Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

馴染み

櫻井 英明

2021/04/20 07:06

Ae85a434 0528 4092 acd2 591fd4d2e3c3 castphoto11 sakurai
声がかすれて先週水曜後場の実況は休場。
ご心配をおかけし大変失礼しました。
休場は2012年10月24日以来8年半ぶりのこと。
あの時は2週間の休場。
しかしその後日経平均は8900円台から3万円までの長期上昇。
まさにアベノミクススタートの直前だったことになります。
違うのは当時はコロナなど全くなかったこと。
今回は声が枯れただけで熱はなかったのですが周囲への万が一の迷惑を考えてPCR検査を受けました。
結果は陰性。
ホッとしました。
個人アノマリー的には先週のお休みが結果的に長期上昇のスタートとなればありがたいのですが・・・。

先週取材したあるアパレル企業のトップ氏の言。
「ネット通販のCMコストが着実に上がっています。
そしてどこのネット通販でも10%弱の顧客が40%の売り上げを支えている構図。
もうネット通販だけでなく、リアル店舗との融合が必要な時代になってきたようです。
当社が求めるのは行きずりのお客さんでなく、馴染みのお客さんです」。
量ではなく質への移行。
商品も顧客もそして市場もコレが求めらているようです。

以下は今朝の場況。

「揃って反落」

週明けnNY株式市場で主要3指数は揃って反落。
テスラが3.4%下落。
同社が投資しているビットコインが前週末に急落したことも悪材料。
マイクロソフト、アマゾン、エヌビディアなども軟調。
長期金利が1.6%台まで上昇。
金利上昇で割高感が意識されやすいハイテクセクターの重荷となった。
ただNYダウは一時220ドルの下落となったが引けにかけて下げ渋り123ドル安。
10年国債利回りは1.610%。
2年国債利回りは0.161%。
「債券利回りは株式市場の影響を受けている」という面白い声も聞こえる。
ビットコインは約1%安の5万5782ドル。
前日は一時14%急落し5万1541ドルまであった。
背景はビットコインのマイニング(採掘)拠点の一つとされる中国の新疆ウイグル自治区で起きた停電との観測。
ドル円は108円台前半。
SKEW指数は137.15。
恐怖と欲望指数は59→57。

週明けのNYダウは123ドル(0.36%)安の34077ドルと3日ぶりに反落。
NASDAQは137ポイント(0.98%)安の13914ポイントと3日ぶりに反落。
S&P500は22ポイント(0.53%)安の4163ポイントと3日ぶりに反落。
ダウ輸送株指数は120ポイント安の14798ポイントと続落。
SOX指数は2.52%安の3171ポイントと続落。
VIX指数は17.29と上昇。
3市場の売買高は98.6億株(前日99.9億株。過去20日平均110.2億株)。
225先物CME円建ては大証比日中比350円安の29340円。
ドル建ては大証比日中比335円安の29355円。
ドル円は108.15円。
10年国債利回りは1.610%。
2年国債利回りは0.161%。

「25日線(29539円)を守れるかどうか」

週明けの日経平均は寄り付き5円高。
終値は2円高と3日続伸。
変動幅は昨年9月1日の1円63銭安以来の小ささ。
日足はほぼ十字線ながら2日連続陰線。
TOPIXは0.22%下落と3日ぶりに反落。
東証マザーズ指数は続伸。
日経ジャスダック平均は5日続伸。
東証1部の売買代金は2兆601億円(前日2兆556億円)。
64日連続で2兆円超。
値上が1000銘柄(前日1021銘柄)。
値下がり1094銘柄(前日1051銘柄)。
新高値75銘柄(前日60柄)。
新安値26銘柄(前日25銘柄)。
騰落レシオは104.32(前日110.63)。
NTレシオは15.17倍(前日15.14倍)。
15日連続15倍台。
サイコロは8勝4敗で66.67%。
横ばいの25日線(29539円)からは△0.49%。
昨日はサポートとなり13日連続で上回った。
右肩上がりの75日線は29083円。
右肩上がりの200日線(25867円)からは△14.57%(前日△14.83%)。
右肩下がりの5日線(29676円)から△0.12%。
2日連続で上回った。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲17.711%(前日▲18.116%)。
買い方▲4.214%(前日▲4.187%)。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.747%(前日▲8.245%)。
買い方▲12.144%(前日▲12.906%)。
空売り比率は40.3%(5日ぶりに40%超:前日39.1%)。
空売り規制なしの比率は7.6%(前日7.1%)。
日経VIは18.30と上昇。
日経平均採用銘柄の予想PERは22.20倍(前日22.24倍)。
前期基準では24.27倍。
EPSは1337円(前日1334円)。
225のPBRは1.32倍。
BPSは22488円(前日22487円)。
225先物採用銘柄の益回りは4.50%(前日4.50%)。
配当利回りは1.62%。
東証1部全銘柄だと予想PERは24.22倍。
前期基準では25.44倍。
PBRは1.41倍。
東証1部単純平均株価は0円安の2455円。
(2020年末2341円、2019年末2327円、
2018年末2077円、2017年末2946円)。
東証1部売買単価は2243円(前日は2260円)。
東証1部時価総額は730兆円(前日は732兆円)。
36日連続で700兆円超。
ドル建て日経平均は273.57(前日272.25)。
週明けのシカゴ225先物終値は大証日中比350円安の29340円。
高値は29810円、安値は2910円。
225先物大証夜間取引終値は日中比380円安の29310円。
気学では「一方に偏って動く日。足取りにつくを良しとす」。
水陽は「利食い千人力、利があれば全部食うべし」。
木曜は「変化注意日。後場の波動を注視せよ」。
金曜は「逆張り方針良し」。
ボリンジャーのプラス1σが29946円。
プラス2σが30353円。
一目均衡の雲の上限は29304円。
12日連続で雲の上。
勝手雲の上限は29589円。
RSIが55.47(前日56.34)。
RCIが34.34(前日48.45)。
3月30日以来の4日続伸に期待したいところだが・・・。
今年9勝5敗の火曜日は24節季では「穀雨」。
「穀雨は雨が百穀を潤すことから名づけられたもの。
雨で潤った田畑は種まきの好期を迎える」。

