Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

アシックス 五輪パラ体験施設に行ってみた

小川 真由美

2021/07/11 17:50

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
開幕まで秒読みとなった東京五輪・パラリンピック。

体制が一向に固まらず、応援する方の気持ちもなかなか付いて行かないままですが、

せっかくなら全力で楽しみたい。

ラジオで五輪関連の番組も担当させて頂くので

公式ガイドや五輪本を揃えて研究を始めました。


先週金曜日、東京五輪・パラリンピックゴールドパートナーであるアシックス(7936)が

東京原宿に限定体験型施設「ASICS EXPERIENCE TOKYO」をオープン。

早速足を運んでみました。


1階と2階に分かれたフロアのうち1階が五輪パラの日本選手団応援プロジェクト「TEAM RED」を体験できるフロア。

実はここを訪れるまで恥ずかしながら日本代表のユニフォームさえ知らなかったのですが、

「サンライズレッド」という朝日が昇る力強さをイメージしたという、赤一色。


”サステナビリティ”への取り組みとして、

全国から回収したスポーツウエアを再生した糸から作られたという公式ユニフォームや靴などが展示され、

また”体験型”として、卓球の石川佳純選手とバーチャルラリーができるコーナーがあったり、


陸上の桐生選手のトップスピードにおける一歩(2.36m!)のパネルや、


バレーボール西田有志選手のジャンプの最高到達点(3.51m!)のパネルなど、

代表選手たちの超人ぶりを目の当たりにできる展示もあります。


2階はアシックスの企業としての未来に向けての取り組みなどを体験型で展示しており、

ランニングや歩行、足形などのコンピューター分析など最新の技術を体験できます。

試しに歩行計測をしてもらったところ、

今週はストボとラジオと収録とよく働いたぞー

という金曜前場終わりの疲れ果てたワタシ、

「歩行年齢53歳」という悲しい結果が出てしまいました。

腸腰筋の筋力トレーニングをした方がいいそうです。

はい頑張ります(涙)


密を避ける工夫として、入場にあたっては会員登録が必要で、

入退場をQRコードで管理。今フロアに何パーセントの客がいるのか把握されています。

9月8日までの限定施設。

五輪パラだけでなく、アシックスの企業としての取り組みを学べるいい施設でした。

ご興味ありましたら。