Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

さかなやさん

小川 真由美

2021/06/06 11:30

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
釣り愛好家の友人が大阪に赴任になりました。
休みの度に東京湾に釣りに行って魚を捌いては家族に振舞うのが趣味。
私も一度ご馳走になりましたが、魚の扱いは素人の域をはるかに超えていました。
東京を去る前、
「さらば東京湾・・・」
なんて涙ながらにSNSに綴っていましたが、
今や「明石の鯛、最高!!」などと綴っています。
海は繋がっていますね。
釣り人魂、天晴れ!

これまた別の食道楽の友人が私にとてつもない娯楽スポットを教えてくれました。
さかなやさん。
とある都心のスーパーなのですが、
鮮魚コーナーが素晴らしい。
かつてあったような街の魚屋さんのような雰囲気で活気に満ちていて、
発泡スチロールに鯵や鯖などが氷詰めにされていたり、
活きたままの車海老や殻付きの雲丹、
魚図鑑でしか見たことがないような魚が並ぶ日もあります。

魚料理は勉強中ですが、
“丸のまま”の魚や切り身のパックに
「煮物」「焼き物」「刺身用」「揚げ物」などと書いてある美味しい食べ方を参考にしたり、
売り場のおじさんを捕まえて質問攻めにしたり。
難しそうな魚はお願いすれば加工してくれますし、
売り場の端っこの方の“お宝コーナー”には
魚卵や肝、アラなどお手頃価格の美味珍味が並ぶこともあります。
悩みに悩んで2種類か3種類の魚を選び、手順を頭の中で整理しながら家路につきます。

最近美味しかったのは
刺身用鯛の昆布締め、
ウマヅラハギの肝醤油、
鰈の中華風蒸し、
これまた子持ち鰈の煮魚など。

YouTubeの魚をおろす動画など見ながら楽しんで料理して魚生活を満喫しています。

自粛生活が長引いて大分いろいろなことが出来るようになってきましたが、
プロのお料理も恋しい。
自転車で通りかかった近所の小料理屋の板さんと手を振り合ったとき、
元気そうで安心しました。
緊急事態宣言が明けたら顔出してみようかな。