Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

要点把握と枝葉末節の断捨離

櫻井 英明

2021/04/06 06:55

Ae85a434 0528 4092 acd2 591fd4d2e3c3 castphoto11 sakurai
世界の株の時価総額は1.2京円。
1年で6割増加したとの報道。
ドルベ─スだと106兆ドル。
そのうち米国が45兆ドル。
そして世界の名目GDPは91兆ドル。
だからバフェット指標は117%。
興味深いのは「マネーは債券から株式にシフト」の解釈。
「お金ジャブジャブ」とか「第5次超産業革命」はお題目。
結局、数年前から言われていた「グレートローテ─ション」が起こっているだけのこと。
この論点が今回はないのが不思議なところです。

先月までの日経「私の履歴書」の最終回。
「AIは膨大なデータを解析し、先行きを予測できても物は作れない。
電子機器の虜になってはいけない。
人間の手を使わなければ新しいものは生まれないのだ」。
心に残る島精機会長の言葉。
そして今月は東京エレクトロンの東元社長の言葉。
「デジタル技術にどんなイメージをお持ちだろうか。
0と1。
アルゴリズムが支配するドライな世界?
私はそうば思わない。
肝は人間の心だ。
人間は他社との結びつきに学び、鍛えられ、成長する。
信念、希望、夢が生まれてこそデジタルな未来は成り立つ」。
これはマーケットも一緒でしょう。

最近市場で耳にするのは「見立て」の言葉。
見て選び定めること。
ではなく病気を診断すること。
また、その結果。
ここから転じて「こうだろうと予測すること」という理解らしい。
その他には・・・。
あるものを、それと似た別のもので示すこと。
あるいは俳諧で、あるものを他になぞらえて句をつくること
さらには見送りも「見立て」。
いつから市場関係者は医者になったのでしょうか。
あるいは茶人や俳人になったのでしょうか。
面白い風潮です。
もっとも「日本人は見立て好き」という言葉もありますが・・・。

多分に信じない方がいい相場観。
戒めとしておきたいもの。

コロコロと変わる趣旨一貫しない相場観。
上場相場は常に強気、下落相場は常に弱気の相場観。
唯我独尊で狷介な相場観。
たまたま当たれば大自慢、外れても反省しない相場観。
間違ったことを相場のせいにする相場観。
言葉やデータは豊富で言語明瞭だが結論が曖昧模糊で方向性のない相場観。
「見極める、注意・警戒」で塗りつぶされた相場観。
過去だけに言及し未来が薄い相場観。
覚悟が感じられず、逃げ道ばかりの相場観。
結局、銭ゲバチックとか欺瞞の香りがしないことが一番重要かもしれません。
逆に必要なのは・・・。
「要点把握と枝葉末節の断捨離」。
枝葉末節にこだわり逃げ道を作るから見えにくくなり要点把握が曖昧だから事の本質を見失いがち。
戦略も戦術もこれが無ければ進まない筈です。

以下は今朝の場況。

「続伸」

週明けのNY株式市場で主要3指数は続伸。
NYダウは過去最高値を1週間ぶりに更新。
NASDAQは3日続伸。
S&P500は連日の過去最高値更新となった。
ドラッグストアのウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスや小売りのウォルマート
ホームセンターのホーム・デポが上昇。
航空機のボーイングも高い。
雇用統計で非農業部門雇用者数が急回復。
ISM非製造業景況感指数は63.7と、前月の55.3から上昇。
統計開始以来の高水準を記録。
「経済指標の改善は初期段階。
新型コロナワクチン普及で4~6月期は一段の景気回復が見込める」という見方だ。
10年国債利回りは1.07%。
2年国債利回りは0.170%。
ドル円は110円台前半。
SKEW指数は139.63。
恐怖と欲望指数は58→64。

週明けのNYダウは373ドル高の33527ドルと続伸。
NASDAQは235ポイント高の13705ポイントと3日続伸。
S&P500は57ポイント高の4077ポイントと3日続伸。
ダウ輸送株指数は142ポイント高の14891ポイントと続伸。
SOX指数は2.01%高の3305ポイントと3日続伸。
VIX指数は17.91と上昇。
225先物CME円建ては大証比日中比105円高の30185円。
ドル建ては大証比日中比125円高の30205円。
ドル円は110.17円。
10年国債利回りは1.707%。
2年国債利回りは0.170%。

