Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

崇徳院

櫻井 英明

2021/01/21 07:31

Ae85a434 0528 4092 acd2 591fd4d2e3c3 castphoto11 sakurai
この頃、朝の寄り付きに高く萎むこが多い相場付き。
売り方の踏み上げが寄り付きにあるのかも知れないと想像できなくもありません。
因みに3月安値期日(16368円)の9月19日は通過。
6月15日安値期日(21529円)も通過。
今は7月31日安値(21710円)を迎えに行っているスケジュールです。

2020年の日経平均の上昇率は約16%。
ただ上昇銘柄は30%程度。
ファーストリテなど上位6銘柄の構成比率は25%→30%に上昇。
だからトピが出遅れてNT倍率が15倍台まで上昇したようです。
一方でアメリカのSOX指数は3000ポイントを上回って推移。
成長企業は値がさ株という慣習は継続。


「崇徳院」(すとくいん)、
 
とある商家の若旦那がひと月ほど前から寝込んでしまった。
医者に診てもらったが、どの医者も首をかしげるばかり。
そこで名医と呼ばれる先生に診てもらうと・・・。
「何やら気病で思い詰めている事がある」。
若旦那「投資家仲間の熊さんだけに話をする」と名医に言ったという。
熊さんが部屋に入ってみると、若だんなは息も絶え絶え。
葬儀屋に行った方が早道という様子。
聞き出すと、実は恋煩い。
「二十日ばかり前に神田明神に株で儲かるように勝守りをもらいに参詣に行った。
茶店に腰を掛けて景色を眺めていると、目の前にお供の女を三人つれたお嬢さんが腰を掛けた。
思わず見とれていると、娘もじっとこちらを見る。
しばらくすると、茶袱紗(ふくさ)を落としたのも気がつかず立ち上がる。
追いかけて手渡したちょうどその時、桜の枝から短冊が、糸が切れてはらりと落ちてきた。
見ると・・・。
「瀬を早み岩にせかるる滝川の」
と書いてある。
これは下の句が
「われても末に逢はむとぞ思ふ」
という崇徳院の歌。
「娘はそれを読むと若だんなの傍に短冊を置き軽く会釈して行ってしまった」と言う。
この歌は、別れても末には添い遂げようという心の歌。
若旦那は「これはきっと株の神様が現生に表れて儲かる株を教えてくれたに違いない。
株で儲けて私と添い遂げようという意味だったに違いない。
それ以来、何を見てもあのお嬢さんの顔に見える。
頭の中に『株の商いで儲けて迎えに来てくれ』と言う声が聞こえてならない」。
熊「なんだ、そんなことなら心配ねえ。
わっちが大だんなに掛け合いましょう」
その短冊を借りると大旦那にさっそく報告した。
大だんな「いつまでも子供だ子供だと思っていたが」とため息。、
「その娘をなんとしても捜し出してくれ。
儲かる株もついでに探し出してくれ」と熊に頼む。
「もし捜し出せなければ、せがれは五日以内に間違いなく死ぬ。
おまえはせがれの仇、
必ず名乗って出てやる」。
と、脅かされたから、熊はもう大変。
熊さんは帰って、かみさんに相談した。
かみさん「もし見つければあの大だんなのことだ。
おまえさんを大家にしてくれるかもしれない」
と、尻をたたくばかり。
かみさん「とにかく手掛かりはこの歌しかないんだよ、
湯屋だろうが床屋だろうが往来だろうが、人の大勢いるところを狙って歌をがなってお歩き。
今日中に見つけないと家に入れないよ。その間に儲かる株も探すんだよ」。
熊は張り切って探すが、まる二日もの間、収穫がない。
そして三日目の朝。
かみさん「崇徳院の歌を大声でどなりながら人の集まる床屋とか湯屋をまわらないと探せる訳がない。
今日探してこないと家に入れないよ!
できればストップ高もね」。
熊さんは大声でわめきながら歩き続け湯屋に十八軒、床屋に三十六軒。
熊「セヲハヤミセヲハヤミー」
待てよサコス(9641)の社長は確か瀬尾さん。
SEHD(9478)の社長さんは確か速水さん。
株の方は解けたぞ。
もっとも滝川ならは多木化学(4025)かも知れねえ。
何でもいいから買っておこう」。
しかし肝心の娘は見つからない。
がなって歩いて、夕方にはフラフラ、相場もヨレヨレ」。
「ことによると、若だんなよりこちとらの方が先に行っちまいかねねえ」。
しかし・・・。
三十六軒目の床屋で突然飛び込んできた男。
「出入り先のお嬢さんが恋煩いで寝込んでいる。
日本中探しても相手の男を探してこいというだんなの命令。
だからこれから四国へ飛ぶところだ」
と話すのが、耳に入った。
熊 「もう逃がさねえ」。
男の胸ぐらに武者振りついた。
男「なんだ。じゃ、てめえん所の若だんなか。
  てめえを家のお店に」。
熊 「てめえこそ、家のお店に」。
二人がもみ合い株価ももみ合っているうち熊さんが買った株は二十五日線を割れこんできた。
「おい、話をすりゃあわかるんだ。
株価は下がると困るぜ」と他の投資家さん。
ふたり「心配するねえ。
割れても末に買わんとぞ思う」。

