Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

エピグラム

櫻井 英明

2019/08/20 07:23

Ae85a434 0528 4092 acd2 591fd4d2e3c3 castphoto11 sakurai
先週木曜のNYの急落。
長短金利の逆転は作為的に演出することも不可能ではないかも知れません。
しかし感じたのはトランプ大統領が相場を弄んでいるうちに市場に翻弄されてしまったという格好。
「市場は神聖不可侵。弄んではいけない」というのは古来からの教訓。
一方日経平均は25日線からの5%マイナスかい離の20207円は下回らず。
PBRの1倍割れ20053円も下回らず。
「NYが下げているから敢えて東京でヘッジする理由もなくなった」という声も聞こえました。
「先行したヘッジ売りの買い戻し」の市場展開だったのかも知れません。
だからNYの上昇ほど東京は上がらず、NYの下落ほど東京が下がらないとも考えられます。

株価というものは上がりたいリズムの時はどんな材料でも上がるもの。
将棋の名人に挑戦者が勝っただけでも買い材料になることがあるでしょう。
下がりたいリズムの時はどんな材料でも下がるもの。
スーパーボウルでAFCチームが負けた程度でも悪材料になるということ。
つまり、表面の材料は傀儡に過ぎないということ。
それをアレコレ詮索することの空虚さというのも感じなければいけません。


「金利が下がると株価は上がる。
金利が上がると株価は下がる」。
何度も聞き尽くした学説。
しかし今のNYで起きていることはどちらかといえば「金利が上がると株価が上がる」。
そして東京でも起きていることは「金利が下がると株価が軟調」。
学説とは全く逆のことが起きてるようです。
時間軸が短期だからなのでしょうか。
逆に長期時間軸にすれば学説どおりになるのかは不明です。
しかし、金利と株価の関係が今は学説とは異なっていることは事実です。
ちょっと前までは「市場はFRBの利下げ期待」で動いていました。
そしてまだ年内の利下げ期待。
ひょっとすると、短期筋にとって長期金利なんてものは関係ないのかも知れません。
刹那的トレンドだけを捉えた売買での相場観は今日と明日で異なって同様。
あるいは、今株を買った人はその瞬間に弱気になるという傾向もあります。
そんな世界と付きあうとこちらの時間軸も短くなりがち。
もちろん、今日儲かること、明日儲かることは重要。
しかし、その瞬間的相場観で勝ち続けるのは難しいはず。
付和雷同してはいけないというのが戒めです。

結局トランプ氏が求めているのはFRBの低金利政策によるドル安人民元高。
そう考えると、学説もへったくれもありません。
6月末時点の米株の時価総額は約36兆ドル。
08年8月末からは2倍。
世界全体が7割増に対して米国が突出している背景は自社株買い。
08年10月から19年3月までの米主要企業による自社株買いは累計約5兆ドル、。
時価総額増加分の約2割です。
中央銀行の国債買いと企業の自社株買いの合計は約14兆ドルと巨大な数字。
ROEを高めるために自社株買いを行っているのだとしたら、成長機会をROEに転嫁した格好。
成長を捨て財務指標をお化粧しているに過ぎません。
企業は財務指標をきれいにするために上場しているわけではないでしょう。
資金調達をして長期安定資本の調達をして成長に結実させるために上場しているもの。
本末転倒でもあります。

所謂大衆の心理を読むのに盆暮れの高速渋滞予想を自分でしてみるのも役立ちそうです。
今回のお盆は8月10日→18日で最大9連休。
下りは9日の午前中から込み始めました。
そして16日は台風の影響もあり上下線ともほぼ渋滞なし。
それでも18日の日曜まで下りの渋滞は続いきました。
そして上りの渋滞は16日と17日は比較的軽微でしたが18日に大きく渋滞。
巷の予想は「大型連休なので最終日には混まないだろう」でしたが結果はハズレ。
「最終日は空くだろうから最終日に帰ろう」と人の裏をかいたつもりが、皆裏を読んでいたという結果。
この読みは、市場心理の鍛錬に役立ちそうです。

40万部超のベストセラー「図書館の魔女」(高田大介著、講談社)を読んでいて妙に脳裏に残った一節。
「どんな手段に依るにせよ言葉たるものは必ず時の運行に従う。
言葉は一方通行で不可逆」。
読んだ瞬間に頁の残像とデフォルメされた活字が体内を電流のように駆け抜け脳髄に刻まれました。
特に「不可逆性」という言葉の意味するものは「株価も一緒だ」。
上か下かは別にして、株価はただ一方向へ進むもの。
罫線にすれば時間軸とともに左から右への方向です。
水準そのものは高値や安値に近づくことがあるかも知れません。
しかし、それは元の水準とは違うもの。
同じ株価を再現しても、それは時間の進行とともに現れる新たな材料を消化したものに他なりません。
そして、日夜材料が湧いてくる以上、株価は不可逆。
だからこそ、瞬時を重要視することも求められるのでしょう。
もちろん規則も順序があります。
そして前後の連続性もあります。
しかし後戻りすることなく刻まれ続けているのが株価。
そして刻まれた株価を消すことも不可能。
不可逆性を無視しては未来投資も成立しないでしょう。
不可逆だからこそ、消化材料を求め吸収し、成長するのが株価。
個人にとって最初と最後の頁はあります。
それは買った時と売った時。
しかし市場には残念ながら最初の頁も最後の頁も存在しません。
永遠の時の刻み同様に株価も永遠。
だからこそ、連続性があります。
連続性は瞬間の積み重ね。
市場は壮大な叙事詩というと言いすぎかも知れません・・・。


