Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

米金利急上昇

松下 律

2021/02/26 08:20

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita

「まだ」同じメカニズム、とはならず・・

 今週は火曜日が休日でしたので昨日までで立会日が3日ということだったのですが、興味深い動きを示した相場でした。


・22日月曜日:日中一時日経平均は400円以上上昇、「まだ」同じメカニズムで急騰か、と思わせたのですが伸び悩み、月曜日の急騰とはなりませんでした。日経平均を動かす主力銘柄を買いきれなかった、という印象でした。


・24日水曜日:日経平均の主力銘柄が大幅下落となって、日経平均は484円下落。米国金利上昇→グロース株下落、という圧力に押されたようでした。バリュー系の銘柄はさほど売られませんでした。


・25日木曜日:パウエルプットでNYダウ新高値に上昇→また同じメカニズムで日経平均は496円高。バリュー系の銘柄もそこそこ買われた、という感じでした。


 大幅に下落した24日も日銀はETFを買わなかったと伝えられています。3月18~19日の日銀金融政策決定会合でどのような見直しが行われるかまだ分かりませんが、現在の日経平均3万円の水準であれば、日銀が「株式のリスクプレミアムを下げるために」株を買う必要はもうない、と結論付けても不思議はないのでしょう。


 米国金利の上昇が即株価の下落には結びついていないように思えますが、波乱の要因になっていることは確かなように見えます。

コロナショックからそろそろ丸1年になります。ここまでさしたる波乱もなく順調に株価は上昇して来たわけですが、そろそろ波乱も想定して進むべきだとなっているのかもしれません。


日銀ETF買いの出口

 日銀のETF買いは日本株の需給の悪さに対応するための株式の買い支えであった、ということは確かなのだろうと思います。

日本株は売り崩せる、と見くびられて売り屋に蹂躙されかねなかった日本の株式市場を守った、と、大げさに言えばそのように言えるのだろうと思います。


 ただ、現状を見れば需給の失調状態を日銀の買いで救うべきだ、という状況にはわが国の株式市場はない、と言っていいように思います。


 日銀のETF買いの「出口」についてはさまざまな意見が出ているようですし、これからいろいろ議論の的になるのだろうと思います。

現実的な方策があるのかどうか分からないわけですが、もし日銀保有のETFを何らかの形で国民に買い取ってもらうというやり方をするとすれば、そうとうの工夫をしないと難しいのではないかと思えます。


 これから議論が出て来るのだろうと思いますが、まずは日銀がETFテーパリングをほのめかした時日本株相場がどう反応するか?大いに注目すべきだろうと思います。


2021年2月26日

証券アナリスト

松下律