Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

電通ビル

小川 真由美

2021/01/22 18:50

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
「電通本社ビル売却検討」

そんなニュースに
ええっ!?思わず声を上げてしまいました。

汐留の電通本社ビル。
汐留貨物駅跡地に建てられたもので、
2002年11月に竣工。
“あの電通”の本社とはこういうビルに入るのだなぁ・・・
汐留に燦然ときらめく美しい曲線の超高層ビルはとても眩しく目に映り、
特に再上京したての頃、何度か足を運んだ記憶があります。

そんな思い出のうちの一つですが、
東京出張の父にいいところを見せたくて電通ビル高層階のレストラン窓際席を予約したことが。
都会で頑張って仕事をしているのだと、当時30歳そこそこだった娘は
精いっぱいの背伸びをして父を招待しました。
非日常の空間でお酒を交わしながら父と会話。
終始嬉しそうな父の表情を見ながら、私も大人になったなぁと感慨にふけり・・・
ん?
お父さん、私の話聞いてる?
娘の話に相槌を打ちつつ、空中をゆっくりとさまよう父の視線。
一点の光を追っていました。
羽田に離発着する航空機。
離発着するたびにその光が視界から消えるまで追い、
ようやく視線が娘に戻ったかと思えば、また次の飛行機。
思えば離発着の様子がつぶさに見られ、飛行機好きにはたまらないロケーションの店でした。
まさか我が父、娘の話よりも飛行機の動きに興味を示すとは。
店選び、間違ったかな・・・
でもお父さん喜んでいたし、ま、いっか。

電通ビルと聞いてよみがえった思い出です。

テレワークなど働き方が一気に変化し、
オフィスの在り方が考え直されている今。
電通に関しては本社ビルを第三者に売却しても本社機能自体は移さず、
大部分を賃貸で利用。
売却によって資産の効率化をするとのこと。
エイベックスの本社ビル売却も話題になっていましたが、
こういう動きはどんどん増えていくのでしょうか。

コロナが今までの常識を塗り替えつつあります。
良くも悪くも。
個人の小さな希望としては、
こんな思い出話に笑いながら、しばらく会っていない父と飲みたい。
人と人との距離を取り戻したい。
切に願います。