Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

ボヘラ

西谷 祐紀子

2018/12/05 12:00

306ed5c9 7f04 4732 882e 5585a252669a castphoto23 nishiya2

話題の映画、『ボヘミアン・ラプソディ』を観ました。

ロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記映画です。


先月、『日日是好日』を観た際に、看板や予告映像を見た時には、「これはクイーンのファンやその時代の音楽好きをターゲットにしたコアな映画かな」くらいに思っていました。


ところが、公開後興行収入が右肩上がりに上がり続ける大ヒット!すでに観劇した友人からのアドバイスは「絶対に、音のいい映画館で観た方がいいよ!」とのこと。

六本木ヒルズの映画館でプラス200円の 「ドルビーアトモス」というより臨場感溢れる音を体験できるシアターで観劇致しました。


こちらの映画館には、上映料金プラス1000円や、プラス3000円という特別シートもありました。この映画ならではか、50代くらいのカップルやご夫妻などが利用されているのを見かけ、「プラス3000円シートなら、映画で二人で10000円かかってる…」なんて下世話な計算をしてしまいました^_^ちなみに満席でした!


さて、映画ですが、内容については、いわゆる「ネタバレ」になりかねないので、あまり書かずにおきますが、私は観て良かった!

クイーンについて、名前や曲は知ってる程度の初心者の私にも、映画として純粋に面白く、ラストのライブエイドのシーンは「いい音シアター」を選んだ甲斐あって、思わず身体が動いてしまうようなグルーヴを感じ、バンドとしてのクイーンも楽しめます。


フレディ・マーキュリーのバックボーン、人間性、取り巻く人びと、セクシャリティの問題…

テンポ良く説明的すぎずにストーリーが進みますが、上映後には45歳という若さでこの世を去ったフレディの人生に改めて思いを馳せ、切ない気持ちになりました。


クイーンのメンバー役が、本物ととても似ているところも話題です。歌は役者さんが歌っているのか、フレディの声の合成なのかも気になりますが、それも最新技術が使われているようです。興味のある方は調べてみてくださいね。


新宿や京都では「爆音映画祭」での上映も予定されているそうですので、より大音量で楽しみたい方はこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。