《今日のポイント4月20日》

(1)週明けのNY株式市場で主要3指数は揃って反落。
   テスラが3.4%下落。
   同社が投資しているビットコインが前週末に急落したことも悪材料。
   ただNYダウは一時220ドルの下落となったが引けにかけて下げ渋り123ドル安。
   10年国債利回りは1.610%。
   2年国債利回りは0.161%。
   「債券利回りは株式市場の影響を受けている」という面白い声も聞こえる。
   ビットコインは約1%安の5万5782ドル。
   ドル円は108円台前半。
   SKEW指数は137.15。
   恐怖と欲望指数は59→57。

(2)ダウ輸送株指数は120ポイント安の14798ポイントと続落。
   SOX指数は2.52%安の3171ポイントと続落。
   VIX指数は17.29と上昇。
   3市場の売買高は98.6億株(前日99.9億株。過去20日平均110.2億株)。
   225先物CME円建ては大証比日中比350円安の29340円。

(3)東証1部の売買代金は2兆601億円(前日2兆556億円)。
   新高値75銘柄(前日60柄)。
   新安値26銘柄(前日25銘柄)。
   騰落レシオは104.32(前日110.63)。
   NTレシオは15.17倍(前日15.14倍)。
   サイコロは8勝4敗で66.67%。

(4)横ばいの25日線(29539円)からは△0.49%。
   昨日はサポートとなり13日連続で上回った。
   右肩上がりの75日線は29083円。
   右肩上がりの200日線(25867円)からは△14.57%(前日△14.83%)。
   右肩下がりの5日線(29676円)から△0.12%。
   2日連続で上回った。

(5)空売り比率は40.3%(5日ぶりに40%超:前日39.1%)。
   空売り規制なしの比率は7.6%(前日7.1%)。
   日経VIは18.30と上昇。

(6)松井証券信用評価損益率速報で売り方▲17.711%(前日▲18.116%)。
   買い方▲4.214%(前日▲4.187%)。
   マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.747%(前日▲8.245%)。
   買い方▲12.144%(前日▲12.906%)。

(7)日経平均採用銘柄の予想PERは22.20倍(前日22.24倍)。
   EPSは1337円(前日1334円)。
   BPSは22488円(前日22487円)。

(8)東証1部単純平均株価は0円安の2455円。
   ドル建て日経平均は273.57(前日272.25)。

(9)ボリンジャーのプラス1σが29946円。
   プラス2σが30353円。
   一目均衡の雲の上限は29304円。
   勝手雲の上限は29589円。
   RSIが55.47(前日56.34)。
   RCIが34.34(前日48.45)。
   3月30日以来の4日続伸に期待。
   今年9勝5敗の火曜日は24節季では「穀雨」。
   「穀雨は雨が百穀を潤すことから名づけられたもの。
   雨で潤った田畑は種まきの好期を迎える」。

今年の曜日別勝敗(4月19日まで)

月曜10勝5敗
火曜9勝5敗
水曜7勝8敗
木曜10勝4敗
金曜7勝8敗
(櫻井)