Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

お弁当お弁当うれしいな

小川 真由美

2021/09/24 15:06

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
放送業界の習いで、テレビ&ラジオ界は“ナイターイン編成”が今週で終了。
来週からは“ナイターオフ編成”に切り替わります。

ラジオのナイター中継の私の担当も今週で終了。
必死で野球の勉強を始めてから5年目のシーズンは、
応援チームのけが人続出から始まってなかなか思うような結果が出ておらず、
苦しい時期を過ごしてきました。

ウキウキワクワク臨んでいた中継も、
負けがかさんでくるとどうやって盛り上げていこうか、
なんとか前向きな情報を探しては伝えてきました。

中継に臨む前、必ず食べて活力にしていたのがお弁当です。
中継後の帰宅は22時を超えるため、
翌日のストボ後場や前場のことを考えると夕食は17時に済ませるのが常でした。
自分で作ってもお弁当ってなんだか嬉しくて
好きなものばかり詰められる『大人弁当』なのでなおさら。
仕事の準備の合間に作るので、
ご飯を炊いて作り置きのおかずを詰めるぐらいしかできませんでしたが
お弁当ぐらいでしか食べる機会のない卵焼きの練習をしてみたり、
懐かしの海苔弁を作ってみたり、
色々楽しんで半年間作り続けました。

どうしても起きられない日、
創作意欲が沸かない日、
1人分を週に2回だけでも面倒に感じる日があったのに、
母は、父と子供3人分のお弁当を何十年にも渡ってよく作り続けてくれたな・・・
改めて感謝しました。
お弁当箱を出すのを忘れてよく怒られたし、
父なんて何日か連続で職場にお弁当箱を忘れてきたペナルティで、
私のピンクのウサギちゃんのお弁当箱を持たされていたのを見て
お母さん、やるなぁと思った記憶があります。
育ち盛りの頃はかなりの大きなお弁当箱に詰めてくれていましたし、
好き嫌いの多かった私には色々苦労したでしょう。
遠足の日は手焼きのパンだったり、
サンドイッチやお砂糖を入れた温かい紅茶の水筒を持たせてくれたり、
母のお弁当は、すべて手作りの、思えば美味しいお弁当でした。
箸を持ってやってくる同級生によく狙われたっけ。
なのに、
茶色いおかずばっかり!
煮物ばっかりじゃなくて、たまには冷凍食品のフライでも入れてくれなんて
罰当たりな発言をした記憶もあります。
ごめん。

おそらく父も私たちも毎日のお弁当を当たり前と思って
ろくにありがとうも言わなかった気がします。
東京ガスのCMのように、改めてお弁当ありがとうって言ってみようかな。


さて、野球の方は、我がチーム残り25試合。
まだまだ諦めていませんので、
ナイター中継が終わっても引き続き応援を続けますよ。