Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

一路

櫻井 英明

2021/08/31 07:23

Ae85a434 0528 4092 acd2 591fd4d2e3c3 castphoto11 sakurai
いつも脳裏に浮かぶのは8月28日。
ドイツの文豪ゲーテの誕生日(1749年)。
「どんな方法で世界を知ろうと、明と暗の両面があるという事実は変わらない」というのは彼の名言。
「神は、移ろいやすいものだけを美しくした」。
「大切なことは、大志を抱き、それをなし遂げる技能と忍耐をもつことである。
その他はいずれも重要ではない」。
「私は常に敵の功績に注意を払い、それによって利益を得た」。
「何かを理解しようと思ったら、遠くを探すな」。
ゲーテが株式投資のメンタル育成に役立つと考えたことはありません。
もっとも相場は「疾風怒濤」。
ゲーテの言はふさわしかも知れません。
名作「ファウスト」の「もっと光を!」よりもわかりやすく感じます。

そして9月3日はドラえもんの誕生日。
2112年9月3日。
トーキョーマツシバロボット工場で製造されたという設定。
黄色の子守用ネコ型ロボットを生産していましたがそこでトラブルが発生。
ネジが一本外れた一体ができてしまいました。
人間に近い個体ができてしまう場合も不良品扱いとされドラえもんは不良品と判断されたという設定。
型番R−01。
特価200000円。
この20万円というのが最近のロボットの価格と似ているのが興味深いところです。

★月末安の歴史(11カ月連続安)

 7月末498円安(→497円高)
 6月末21円安(→84円安)
 5月末289円安(→45円安)
 4月末241円安(→518円高)
 3月末253円安(→210円高)
 2月末1202円安(→697円高)
 1月末534円安(→427円高)
12月末123円安(→185円安)
11月末211円安(→353円高)
10月末354円安(→318円高)
 9月末353円安(→売買停止)
 8月末257円高(→1円安)
 7月末629円安(→485円高)
 6月末293円高(→166円安)

★8月SQ値は28093円。
8月月足陽線基準27781円。
6か月連続月足陰線の分水嶺。

★2021年3月月中平均29315.26円
 トピ1945.84ポイント

相場観測で最悪なのがトレンド追随型相場観。
上げれば強気、下がれば弱気。
弱気の権化のような頑固さも相場の上昇が5日も続くと「やっぱり株」。
この遅効性が実は相場の邪魔者。
他人のトレンド追随ではなく、素人でも個人独特の逆張りの方に軍配が上がるような気がします。
所詮、どんなに立派なコメントでも、間違った時に面倒を見てくれる訳ではありません。
だから邪魔なだけ。
必要なのは「方向性・時間軸・タイミング」への個々人の自分の洞察。
「独行其道」、「積水成淵、 積土成山」。
そして「真実一路」でしょうか。

以下は今朝の場況。

「恐怖と欲望指数は50→57」

週明けのNY株式市場で主要3指数はマチマチの動き。
NYダウは反落。
NASDAQとS&P500は小幅続伸。
終値べースでの最高値を更新。
S&Pは過去5営業日中4営業日、NASDAQは6営業日中5営業日に終値での最高値を更新。
アップルが3%上昇、過去最高値を更新。
マイクロソフト、アマゾン、アルファベットが上昇。
S&Pは月間ベースの連騰が2018年以来最長。
長期金利の低下を受けて金融セクタが売られたことからNYダウは一服。
7月の中古住宅販売仮契約指数は前月比1.8%低下し110.7。
低下は2カ月連続。
市場予想は0.4%上昇だった。
前年同月比では8.5%低下。
10年国債利回りは1.27%まで低下する場面があった。
10年国債利回りは1.280%。
2年国債利回りは0.203%。
次のターゲットは雇用統計。
発表後はレイバーデーの3連休み。
ドル円は109円台後半。
WTI原油先物は0.47ドル(0.6%)高の69.21ドル。
SKEW指数は157.25→162.43→157.99。
恐怖と欲望指数は50→57。

週明けのNYダウは55ドル(0.16%)安の35399ドルと反落。
NASDAQは136ポイント(0.90%)高の15265ポイントと続伸。
高値は15288ポイント。
S&P500は19ポイント(0.43%)高の4528ポイントと続伸。
高値は4537ポイント。
ダウ輸送株指数は69ポイント安の14836ポイントと反落。
SOX指数は0.29%高の3446ポイントと続伸。
VIX指数は16.19と低下。
合算売買高は87.7億株(前日86.7億株、過去20日平均は89.5億株)。
225先物CME円建ては大証比日中比45円安の27695円。
ドル建ては大証比日中比45円安の27695円。
ドル円は109.92円。
10年国債利回りは1.280%。
2年国債利回りは0.203%。

