Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

ソニー

中嶋 健吉

2020/07/16 07:35

63bb8f1f bbe1 4cb5 b2c9 d949c0883e6a castphoto14 nakajima
ソニーの株価が堅調です。2011年7月以来の高値を更新、8000円台を回復しており、時価総額も6か月ぶりの10兆円回復です。人気の復活を印象付けています。前回高値の2001年7月は、ITバブルのピークになる2000年3月の史上最高値16950円からの調整下落の局面にある為、その水準との比較にはあまり意味がないのですが。


1998年3月期、ソニーは営業利益として史上最高の5257億円を計上します。これを好感し株価はその年の7月に、当時の最高値6745円を付けます。しかしそれ以降の営業利益鈍化傾向を嫌気し、10月には3615円までの急落を演じます。ただそこを起点とした株価は、ITバブルの波に乗り前記した2000年3月の16950円まで一気に駆け上ります。業績がピークアウトした後の株価急騰です。バブルが付けた株価と言わざるを得ません。株価はその後業績の低迷と伴に長い調整局面に入ることになります。


2018年3月期、ソニーは営業利益7349億円を計上します。これで1998年3月期の過去最高益5257億円を一気に抜き去ることになります。その後も営業利益の更新が続き、それに呼応した株価も8000円台まで水準を切り上げてきているのです。


ソニーの復活はその劇的な業態変更にあることは周知の事実です。以前は営業利益のほとんどを、エレキ・エレクトロ二クス部門で稼いでいましたが、現在は10%程度に低下、一方映画・ゲーム・音楽で営業利益の半分を計上しているのです。さらに注目されるのは、3年前は赤字だったCMOS半導体を使った画像センサー部門が営業利益の26%まで拡大しているのです。ソニーの営業利益率は10%で、日立8%、パナソニック5%を大きく上回っています。一方画像センサー部門の営業利益率は21%と、断トツの収益力を誇っているのです。


画像センサーでのソニーの世界シェアーは50%、その7割はスマホ向けです。 

しかしこれからの注目点は自動車向けの拡大です。自動運転には映像を瞬時に把握、解析する高度な映像センサーが必要です。その為車一台当たり十数個必要ともいわれます。ソニーはこの分野ではアメリカ、イスラエルの企業に後れを取り、10%台のシェアーに留まっているのですが、この半導体の良し悪しは重大な事故に繋がる為、実績のあるメーカーに優位に働くといわれます。新高値更新への助走が始まったと言えそうです。

(中嶋)