以下は今朝の場況。

「過去最高値更新」

水曜のNY株式市場で主要3指数はそろって続伸し過去最高値を更新した。
決算期待から主力ハイテクセクターが大幅高となり相場上昇をけん引。
四半期決算で契約者数が市場予想以上に増えた動画配信のネットフリックスが17%高。
アルファベットとアマゾンが5%上昇。
マイクロソフト、アップルも大幅高。
「決算内容が市場予想を上回り、株価が跳ね上がるのを見越した買い」という決算期待観測だ。
ニューヨーク証券取引所のFANG+TM指数は上昇。
「大統領就任式が滞りなく進み、政権の移行が完了したことも投資家の安心感につながった」という声もある。
バイデン新大統領は新型コロナウイルスから経済、気候変動までさまざまな問題に対応する15の大統領令などに署名。
トランプ政権の政策を転換する方向。
ドル円は103円台半ば。
10年国債利回りは1.076%。
2年国債利回りは0.129%。
SKEW指数は146.66。
40日連続の130ポイント超。
恐怖と欲望指数は61→69。

水曜のNYダウは257ドル高の31188ドルと続伸。
NASDAQは260ポイント高の13457ポイントと続伸。
S&P500は52ポイント高の3851ポイントと続伸。
ダウ輸送株指数は225ポイント高の13126ポイントと3日ぶりの反発。
SOX指数は0.27%安の3085ポイントと反落。
VIX指数は21.59と低下。
3市場の売買高は136.6億株(前日136.7億株、過去20日平均は128.3億株)。
225先物CME円建ては大証比日中比210円高の28700円。
ドル建ては大証日中比235円高の28725円。
ドル円は103.52円。
10年国債利回りは1.076%。
2年国債利回りは0.129%。

「独自性が欲しい東京」

水曜の日経平均は寄り付き165円高。
一時28800円台も見たが買い一巡後は売り優勢。
終値は110円安の28523円と反落。
日足は3日ぶりに陰線。
1月オプションSQ値27774円に対して8勝。
TOPIXも反落。
東証マザーズ指数は反発。
日経ジャスダック平均は3日続伸。
東証1部の売買代金は2兆3810億円(前日2兆1931億円)。
2日連続で2兆円超。
値上がり1100銘柄(前日912銘柄)。
値下がり993銘柄(前日1187銘柄)。
新高値44銘柄(前日40銘柄)。
新安値1銘柄(前日3銘柄)。
騰落レシオは98.45(前日100.70)。
NTレシオは15.42倍(前日15.43倍)。
15日連続で15倍台。
サイコロは6勝6敗で50.00%。
右肩上がりの25日線(27398円)からは△4.11%。
17日連続で上回った。
右肩上がりの75日線は25647円。
右肩上がりの200日線(23230円)からは△22.78%(前日△23.52%)。
9日連続△20%超。
右肩上がりの5日線(28523円)から△0.00%。
イーブンでサポート。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲20.458%(前日▲20.262%)。
買い方▲4.909%(前日▲5.005%)。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲15.129%(前日▲17.883%)。
買い方▲12.309%(前日▲12.775%)。
空売り比率は38.6%(3日連続40%割れ:前日37.0%)。
空売り規制なしの比率は7.1%(前日6.2%)。
Quick調査の1月15日時点の信用評価損率は▲11.93%。
(前週▲11.12%)。
3週連続の改善。
1月15日時点の裁定売り残は572億円増の1兆3715億円。
(当限は1兆1897億円)
6週ぶりの増加。
裁定買い残は254億円増の4302億円。
(当限は3759億円)。
2週ぶりに増加。
日経VIは23.71と上昇。
日経平均採用銘柄の予想PERは26.01倍(前日26.09倍)。
前期基準では20.87倍。
EPSは1096円(前日1097円)。
225のPBRは1.25倍。
BPSは22818円(前日22906円)。
225先物採用銘柄の益回りは3.84%(前日3.83%)。
配当利回りは1.63%。
東証1部全銘柄だと予想PERは28.15倍。
前期基準では22.43。
PBRは1.36倍。
ドル建て日経平均は274.95(前日272.30)。
東証1部単純平均株価は1円安の2326円。
(2020年末2341円、2019年末2327円、
2018年末2077円、2017年末2946円)。
東証1部売買単価は2070円(前日2126円)
東証1部時価総額は688兆円(前日691兆円)。
水曜のシカゴ225先物終値は大証日中比210円高の28700円。
高値28735円、安値28380円。
225先物大証夜間取引終値は日中比180円高の28670円。
気学では「上寄りすると後下押す日。下放れると戻すこと多し」。
金曜は「押し込んでも戻す日。悪目買い方針良し」。
ボリンジャーのプラス1σが28161円。
プラス2σが28915円。
プラス3σが29689円。
一目均衡の雲の上限が25968円。
52日連続で雲の上。
勝手雲の上限は27166円。
勝手雲の下限は26993円。
今日から右肩上がりになる。
RSIが71.18(前日75.26)。
RCIが93.13(前日90.36)。