「月末安は11か月連続」

週明けの日経平均は寄り付き226円高。
終値は148円高の27789円と反発。
一時27900円台もあったが上値は重かった。
上昇率は0.54%。
日足は2日ぶりに陰線。
TOPIXは1.11%上昇で反発。
東証マザーズ指数は2.02%上昇で反発。
日経ジャスダック平均は0.82%上昇で反発。
東証1部の売買代金は2兆4575億円(前日2兆1135億円)。
23日連続で2兆円超。
値上がり1853銘柄(前日880銘柄)。
値下がり2795銘柄(前日1175銘柄)。
新高値78銘柄(前日31銘柄)。
新安値9銘柄(前日30銘柄)。
騰落レシオは104.70(前日103.99)。
NTレシオは14.25倍(前日14.33倍)。
60日連続で14倍台。
サイコロは5勝7敗で41.67%。
右肩上がりの25日線(27676円)からは△0.41%(前日▲0.09%)。
2日ぶりに上回った。
右肩下がりの75日線は28279円。
41日連続で下回った。
右肩上がりの200日線(28241円)からは▲1.60%(前日▲2.05%)。
12日連続で下回った。
右肩上がりの5日線(27725円)から△0.23%。
2日ぶりに上回った。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲15.037%(前日▲13.769%)。
買い方▲8.513%  (前日▲9.611%)。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方 ▲9.539%(前日▲9.245%)。
買い方▲19.745% (前日▲21.379%)。
空売り比率は44.8%(31日連続で40%超:前日43.6%)。
空売り規制なしの比率は6.4%(前日9.9%)。
微かな救い。
日経VIは18.02(前日18.46)。
日経平均採用銘柄の予想PERは13.02倍(前日12.91倍)。
11日ぶりに13倍台。
前期基準では17.79倍。
EPSは2134円(前日2141円)。
225のPBRは1.19倍。
BPSは23352円(前日23424円)
日経平均の益回りは7.68%。
10年国債利回りは0.015%。
東証1部全銘柄だと予想PERは15.38倍。
前期基準では20.89倍。
PBRは1.29倍。
東証1部単純平均株価は30円高の2443円。
東証1部売買単価は2415円(前日は2330円)。
東証1部時価総額は723兆円(前日は716兆円)。
6日連続で700兆円台。
ドル建て日経平均は253.18(前日251.31)。
週明けのシカゴ225先物終値は大証日中比45円安の27695円。
高値は27920円、安値は27645円。
225先物大証夜間取引終値は日中比50円安の27690円。
気学では「押し目買いの日」。
水曜は「相場の分岐を司る重要日」。
木曜は「前日来一方に片寄って動く日」。
金曜は「買い方針堅持」。
ボリンジャーのプラス1σが27919円。
プラス2σが28163円。
マイナス1σが27432円。
マイナス2σが27169円。
一目均衡の雲の上限が28405円。
下限が28236円。
31日連続で雲の下。
勝手雲の上限は27776円。
下限が27702円。
11日ぶりに上回った。
勝手雲は黒くねじれた。
RSIが48.07(前日46.39)。
RCIが51.65(前日36.54)。
月足陽線基準は27781円。
月足は5カ月連続陰線。
前月末プラス基準は27263円。
月末は11カ月連続で下落中。
「月末安」のアノマリーの11カ月下落に対して、月初は7勝3敗1売買停止。

《今日のポイント8月31日》

(1)週明けのNY株式市場で主要3指数はマチマチの動き。
   NYダウは反落。
   NASDAQとS&P500は小幅続伸。
   10年国債利回りは1.280%。
   2年国債利回りは0.203%。
   ドル円は109円台後半。
   WTI原油先物は0.47ドル(0.6%)高の69.21ドル。
   SKEW指数は157.25→162.43→157.99。
   恐怖と欲望指数は50→57。

(2)ダウ輸送株指数は69ポイント安の14836ポイントと反落。
   SOX指数は0.29%高の3446ポイントと続伸。
   VIX指数は16.19と低下。
   合算売買高は87.7億株(前日86.7億株、過去20日平均は89.5億株)。
   225先物CME円建ては大証比日中比45円安の27695円。

(3)東証1部の売買代金は2兆4575億円(前日2兆1135億円)。
   新高値78銘柄(前日31銘柄)。
   新安値9銘柄(前日30銘柄)。
   騰落レシオは104.70(前日103.99)。
   NTレシオは14.25倍(前日14.33倍)。
   サイコロは5勝7敗で41.67%。

(4)右肩上がりの25日線(27676円)からは△0.41%(前日▲0.09%)。
   2日ぶりに上回った。
   右肩下がりの75日線は28279円。
   41日連続で下回った。
   右肩上がりの200日線(28241円)からは▲1.60%(前日▲2.05%)。
   12日連続で下回った。
   右肩上がりの5日線(27725円)から△0.23%。
   2日ぶりに上回った。

(5)松井証券信用評価損益率速報で売り方▲15.037%(前日▲13.769%)。
   買い方▲8.513%  (前日▲9.611%)。
   マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方 ▲9.539%(前日▲9.245%)。
   買い方▲19.745% (前日▲21.379%)。

(6)空売り比率は44.8%(31日連続で40%超:前日43.6%)。
   空売り規制なしの比率は6.4%(前日9.9%)。
   微かな救い。
   日経VIは18.02(前日18.46)。

(7)日経平均採用銘柄の予想PERは13.02倍(前日12.91倍)。
   EPSは2134円(前日2141円)。
   BPSは23352円(前日23424円)
   日経平均の益回りは7.68%。

(8)東証1部時価総額は723兆円(前日は716兆円)。
   ドル建て日経平均は253.18(前日251.31)。

(9)ボリンジャーのプラス1σが27919円。
   プラス2σが28163円。
   マイナス1σが27432円。
   マイナス2σが27169円。
   一目均衡の雲の上限が28405円。
   下限が28236円。
   31日連続で雲の下。
   勝手雲の上限は27776円。
   下限が27702円。
   11日ぶりに上回った。
   勝手雲は黒くねじれた。
   RSIが48.07(前日46.39)。
   RCIが51.65(前日36.54)。
   月足陽線基準は27781円。
   月足は5カ月連続陰線。
   前月末プラス基準は27263円。
   月末は11カ月連続で下落中。
   「月末安」のアノマリーの11カ月下落に対して、月初は7勝3敗1売買停止。


今年の曜日別勝敗(8月30日まで)

月曜20勝13敗
火曜18勝14敗
水曜13勝21敗
木曜19勝12敗
金曜14勝19敗
(櫻井)。