Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

馴染みの店

中嶋 健吉

2019/11/07 07:41

63bb8f1f bbe1 4cb5 b2c9 d949c0883e6a castphoto14 nakajima
どうしても食に絡む料理屋になってしまいます。仕事上で使う店には招待客に気配りのできる店、恥ずかしくない店など、余計な条件が加えられますがプライベートでは味、店主の人柄、等が優先します。しかし良い店とは、こうした全ての条件を意識せずに醸し出しているものですが。


仕事上での馴染みの店はそれなりに胸襟を開いても、時間の経過とともに社会的な立ち位置も変わり、徐々に縁も薄くなっていくものです。個人的にもそうした店が何軒かあります。一方仕事を離れ、特に夫婦で付き合いを深めた馴染みの店は、必ずしも頻繁に訪れなくても心地よい距離感を保った関係が続くものです。我が家にもそうした馴染みの店が何軒かありますが、特に自宅近くの寿司屋、茅場町の日本料理店には何かと理由を付けて、夫婦で訪れたものでした。


二つの店に共通するのは、夫婦だけで運営しており、主人が料理を、奥様がサーブと会計を担当する、こじんまりした店にあります。その為ともに夫婦での会話を、気兼ねなく楽しめる気安さがあります。しかし何といっても最大の魅力は、それぞれ味とメニューにこだわっており、先ず裏切られたことがなく、常に満足感を持って店を後に出来ることです。その分若者相手の居酒屋に比べ、料金が割高になりますが。


そうした長い付き合いを重ねた両店ですが、寿司屋は昨年末に店仕舞いとなりました。それなりの常連客が歳を重ねるにつけ、遠のいたことが原因の様です。続いて茅場町の店が高円寺に場所替えです。千葉県からはいかにも距離があり、足が遠のくことになりました。ただ最近ある祝い事もあり、家内と久々に訪ねたのですが、いつもながらの裏切らない味覚を堪能できました。しかし高円寺駅南口から近いものの、少しメイン通りから外れているのか客の入りが今一つです。何とか頑張ってもらいたく個人的な思いを込め、この店のアッピールです。店の名は「徳竹」。ネット検索で店の概要は十分把握できます。興味のある方は一度ご訪問を。コスパは十分なお釣りがくると思うのですが。 

(中嶋)