「3万円台固め」

週明けの日経平均は寄り付き230円高。
終値は235円高の30089円と3日続伸。
12日ぶりに3万円台回復となった。
日足は十字ながら2日連続で陽線。
3月高値時には1日、2月高値に7日滞在した3万円台だ。
TOPIXは3日続伸。
上昇率は0.71%。
東証マザーズ指数は5日続伸。
日経ジャスダック平均は続伸。
東証1部の売買代金は2兆954億円(前日2兆2403億円)。
54日連続で2兆円超。
値上がり1494銘柄(前日1313銘柄)。
値下がり624銘柄(前日783銘柄)。
新高値109銘柄(前日81銘柄)。
新安値10銘柄(前日20銘柄)。
騰落レシオは128.00(前日132.13)。
NTレシオは15.17(前日15.14倍)。
3日連続15倍台。
サイコロは7勝5敗で58.33%。
右肩上がりの25日線(29356円)からは△2.49%。
3日連続で上回った。
右肩上がりの75日線は28684円。
右肩上がりの200日線(25521円)からは△17.90%(前日△17.15%)。
右上がりの5日線(29588円)から△1.69%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲19.599%(前日▲18.619%)。
買い方▲3.286%(前日▲3.965%)。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.157%(前日▲8.768%)。
買い方▲12.218%(前日▲12.465%)。
空売り比率は38.0%(3日ぶりに40%割れ:前日38.5%)。
空売り規制なしの比率は7.2%(前日8.0%)。
日経VIは18.86と低下。
日経平均採用銘柄の予想PERは22.97倍(前日22.77倍)。
前期基準では24.29倍。
EPSは1309円(前日1311円)。
225のPBRは1.34倍。
BPSは22454円(前日22446円)。
225先物採用銘柄の益回りは4.35%(前日4.39%)。
配当利回りは1.59%。
東証1部全銘柄だと予想PERは25.09倍。
前期基準では25.41倍。
PBRは1.42倍。
ドル建て日経平均は271.83(前日270.10)。
東証1部単純平均株価は11円高の2473円。
(2020年末2341円、2019年末2327円、
2018年末2077円、2017年末2946円)。
東証1部売買単価は2235円(前日は2235円)。
東証1部時価総額は740兆円(前日は736兆円)。
26日連続で700兆円超。
週明けのシカゴ225先物終値は大証日中比105円高の30185円。
高値は30225円、安値は29985円。
225先物大証夜間取引終値は日中比170円高の30250円。
気学では「変化日にして不時の高下を見せる日」。
水曜は「吹き値売りの日。ただし安値にある時は小戻しする」。
木曜は「変化日。前場引け尻の足取りに注意肝要」。
金曜は「前場の足取りに逆行して動く日」。
ボリンジャーのプラス1σが29815円。
プラス2σが30273円。
プラス3σが30731円。
一目均衡の雲の上限は29506円。
2日連続で雲の上。
勝手雲の上限は29396円。
勝手雲は今日黒くねじれる。
RSIが51.95(前日51.03)。
RCIが62.36(前日44.51)。
「変化日」の火曜日は今年8勝4敗。

《今日のポイント4月6日》

(1)週明けのNY株式市場で主要3指数は続伸。
   NYダウは過去最高値を1週間ぶりに更新。
   S&P500は連日の過去最高値更新となった。
   10年国債利回りは1.07%。
   2年国債利回りは0.170%。
   ドル円は110円台前半。
   SKEW指数は139.63。
   恐怖と欲望指数は58→64。

(2)ダウ輸送株指数は142ポイント高の14891ポイントと続伸。
   SOX指数は2.01%高の3305ポイントと3日続伸。
   VIX指数は17.91と上昇。
   225先物CME円建ては大証比日中比105円高の30185円。

(3)東証1部の売買代金は2兆954億円(前日2兆2403億円)。
   新高値109銘柄(前日81銘柄)。
   新安値10銘柄(前日20銘柄)。
   騰落レシオは128.00(前日132.13)。
   NTレシオは15.17(前日15.14倍)。
   3日連続15倍台。
   サイコロは7勝5敗で58.33%。

(4)右肩上がりの25日線(29356円)からは△2.49%。
   3日連続で上回った。
   右肩上がりの200日線(25521円)からは△17.90%(前日△17.15%)。
   右上がりの5日線(29588円)から△1.69%。

(5)空売り比率は38.0%(3日ぶりに40%割れ:前日38.5%)。
   空売り規制なしの比率は7.2%(前日8.0%)。
   日経VIは18.86と低下。

(6)松井証券信用評価損益率速報で売り方▲19.599%(前日▲18.619%)。
   買い方▲3.286%(前日▲3.965%)。
   マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.157%(前日▲8.768%)。
   買い方▲12.218%(前日▲12.465%)。

(7)日経平均採用銘柄の予想PERは22.97倍(前日22.77倍)。
   EPSは1309円(前日1311円)。
   BPSは22454円(前日22446円)。

(8)ドル建て日経平均は271.83(前日270.10)。
   東証1部時価総額は740兆円(前日は736兆円)。

(9)ボリンジャーのプラス1σが29815円。
   プラス2σが30273円。
   プラス3σが30731円。
   一目均衡の雲の上限は29506円。
   2日連続で雲の上。
   勝手雲の上限は29396円。
   勝手雲は今日黒くねじれる。
   RSIが51.95(前日51.03)。
   RCIが62.36(前日44.51)。
   「変化日」の火曜日は今年8勝4敗。

今年の曜日別勝敗(4月5日まで)

月曜9勝4敗
火曜8勝4敗
水曜6勝7敗
木曜8勝4敗
金曜5勝8敗
(櫻井)。