Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

ぎっくり腰

小川 真由美

2021/11/19 11:40

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
今週、英国からも「エリザベス女王、ぎっくり腰で公務欠席」というニュースが入ってきましたが、
『平成の怪物』松坂投手が引退登板をした日、
私もひっそりデビューしてしまいました。

何のことはない、携帯のコンセントを差そうとかがんだ瞬間の出来事です。
話に聞いてはいましたが、本当に”ぐぎっ”て音がするんですね。
これまでに腰を患った経験がなかったため
おおホントだ!なんて面白がっていたんです。最初は。

多少の痛み以外、それほど支障を感じなかったため
電車に揺られて所沢のメットライフドームへ。
寒さ対策万全で観戦した後、
ふたたび電車に揺られて帰宅。
痛みが本格化したのは就寝中でした。

いだっ!!
無意識に寝返りを打ったのでしょう、痛みで目が覚めました。
いでででで・・・
寝返りが打てない。
眠れない。
これがぎっくり腰なのか。
朝になっても起き上がるのが大変、
顔を洗うのにかがめない、
さあ困った。
何とか身支度して臨んだ水曜後場。
”ぎっくり腰の先輩”スタッフから丁寧な日常生活の注意事項など教わり、
翌日の仕事終わりでようやく整形外科を受診できました。

待合室で名前を呼ばれて立ちあがるのに逡巡した私を見た看護師さん
「ゆっくりでいいですよ。歩けますか?
座ると痛いでしょ、診察は立ったままでいいですよ。
寒くなって一気に増えてるんですよ。」
優しく理解のある言葉に涙が出そうに。

レントゲンや診察の結果、
正式病名はなんて言ったっけな、
「・・・いわゆる”ぎっくり腰”です。40を過ぎると早かれ少なかれね。
僕のデビューも42歳でした」
なんだろう、人の優しい言葉がやけに身に染みる。

電気治療と鍼治療で何とか治った人生初ぎっくりでしたが
こんなにつらい症状なのに、なんでちょっと笑ってしまうネーミングなのか。
いやでもホントに”ぎっくり”って音がするしな。
患った友人たちがへっぴり腰で歩く姿に
そこはかとないおかしさを感じていた自分も深く深く反省しましたよ。

一歩一歩足を前に出すことに冷や冷や。
スローモーションでしか歩けなかった時期、
周りを勢いよく歩く人がぶつかるのが何より恐ろしかった。
これまで、歩くのは比較的速足で、
前にゆっくり歩く人がいると抜かしたくなっていましたが、
人にはそれぞれ事情があるものだと、これまた反省しました。

重いものを持つとき、
くしゃみをするとき、
一度患ってみると、腰を労わるようになっている自分に気づきます。
患ったことがある方も、まだの方も、
くれぐれもご注意くださいませ。