Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

花束を買って帰る

鈴木 一之

2020/03/25 08:05

Bcd2f30a fc9e 4974 9ff5 5f234b005b96 castphoto13 suzuki
・東京オリンピック・パラリンピックの1年延期
・米国が200兆円を超える経済支援策
・ドイツが国債発行して財政政策を発動
・FRBによる無制限の資産買い入れ

少し前では想像もできないような政策、対策が主要国から相次いで発表されています。新型コロナウィルスの影響がそれほど人々の暮らしと社会全体に影響を及ぼしています。

イタリア、ドイツ、フランスに続いてイギリスでも外出が制限されました。花の都・パリ、永遠の都・ローマ、7つの海を支配した大英帝国、その中心のロンドンで街並みから人々の姿が消えました。

国境の門は閉ざされ、誰もが自宅にこもっているしかありません。外に出てはいけない、家族以外は誰とも会ってはいけない。公共交通機関は使ってはならない、イベントはもちろん、友人との会食もすべて禁止。忍び寄る目に見えない恐怖に世界中の人々の活動が凍結されています。

株式市場にたずさわって40年近くが経ちました。株価の先行きを考えることは「経済とは何か」、「景気とは何か」という点を考えることですが、今回の世界的なコロナウィルス禍によって「経済とは人が動くこと」だという事実が初めて理解できました。

世の中の活動がすべて止まってしまって、初めてそのことがわかりました。人々が動き出す、止まる、動き出す、止まる、そのくりかえしが経済を動かしモーメントやサイクル、トレンドを作るのですね。

娘がガーベラの花束を買ってきました。それほど大きなものではありませんが、テーブルに飾ると部屋の中がいっぺんに明るくなります。

卒業式や結婚式が中止になって、ブーケやテーブルアレンジ、装飾用の切り花がまったく売れない状態となり、注文のキャンセルも続出して、全国のお花屋さんがたいへんなピンチに陥っているそうです。夕方のニュースで聞きました。

切り花は季節もので冷凍保存もできず、寿命も野菜や果物など生鮮食料品より短いため、残ったら処分するしかないそうです。お花屋さんを助けるために自宅に花を買って帰ろう、というニュースの呼びかけにお小遣いの範囲で応えようとしたそうです。

その翌日、私も家内も花を買って帰りました。何年ぶりのことでしょう。花瓶が少ないのでペットボトルを切って生けています。しばらくは自宅で季節の花と過ごす時間が増えそうです。
(スズカズ)