Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

テレワークあれこれ

小川 真由美

2020/11/27 11:40

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
友人のお母さんは東北の山間で食堂を経営しています。
ご主人が急逝して以来、70歳を超えても一人で人気食堂を切り盛り。
加齢に伴う疲れなどを口にするようになった母親を心配して
大手上場企業に勤める娘は毎週末のように往復8時間の道のりを行き来して
お母さんの手伝いをしていましたが、
このコロナ禍、近隣の目も気にしてそれも叶わなくなりました。
一旦感染が落ち着いたように見えた頃、
何か月ぶりかで帰省する彼女はとても嬉しそうでした。
そして週末の動向を聞いてみると・・・
「出社は10日に一度くらいで、体制さえ整えば仕事はどこからでも構わないルールなので、
東北の実家からテレワークで仕事をする。
たまに家族のちょっかいも入るけど(笑)何の支障もなく仕事できるよ。」

そうか!!
当たり前かもしれないけど、
テレワークにほぼ縁のない私にとってかなり“目から鱗”でした。
テレワークってそういうことか。

「セキュリティ上どうしても会社からしかできない仕事の時だけ行くのと、
コミュニティ施策で月に1度程度は顔を合わせようという申し開きもあって出社している。
社員にアンケートをとっても、在宅と会社とではおおむね同じパフォーマンスが出ている。」

周りにあまり“堅気の会社員”がいないので、彼女から一般常識を学んでいる節もあります。
テレワークは、新しいこんな働き方を可能にするのですね。
となるとオフィスの在り方も再検討する必要がある訳で・・・
賃料の高い都心のオフィスに徐々に空室が出てきているのも改めて納得。


もう一つ。
ゲストに聞いた笑い話。
「この間ずっと在宅ワークでした。」
「奥さんは嫌がってませんか?笑」
「専業主婦の妻は、ほぼいません。フラダンスとかなんとか毎日忙しく出かけていて・・・
ということに、在宅になってはじめて気付いたんです。あはは。」

一同爆笑。


あと一つ。
テレワークの友人たちの間で
『東京マーケットワイド』の視聴率がやたらと高くなっており、
優しい意見も厳しい意見も遠慮なくバシバシ飛んできて有難い限りです・・・。

今週は、以上です。テレワークあれこれでした。