Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

揺れる中東情勢『Tokyo Financial Street』にてエミンさんが解説!

鈴木 ともみ

2020/01/13 23:57

F6b68f3d a67e 4113 a928 529d02006bd1 castphoto26 suzuki

年が明けて2020年。

皆さまの新たな年の始動は、いかがでしょうか…?


年末には私の新刊『資産寿命を延ばす逆算力』のプレゼント企画に

多くの皆さまがご応募下さいました。


本当にありがとうございました!!


当選者の方々には、年賀状&メッセージを同封させていただきました。


さて、騒がしく始まった2020年ですが、10日(金)の『Tokyo Financial Street』では、 

複眼経済塾の エミン・ユルマズさんをゲストにお迎えしました。


1月10日(金)放送分『Tokyo Financial Street』 はこちら!


2020年に入ってからエミンさんが生放送で中東情勢について解説するのは、

この番組が初!!とのこと。

 

『米国とイランの衝突も、米中における4次元のチェスゲームの中で起こっていること。 

年明けの米国によるイランへの攻撃は、

これまでの重層的な対立関係におけるレスポンスであるのは確かだが、

直接的なきっかけは、 (あまりメディアが触れていないが)

12月27日の【中・露・イラン】による海軍の合同軍事演習に対する警告の意味が強くあり、

もっと言えば、米国がイランを攻撃したとしても、いざという局面で、

中・露はイランのために動いてくれない、助けてくれないのだ、

ということをこのタイミングで、イランに対して示しておきたかったのだ』

と、明瞭に分析。 

この他、ゴーン氏が逃亡したレバノンという国の特性として、

米国を始め、レバノン出身のエリート層が

各国で重要なポジションを築いている実状について、

また、日本側はどのように対処すべきかについても

詳しく解説していただきました。 


エミンさんにはひき続き、国際情勢の動向に合わせて、

『Tokyo Financial Street』鋭い解説をお願いして参ります🙇✨