Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

隊長! 踊る阿呆をひとり、見つけました!

鈴木 一之

2019/08/07 07:47

Bcd2f30a fc9e 4974 9ff5 5f234b005b96 castphoto13 suzuki
8月に入って連日の猛暑です。梅雨が長引いて7月までは低温、日照不足を嘆いていたのが信じられないほど、頭上にはいつもの夏空が広がっています。

東京オリンピック・パラリンピックまであと1年を切りました。来年の今ごろは日本中が世界各国からの観光客でごったがえしていることでしょう。繁華街の夜などは選手や大会役員、観光客を交えて連日のように大騒ぎになっているかもしれません。選手よりも観光客の人々の暑さ対策は大丈夫なのか、老婆心ながら心配してしまいます。

すでに東京のホテルは大会期間中の予約は満杯だそうで、かなりの高額を覚悟しないと今からでは手配できないとか。自動車はオリンピック専用車線を設けることになるのでいいのですが、各会場に向かう電車やバスは一部路線でパニックになることは避けられないということです。

都心部に本社のある大企業は、2週間の大会期間に合わせて社員に夏休みを取得することを推奨することになるようで、テレワークよりもその方が混雑緩和には効果的だとか。プラス、マイナスどちらの面でも商売に影響の出るお店が出てくることになります。

オリンピックに先駆けて、ラグビーW杯が今年9月より開催されます。この日曜日にトップリーグの準決勝2試合が横浜と大阪で行われましたが、ラグビー人気の高まりもあって横浜のニッパツ三ツ沢球技場はかなりの混雑でした。

W杯開催に力を入れている自治体は、アンバサダーが訪れて出場国の国歌を覚えて歌ったり、すでにあちらこちらで静かに盛り上がりを見せています。今月末ごろからは出場国の代表チームが来日するので、また盛り上がってくることでしょう。

少子高齢化が世界最速のペースで進む日本では、国家財政の面でも年金や介護保険の面でも、本当にたいへんなのは「東京五輪が終わった後」と言われています。でも前もってわかっていることであれば何かしらの準備もできます。世紀の祭典に浮かれてばかりもいられませんが、同じ阿呆なら踊らにゃソンソン。できることはできるだけやってみて、あとは阿呆と言われるほど楽観的に生きたいものです。
(スズカズ)