《今日のポイント1月20日》

(1)水曜のNY株式市場で主要3指数はそろって続伸し過去最高値を更新した。
   SKEW指数は146.66。
   40日連続の130ポイント超。
   恐怖と欲望指数は61→69。
   

(2)ダウ輸送株指数は225ポイント高の13126ポイントと3日ぶりの反発。
   SOX指数は0.27%安の3085ポイントと反落。
   VIX指数は21.59と低下。
   3市場の売買高は136.6億株(前日136.7億株、過去20日平均は128.3億株)。
   225先物CME円建ては大証比日中比210円高の28700円。

(3)東証1部の売買代金は2兆3810億円(前日2兆1931億円)。
   2日連続で2兆円超。
   新高値44銘柄(前日40銘柄)。
   新安値1銘柄(前日3銘柄)。
   騰落レシオは98.45(前日100.70)。
   NTレシオは15.42倍(前日15.43倍)。
   15日連続で15倍台。
   サイコロは6勝6敗で50.00%。

(4)右肩上がりの25日線(27398円)からは△4.11%。
   17日連続で上回った。
   右肩上がりの200日線(23230円)からは△22.78%(前日△23.52%)。
   9日連続△20%超。
   右肩上がりの5日線(28523円)から△0.00%。
   イーブンでサポート。

(5)空売り比率は38.6%(3日連続40%割れ:前日37.0%)。
   空売り規制なしの比率は7.1%(前日6.2%)。
   Quick調査の1月15日時点の信用評価損率は▲11.93%。
   (前週▲11.12%)。
   3週連続の改善。
   1月15日時点の裁定売り残は572億円増の1兆3715億円。
   (当限は1兆1897億円)
   6週ぶりの増加。
   裁定買い残は254億円増の4302億円。
   (当限は3759億円)。
   2週ぶりに増加。

(6)松井証券信用評価損益率速報で売り方▲20.458%(前日▲20.262%)。
   買い方▲4.909%(前日▲5.005%)。
   マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲15.129%(前日▲17.883%)。
   買い方▲12.309%(前日▲12.775%)。

(7)日経平均採用銘柄の予想PERは26.01倍(前日26.09倍)。
   EPSは1096円(前日1097円)。
   225のPBRは1.25倍。
   BPSは22818円(前日22906円)。

(8)ドル建て日経平均は274.95(前日272.30)。
   東証1部時価総額は688兆円(前日691兆円)。

(9)ボリンジャーのプラス1σが28161円。
   プラス2σが28915円。
   プラス3σが29689円
   RSIが71.18(前日75.26)。
   RCIが93.13(前日90.36)。

今年の曜日別勝敗(1月20日まで)

月曜0勝2敗
火曜2勝1敗
水曜1勝2敗
木曜2勝0敗
金曜1勝1敗
(櫻井)。