Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

中嶋 健吉

2020/08/06 11:18

63bb8f1f bbe1 4cb5 b2c9 d949c0883e6a castphoto14 nakajima
国際指標のNY金が、あっさりと2000ドルの大台を記録しています。 これまでの最高値は2011年9月6日につけた1923.7ドルですが、7月27日に1931ドルを付けあっさりと最高値を更新、その勢いのまま4日後の31日に2005ドルの大台を付けているのです。


背景にコロナ不安から、リスクオフの投資対象として金が選ばれているのですが、一方世界的な低金利下では、利息が付かない金の短所は問題になりません。事実、世界のマイナス利回りの債券の残高は、4ヵ月連続で増加し15兆ドル(約1590兆円)に接近、昨年のピーク17兆ドル(約1890兆円)を抜くのも時間の問題と見られていいます。ドイツ国債では、全ての年限で利回りがゼロ以下であることが象徴的です。


更にアメリカの実質金利(10年債利回りー消費者物価)が、実質マイナス▼0.5%に沈んでいます。つまり利息の増えるペースより、モノの値段の上昇の方が早いことを意味し、投資資金は預金から金など実物資産、そして株式に流れることになります。


有史以来の金の累計生産額は18~19万トンと少なく、50mのオリンピックプール3.5杯分程度といわれています。日本でも有名な佐渡金山は、江戸時代から採掘が始まり昭和初期までの400年間の産金量は、83トンに過ぎないのです。


東京オリンピックのメダルを、リサイクルした金で賄う方針でプロジェクトが動いています。ロンドンオリンピックを参考に、必要な金は10キロ、銀は1230キロ、銅は736キロと見込んでいます。 リサイクルの対象になる携帯電話、ゲーム機、小型家電等電気製品に使用されている鉱物は、いわゆる「都市鉱山」と呼ばれ、このリサイクルを主導する物材機構の試算では金6800トン、銀6万トンの埋蔵があるとしています。


金採掘は優良金山が掘り尽くされ、現在では自然の鉱石から採れる量は3~5グラム程度と少量で、その割合は0.0003%程度です。 これに対し携帯電話に含まれる割合は、0.03%と高く、効率は非常に高いのです。家電には金銀以外の鉱物も使用されており、副産物として回収していますがコスト割れの状態でした。 しかし金価格の上昇はそれを十分に補うものです。物材機構によると日本の都市鉱山の規模は世界一としており、この金価格の高騰が資源小国の日本の変わるきっかけになればと思うのですが。

(中嶋)