以下、今後の注意日。

【8月】


19日(月)変化日
22日(木)大幅高の日
23日(金)鬼宿日
29日(木)変化日、上げの日
30日(金)新月

【9月】

 1日(日)イスラム・ヒジュラ暦の新年、二百十日
 2日(月)変化日、
 4日(水)下げの日
11日(水)変化日
13日(金)中秋節、上げの日
14日(土)満月
18日(水)上げの特異日
20日(金)変化日、鬼宿日
26日(木)変化日
29日(日)新月

以下は今朝の場況。

「3日続伸」

週明けのNY株式は3日続伸。
7月中旬の4日続伸以来の連騰記録となった。
NYダウは寄り付き直後に上昇幅を336ドルまで拡大した場面もあった。
NYダウは26000ドル台、NASDAQは8000ポイント台、S&P500は2900ポイント台回復。
小型株の指数であるラッセル2000は1.02%高。
米商務省はファーウェイへの禁輸措置の強化を決定。
しかし保守に関わる一部取引のみ認める例外措置は3カ月延長すると発表。
ファーウェイと一部取引を続けているマイクロン・テクノロジーやインテルなど半導体株が上昇。
トランプ大統領がアップルのティム・クックCEOと対中制裁関税の影響を議論。
米政府が、対中制裁関税による米企業業績への影響に配慮するのではないかとの思惑も生じアップルは一時3%上昇。
中国人民銀行は企業の借入コスト低下と減速している景気を後押しすることにつながる金利改革を公表。
ショルツ独財務相はドイツには将来の経済危機に総力を挙げて対処する健全な財政があるとコメント。
最大500億ユーロの追加支出が可能であることを示唆。
景気後退懸念に揺れた逆イールド・ショックから急速に立ち直りつつあるとの見方だ。
ダウ輸送株指数は1.14%、SOX指数は1.9%上昇。
ただ売買エネルギーは低調で3市場の合算出来高は62.8億株。(直近20日平均は75.8万株)。
表面利率1.625%の10年物国債利回りは前週末比0.05%高(価格は安い)の1.60%。
2年債利回りは前週末比0.07%高の1.55%。
「パウエルFRB議長のジャクソンホール講演を見極めたいとの雰囲気も強く相場の下値は堅かった」という見方もある。
一部では「ここから最後のリスク選好相場が始まる」の声。
マイナス利回りの債券は世界で17兆ドル。
「運用目標を達成するには株式などリスク資産にマネーを振り向けざるをえない」という解釈だ。
ドル円は106円台後半。
VIX(恐怖)指数は16ポイント台に低下。
恐怖と欲望指数は19←20→16と反転。
「トランプ大統領の火消しが奏功」という声もある。

「買いたい弱気も」

週明けの日経平均は寄り付き172円高、終値144円高と3ケタ上昇での続伸。
ただ残念ながら日足は陰線。
先週開けたマドの20581円は終値ベースでは上回れなかった。
月曜の窓は20465円ー20502円。
日経平均は4日ぶりに5日線(20499円)を上回った。
8月に入って5日線を終値で上回ったのは3度目。
過去2回(9日、14日)はいずれも翌日に200円超の下落だったというのが経緯。
東証1部の売買代金は1兆5433億円と今年4番目の低水準。
「閑散に売りなし上昇意欲もなし」という空虚な声も聞こえた。
値上がり1518銘柄、値下がり515銘柄。
新高値35銘柄、新安値34銘柄と指数上昇の割には拮抗。
騰落レシオは81.20と横ばい。
NTレシオは13.76倍。
ドル建て日経平均は16日連続の200ポイント割れ。
25日線からは2.7%、200日線からは3.5%のマイナスかい離。
サイコロは6勝6敗で50%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲7.761%。
買い方▲13.273%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲3.604%。
買い方▲18.446%。
空売り比率は46.7%で17日連続40%超。
日経HVは13.7、日経VIは20.43。
東証REIT指数は2081ポイントで7日続伸。
日経平均採用銘柄のPERは11.64倍でEPSは1766円。
PBRは1.02倍。
シカゴ225先物終値は大証日中比55円高の20635円。
高値20685円、安値20475円。
8月SQ値20855円をうかがえる場所まで来た格好。
今月のマドをたどれば20581円ー20676円ー20960円ー21288円。
この21288円が月足陽線基準だ。
昨日上値を抑えたボリンジャーのマイナス1σが20635円。
その先は25日線の21137円。
下のマイナス2σが20134円だからこれは遠い。
昨日白くねじれた一目均衡の雲は9月12日まで白い。
そして黒いねじれは9月12日。
勝手雲の下限は20813円、上限は20966円。
3週連続の週足陰線を否定して欲しい週。
気学では「後場高の日なれど上放れた時は売り狙え」。
水曜は「後場不時高をみる日。悪目あれば買い狙え」。
木曜は「案外弱き日なり。戻り売り方針良し」。
金曜は「高下しても結局安き日。吹き値売り狙え」。
ゴールドマン・サックス証券が12ヵ月後の日経平均株価の予想を22600円→22000円に引き下げ。
同TOPIXは1675→1600に下方修正。
理由は「大統領選挙前の米中通商合意はないとの見方に転じた。
FRBによる年内の予想利下げ幅を従来の0.5%→0.75%に引き上げ一段の円高進行を予想」。
「買いたい弱気」という気がしないでもない。
(櫻井)。