Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

岸田ショック

松下 律

2021/10/08 08:20

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita

今日はミニSQ

 日経平均は、8月20日のザラ場安値26954円から9月14日には30795円の今年最高値まで駆け上がったのですが、その後反落に転じて27日から何と8日続落、今週だけでも2千円近い下落となってしまいました。


 昨日はようやく反発に転じましたが、1か月半の間に3千円近く急騰して、その後ほぼ同じ幅で下落という有様で、この間上げのピッチも下げのピッチも速かったというのが目を引くところでしょう。


 急落局面が岸田新総裁、新総理の就任時と重なったことから、岸田ショックなどという言われ方もしているようです。岸田氏にとっては気の毒な相場でした。


 岸田新総理は、金融課税の強化とか、分配重視・新しい資本主義などと言っていますし、新しい財務大臣は財政規律といったことも発言しているようです。株式市場がいかにも懸念しそうな発言ですから、今回の下げが岸田ショックと呼ばれても文句は言えないかもしれません。


 しかし3千円上がった後に3千円下がったのを岸田ショックと言われてもなあ、という感じでしょうね。岸田内閣の発足時の支持率はあまり高くありませんでしたし、これからいろいろ前途多難なのでしょう、きっと。


 ただ、岸田内閣は経済政策においてミクロ重視の実務的政策を遂行していくのではないかという予感もします。そうであれば、特に日本経済と株価に悲観的にならなくても、という感覚にこれからなっていく可能性もありそうな感じがします。


 今日は10月のミニSQ日で、SQの値がどうなるか、SQ後の相場の動きは?と注目しているのですが、振り返れば9月のSQに向けては日経平均が3千円幅の上昇、10月のSQに向けては3千円幅の下落ということで、買い方大勝利+売り方惨敗、の後に売り方大勝利+買い方惨敗、という相場だった、ということになります。


 何やら日経平均の何らかのポジションの偏りを突いて投機筋が思うさま仕掛けて、どうも一部の投機筋が成功してしまった、という感じも持ちます。日経平均が先物を使って投機的に動かされているようだ、というのもこれまでも多く指摘されて来たわけですが、今回もそういうことだったのかな、という印象を持ちました。


少し長期の振り返り

 私が金曜日後場のキャスターを務めるようになって早いものでもう丸6年が経過しました。6年の間に指数がどんな動きをしたのか、いくつか拾ってみたいと思います。(区切りをよくするために、2015年末の数値と昨日の数値を比べてみます。)


・日経500     1633ポイント ⇒ 2717ポイント  +66%


・日経平均     19033円 ⇒ 27678円       +45%


・ジャスダック平均 2647ポイント ⇒ 3935ポイント  +49%


・マザーズ指数   887ポイント ⇒ 1084ポイント   +22%


・DJIA       17425ドル ⇒ 34416ドル     +98%


・ナスダック指数  5007ポイント ⇒ 14501ポイント  +190%


・円ドル相場    120.5円 ⇒ 111.47円       +7.5%円高


 日経500はすでに史上最高値を更新していますから、この間日本株も成長株を見れば大きな上昇を示したと言えるのでしょう。(東京エレクトロンのようなイメージです。)


 日経平均は45%の上昇ですから、やや指数が上の方に位置を変えたかな、といった程度の上昇で、上昇よりもその時々の変動の大きさの方が目立ったように思います。


 米国株はこの期間で見れば文句なしの上昇、と言えるでしょう。特にナスダック指数の上昇率は圧倒的で、GAFA、半導体関連株などがバブル相場に突き進んでいるだけのことはあります。


 2020年春にはコロナショックがあったのですが、6年を通して大きな変動を見せながら、日本株はまあまあの上昇、米国株は大きく上昇した、といったところでしょうか。今後を見ますと、米国のややバブル気味のIT系、半導体系の株価の沈静と、まだ続く金余りの相場でどんな銘柄が大きな上昇を見せるか?楽しみなところです。


2021年10月8日

証券アナリスト

松下律