Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

HR

櫻井 英明

2020/10/13 07:09

Ae85a434 0528 4092 acd2 591fd4d2e3c3 castphoto11 sakurai
先日考えたこと。
「君たちはどう生きるか」ではなく「相場をどう生きるか」。

この1週間の取材で感じたキーワードは「ヒューマン=人」。
先日取材したLTSの樺島社長も言っていましたが「ハイスペックはあってもそれが浸透しない。つまり技術+人間のコンサル力」。
そうでないと宝の持ち腐れが多いと。
技術だけの最先端企業の今後の課題はそこにあるのでしょう。
第4次産業革命、その成長を加速する、のトレンドを最前線で走っています。
別のある企業などはキュリティをコストではなく収益化する方向を打ち出しました。
これはまさに「セキュリティプラスα」。
新型コロナ対策としてのテレワークの「見える化」を背景に問い合わせは急増しているとも聞きました。
新たなキーワードは「HR(human resources)」。
そして、以下は自論。
時価総額22兆円のトヨタをNTTとドコモの合算で抜いてくると、視点はこの30年の日本経済をけん引した自動車から通信に移行します。
キーワードは「6G」。
面白くなってきました。
あちらもこちらも次のステージへの序章でしょうか。

以下は先週末のIRセミナーでの骨子。

(1)IR(Investor Relations)=愛あーる

(2)企業が訴えたいメッセージをつかみ取る

(3)企業活動を理解しよう
   アナリスト説明会は財務の分析会
   個人投資家向け説明会は未来予想図のお披露目会
   だから未来の解析は個人投資家のフィールド

(4)未来予想図は他力ではなく自力で描こう
   株価は数字だがその背景は人間の行動=無機質では理解できない
   業績は日々の活動の積み重ね

(5)夢と目標は一緒
   企業関係者すべての目標は3つ
   ★利益を出す
   ★国家と社会に貢献する
   ★関係者は豊かな暮らしを継続する

(6)個人投資家は企業活動のファンであり応援団

(7)株価の歴史は人生の歴史となるかも知れない
   投資を通して自己実現が可能になる=自分の人生のオルタナティブが投資

(8)ハッとして、グッときて、パッと目覚める銘柄さがし
   フッとした瞬間を大切にしよう=天使の株探し

以下は今朝の場況。

「4日続伸」

 週明けのNY株式市場で主要3指数は4日続伸。
NYダウは250ドル高の28837ドルと9月2日以来の高水準。
中国・上海株式の大幅上昇を好感。
「今週から本格化する米企業の決算内容が市場予想以上になる」との見方も有力だ。
主力ハイテクセクターや金融セクターへの買いが目立った。
ただ追加経済対策を巡っては依然として協議はまとまっていない。
アップルは新型iPhoneの発表が予想される13日のイベントを前に6.4%上昇。
13日から2日間の日程で恒例のセールイベント「プライム・デー」を開催するアマゾンは4.8%高。
マイクロソフトも2.6%上昇。
債券市場はコロンバスデーの祝日で休場。
ドル円は105円台前半。
SKEW指数は123.94(前日121.93)。
14日連続の130ポイント割れ。
恐怖と欲望指数は54→58。

「プラス2σが23699円」

週明けの日経平均は寄り付き31円安。
終値は61円安の23558円と続落。
日足は2日連続の陰線。
SQ値23724円に対して終値ベースで2敗。
東証1部の売買代金は1兆7455億円と3日ぶりの2兆円割れ。
8月27日以来の低水準。
日中値幅も96円と1月20日以来約9か月ぶりの狭いレンジだった。
値上がり815銘柄(前日690銘柄)。
値下がり1276銘柄(前日1405銘柄)。
新高値77銘柄(前日74銘柄)。
新安値12銘柄(前日9銘柄)。
騰落レシオは115.80(前日119.62)。
NTレシオは14.34倍(前日14.34倍)。
サイコロは6勝6敗で50.00%。
右肩上がりの25日線(23339円)からは△0.94%。
6日連続で上回った。
右肩上がりの75日線は22915円。
横ばいの200日線(22018円)からは△6.99%。
右肩上がりの5日線(23536円)から△0.09%。
6日連続で上回った。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲17.972%(前日▲17.748%)。
買い方▲5.719%(前日▲5.919%)。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲21.186%(前日▲19.417%)。
買い方▲7.719%(前日▲8.733%)。
空売り比率は40.0%(2日連続の40%超:前日41.6%)。
空売り規制なしの比率は7.4%(前日9.5%)。
日経HVは11.4、日経VIは19.00。
日経平均採用銘柄の予想PERは22.90倍(前日22.97倍)。
前期基準では18.06倍。
EPSは1028円(前日1028円)。
225のPBRは1.11倍。
BPSは21244円(前日21089円)。
225先物採用銘柄の益回りは4.37%(前日4.35%)。
配当利回りは1.94%。
東証1部全銘柄だと予想PERは25.13倍。
前期基準では19.92倍。
東証1部全銘柄のPBRは1.24倍。
ドル建て日経平均は223.31(前日223.00)。
直近の最大値。
東証1部単純平均株価は4円安の2247円。
(2019年末2327円、2018年末2077円、2017年末2946円)。
売買単価は2053円(前日2094円)
東証1部時価総額は628兆円(前日629兆円)。
シカゴ225先物終値は大証日中比95円高の23615円。
高値23640円、安値23480円。
225先物大証夜間取引終値は日中比100円高の23620円。
気学では「安値にある時は買い方針良し」。
水曜は「波乱日にして初め高いと後安の日なり」。
木曜は「弱日柄にして下押しを見せることあり」。
金曜は「戻り売り方針の日だが、後場の突っ込みは買い狙え」。
ボリンジャーのプラス1σが23519円。
プラス2σが23699円。
プラス3σが23879円。
一目均衡の雲の上限が22866円。
48日連続で雲の上。
勝手雲の上限は23363円。
下限は23250円。
6日連続で勝手雲の上。
RSIが55.60。
RCIが79.60。

《今日のポイント10月13日》

(1)NY株式市場で主要3指数は4日続伸。
   SKEW指数は123.94(前日121.93)。
   14日連続の130ポイント割れ。
   恐怖と欲望指数は54→58。

(2)ダウ輸送株指数は18ポイント高の11880ポイントと4日続伸。
   SOX指数は1.48%高の2433ポイントと4日続伸。
   VIX指数は25.08。
   3市場の売買高は82億株(前日89.2億株、過去20日平均は97億株)。


(3)東証1部の売買代金は1兆7455億円と3日ぶりの2兆円割れ。
   8月27日以来の低水準。
   日中値幅も96円と1月20日以来約9か月ぶりの狭いレンジだった。
   新高値77銘柄(前日74銘柄)。
   新安値12銘柄(前日9銘柄)。


(4)右肩上がりの25日線(23339円)からは△0.94%。
   6日連続で上回った。
   横ばいの200日線(22018円)からは△6.99%。
   右肩上がりの5日線(23536円)から△0.09%。
   6日連続で上回った。


(5)空売り比率は40.0%(2日連続の40%超:前日41.6%)。
 
(6)ドル建て日経平均は223.31(前日223.00)。
   直近の最大値。

(7)ボリンジャーのプラス1σが23519円。
   プラス2σが23699円。
   プラス3σが23879円。
   アノマリー的には明日が「大幅高の特異日」。
(櫻井)。