Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

朝ドラ

小川 真由美

2021/04/24 13:00

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
辛い、実に辛い。

こんな思いをしてまで・・・と思っていることが最近ひとつ。


仕事や日常会話のどこかで役に立つかもと、楽しみながら続けている習慣があります。


①朝ドラ

②大河ドラマ

③日経新聞「私の履歴書」

④③の下の連載小説


これらを見ること&読み続けること。

いずれも所々ですが、


②大河ドラマは、

土地や出演者にご縁があったり、興味がある作品を中心に

『利家とまつ』以降、『功名が辻』『龍馬伝』『八重の桜』『真田丸』などに夢中になり、

3作前の『西郷どん』以降は全話コンプリート。


③の「私の履歴書」はここ最近、活舌練習をかねて毎朝音読しています。

これまでで記憶に強く残っているのは、

扇千景さん

電通 成田豊さん

ユニ・チャーム 高原慶一朗さん

ニトリ 似鳥昭雄さん

王貞治さん

OLC 加賀美俊夫さん  などなど


④は

人前で新聞を裏に返して読むのが恥ずかしかった、

けどドキドキした

『愛の流刑地』渡辺淳一 以降


『望郷の道』北方健三 がここまでのマイベストで、


あれあれっ!?調べていて驚きました。

現在指折り大好きな作家、諸田玲子さんが朝刊の連載小説を書いてい・・・ましたっけ?

『波止場浪漫』うぅ、どんな話だっけ。


『ミチクサ先生』も再開が嬉しく、

夏目金之助先生の徒然なる日々を楽しく読んでいます。


さて、①です。

朝の連ドラは、ここしばらく欠かさず見ています。

きっかけは『あまちゃん』

タイトルを思い出すだけで頭の中を音楽が流れるほど

大好きな作品でした。


以降、

途中で興味が離れそうになった作品もありましたが、

もしかしてこの先面白くなるかもしれない、

さらには「あの作品はイマイチだったね」(失礼)

という会話も含めてそのうちネタになるかもしれない、

と欠かさずに見続けているのですが・・・


『おちょやん』

辛い。いま、実に辛い。

一時はトータス松本さん演じる、あまりにひどい父親・テルオに腹が立ち、

毎朝イライラするくらいならいっそ見るのをやめてしまおうかと思いつつ、

結局お父ちゃんも最期はなんだか心温まる展開に。


と思ったら、

今度は主人公の千代ちゃんがとっても可哀そうで可哀そうで。

NHKの朝ドラは基本的に実在のモデルを基に作られたフィクションと聞いたことがあり、

そしたらきっとこんな辛い流れも実際に起きた出来事で

避けては通れないのだろう・・・

とは思うのですが、

毎朝毎朝(正確には録画で見ているので毎昼だったり毎晩だったりしますが)

とても胸が痛くなります。

だったら見なきゃいいのにね(笑)


朝ドラ仲間の某キャスターは、

「朝から暗い気持ちになりたくないから今回はスパッとやめた」

今回も含め何度かそんな話を聞いています。

私もそんな勇気が欲しい。


この後は明るい展開が待っているのかしら、そうよね、そうじゃなきゃ救われない。

だったら今ここでやめるのは・・・

ああ、どうしよう、それにしても辛い。


なんて言いながら、結局は見続けるんだろうな、わたし。

どうですか、皆さん。