Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

球磨川の激しい流れは、豊かさの表れでした

鈴木 一之

2020/07/08 07:56

Bcd2f30a fc9e 4974 9ff5 5f234b005b96 castphoto13 suzuki
もう30年以上も前になりますが、熊本県人吉を訪れたことがあります。当時は日本中を旅して歩くことに熱中していた時期で、電車とバスを使って源氏と平家の古戦場を中心に、ずいぶんと遠くまで出かけたものでした。

人吉は平家の落武者伝説の残る山深い渓谷です。熊本市内の居酒屋で隣り合った地元の人に「これからどこに行くの?」と尋ねられて、「人吉に行ってみようと思います」と答えると、地元の人たちでさえ「おお~」と驚きの声を発するほど、秘境と呼んでもよい奥まった地域です。

目指したのは人吉の奥、五家荘です。長い時間、電車に揺られて山の斜面をのぼってゆきます。線路のすぐ脇を流れる急流が球磨川です。「球磨焼酎」の球磨、熊本の「熊」の語源ともなった球磨地方です。季節はちょうど今ごろ、夏の入り口だったと覚えています。緑が実に豊かで目に飛び込んでくる景色のすべてが緑いろに染まっていました。

その時も降り続いた雨を集めて、球磨川は濁流となって流れていました。人跡未踏と言ってもよいほどの急な斜面が続き、電車も車も人もその地を訪れるにはかなり難儀します。こういう人を寄せ付けない厳しい土地でなければ、落武者は追手から逃れて生き延びることはできなかったのかと、源氏による平家残党の探索の激しさに思いを馳せました。

険しさの裏返しで、人吉は水がとてもきれいです。湧水が至るところに沸いています。人吉に限らず熊本は県のあらゆる場所で美しい水が流れています。水のよい土地は農作物が豊かです。大自然の脅威は美しさと表裏一体を成しており、土地の産物は素朴で土の匂いがします。人はただ自然の造り出す美に見とれ、自然の恩恵を受けるとともに、自然の脅威の前には沈黙するしかありません。

今回の大雨でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
(スズカズ)