私にとってかなり“目から鱗”でした。
テレワークってそういうことか。

「セキュリティ上どうしても会社からしかできない仕事の時だけ行くのと、
コミュニティ施策で月に1度程度は顔を合わせようという申し開きもあって出社している。
社員にアンケートをとっても、在宅と会社とではおおむね同じパフォーマンスが出ている。」

周りにあまり“堅気の会社員”がいないので、彼女から一般常識を学んでいる節もあります。
テレワークは、新しいこんな働き方を可能にするのですね。
となるとオフィスの在り方も再検討する必要がある訳で・・・
賃料の高い都心のオフィスに徐々に空室が出てきているのも改めて納得。


もう一つ。
ゲストに聞いた笑い話。
「この間ずっと在宅ワークでした。」
「奥さんは嫌がってませんか?笑」
「専業主婦の妻は、ほぼいません。フラダンスとかなんとか毎日忙しく出かけていて・・・
ということに、在宅になってはじめて気付いたんです。あはは。」

一同爆笑。


あと一つ。
テレワークの友人たちの間で
『東京マーケットワイド』の視聴率がやたらと高くなっており、
優しい意見も厳しい意見も遠慮なくバシバシ飛んできて有難い限りです・・・。

今週は、以上です。テレワークあれこれでした。



ワクチン・スパイク

 去年も売り方の買戻し主導で日経平均は8月から12月にかけて4000円規模で上昇しましたし、こういった相場急騰はままあること、というところなのでしょうが、今年の11月の相場上昇は相当際立ったものだったでしょう。


 日本株で言えば海外勢の先物売りの買戻し、主に国内勢のベア型ETFのポジションにからむ先物の買戻し等々、需給要因が強く影響したというのも特徴だったと思います。


 日本のみならず、欧米株式市場でも同じような現象が見られましたから、想像するところに多様な売りポジションを取っていた市場参加者が多かった、ということだったようです。


 日経平均で見ますと、夏場までの23500円プラスマイナス、といった水準からおおむね3000円規模で上方にシフトしている感じです。ファイザーとモデルナとアストラゼネカのワクチンでそれぞれ1000円ずつ、合計3000円ほど上方シフトに貢献した計算でしょうか。


 売り方の買戻しはまだ終わっていないようですから、12月になったら急落といった相場想定はするとしたら危険かもしれませんが、売り方の買戻しがかなり進展したという認識はしておくべきかもしれません。


 年末に向けていわゆる税金対策売り、機関投資家の組み入れ比率調整(ポートフォリオ内の比率調整のための株式売り)なども想定されます。ここからの新規の買いは慎重に、というのが常識的な感覚ではないかという気がします。


バブル談義

 今月の急騰でにわかにバブルに関する論議が活発になって来たように思います。


 先週もお話しましたように、市場全体がバブル、と言うにはまだ早い、というのが私の現時点での感覚なのですが、バブル崩壊を想定する(願う?)といったトーンのコメントも増えているようです。


 日本株で見ますと、現状で予想PERはおおむね24、5倍といったところかと思います。紺今来期の企業利益の回復がどの程度かまだ分からないところですが。少なくとも3割程度の回復軌道はじゅうぶん見込めるでしょう。


 としますと、少し将来を見た予想PERは15倍とか18倍という計算になります。市場平均の予想PERが20倍以下で、この低金利下のバブル崩壊はあるまい、という感じがします。


 少し話が飛ぶのですが、1995年にはニック・リーソン事件というのがありました。2008年にはジェローム・ケルビエル事件などというのもありました。市場参加者の大損に起因する銀行の破たん、といった事件はけっこう起きるものです。そうした事件をきっかけに株式相場が急落する、といったことは時として起こることです。


 今回の上昇相場はほぼ間違いなく大掛かりなバブル相場です。バブルがピークを迎えるまでにそうした事件が起きる可能性はけっこう強い気がしますが、それが完全なバブル崩壊に結び付くことはないのでは、という気もします。


 株価バブルはけっきょく個別銘柄のバブルの積み重ねで進行します。個別銘柄を見て、バブル化した、と思える銘柄については新規の買いを控える、といった注意を払いながら付き合って行けば、バブル相場もそれほど怖いことはない、と私は思います。(個別銘柄で見ますと、ほとんど無重力状態のようになった株価も見られます。)


2020年11月27日

証券アナリスト

松下律