Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

「サウジアラムコ株、ESG視点で投資できない理由」という記事をロイターが流していました。化石燃料を輩出し環境破壊の元凶のような存在だから、「環境」(E)面からみて投資にふさわしくない、というのは分かりますが、どうもそれだけではないようです。筆者によると、反体制派記者が殺害されたり、活動家が不当に逮捕されたり、女性が様々な差別をうけたりというサウジの政治体制が「社会」(S)的な面でふさわしくない。現在でもサウジ政府の予算の「資金面でのエンジン」になっており、IPO後も少なくとも発行株式の95%をサウジ政府が保有し続ける、ということは「企業統治」(G)の面からも問題あり-ということらしい。2番目の政治体制の問題までサウジアラムコ会社の責任にされてしまうのは可哀そうな気もするけど、そもそも「ESG」投資とは、ということを分かりやすく説明されたようで、何となく合点がいく記事でした。

 要するに、責任ある機関投資家は買わない方がいいですよ、ということらしいのですが、実際には1~3%がサウジ国内の投資家(ムハンマド皇太子の息がかかった人、競合する王族)が購入するのでしょうし、残りは中国系資金が応募するようなので、IPOの成否にはESGも関係なし、ということになりそうです。「最高級の軽質油、世界最低ランクの算出コストだから、環境面ではむしろ他を圧するものがある」との理屈もあるようです。でも、それで、過去最大級のIPOということとなると、何だろうな…という気もします。

 ともかく、日経新聞の記事によると、来週から公開価格決定のためのブックビルディング(需要積み上げ)が始まり、12月中旬ごろには上場が実現する模様。最大500億ドル規模の資金調達になりそうだ、との観測です。サウジ証券取引所の上場株式は「MSCI新興国」指数に採用されているため、先行きは国際的なインデックスファンドの組み入れ対象にもなり、グローバル運用にも影響が出ます。そうなると、今度こそ「ESG視点でどうか…」という問題で機関投資家が頭を悩ますことになるでしょう。

 ま、11月にはアリババ株が香港にも上場するそうですから、超大型IPOがしばらく話題を集めそう。これが、上げ潮の世界株式市場にとっても追い風になりますか。あれ、わが国では…?(イワモト)

11月8日(金)の『Tokyo Financial Street』は特別版でお送りしました✨ 


11月30日(土)に東証ホールにて開催される 

🎺JAZZ EMP@Tokyo Financial Streetに向けて 、

ゲストにジャズトランペッター・洗足学園音楽大学 教授のTomonao Haraさん、 

日本橋 兜町・茅場町JAZZフェスティバル実行委員会 副委員長

KPMGジャパンの東海林 正賢さんをお迎えし、

JAZZ EMPの見所や、【兜町の街おこし】とも言える

イノベーションを起こすために必要なアートも楽しめる国際金融都市づくりをテーマに、

お話いただきました。 


『理論×パッション』 の融合。

ステージだけでなく観客ともセッションする技術など、

JAZZ、音楽の世界は本当に深いです。 


ビジネスセンスにも通じる魅力を、

原先生と東海林さんが解説して下さり、

面白く&中身のつまった内容になっております(^.^) 


↓オンデマンドにてご覧いただけますので、ぜひともよろしくお願いいたします🙇


11月8日(金)放送『Tokyo Financial Street』


佳境入り?

松下 律

2019/11/08 08:20

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita
この2か月強の変動

 そろそろ日本株相場は佳境入り、もちろん「買い方」から見ての話しです。日本株と言えば、PBRは1倍がいいところ、PERは12倍が精いっぱい、と言われていたのがわずか3か月弱前、需給が悪いとそんなことになってしまう、ということだったのですが、この2か月あまりまさに様変わりの相場だったということができると思います。


 しかし、そろそろ佳境入り?売りポジションをそのままにして来た売り方(どれくらいいるのか分かりませんが)は、この間の日経平均3千円の上昇は相当に痛手だったでしょう。


 この2か月強の間の指数の変動はこんなでした。


・日経平均: 2万100円台 → 2万3500円台(昨夜の時間外の日経平均指数先物) 約3500円幅の上昇、上昇率およそ15%


・DJIA: 2万5300ドル台 → 2万7500ドル台 約2000ドルの上昇、上昇率およそ8%


・円ドル相場: 106円台 → 108円台 約2円の円安


 日本株(日経平均)の上昇はNYダウより大きく、大きな円安がない中での上昇、というところにこれまでと違う相場の雰囲気を感じます。


何が起きたのか?

 売り方の買戻しと半導体関連株の上昇、このふたつに本当に感謝、と(おそらく)「買い方」は言うのではないか、と思います。


 ファンダメンタルズの悪さから、思い切り売りポジションを作ってくれた「売り方」に「買い方」は感謝、同時に先行き不透明の中で巨額の設備投資を始めてくれた台湾のTSMCに感謝、それから、中国のスマホメーカーの部品積極手当に感謝、というところではないでしょうか。


 「買い方」としては、含み益を背景にツメを伸ばすというところでしょうが、いろいろな意味で上昇相場は佳境入りといった感覚ではないかと思います。


今後をどう読むか?

 ファンダメンタルズ・データと整合的な日経平均の現時点の妥当値は、おおむね2万3000円、この値を中心に「レンジ」としてはプラスマイナス1500円くらい、というあるエコノミストの意見を昨日目にしました。


 日経平均の水準は、今のファンダメンタルズからしておおむねいい所まで来たが、この先1500円くらいの上値(2万4500円水準)はあるかもしれない、ということで、個人的な感覚と合うコメントでしたので印象に残りました。


 いずれにしましても、「買い方」とすれば、ここから「新規の日経平均買い」はないだろうな、というところでしょう。


 この上昇局面がどの程度の期間続き、その程度の水準まで上昇するか、そう簡単に決め打ちはできないと思いますが、今後も変動が大きい相場になるだろう、ということはほぼ確実に言えそうな気がしています。


静かに進む変化

 世の中の出来事には「繰り返す感じ」のものも多いのですが、以前とはずいぶん違うということも多いものです。いくつか挙げてみますと、


1.金利の水準

2.さまざまな格差の拡大とか分断現象

3.株式市場の様相


 こうした「変化」を見て、いずれまた「昔のように」戻る、という前提で現状を見ることもできますし、パラダイムシフトのようなことが起きたのだから、もう昔のようには戻らない、と考えることもできます。


 例えば、米国の長期金利が2%にも満たず、日欧の長期金利は軒並みマイナス、というのを見て、これは何かおかしなことが起きているのであり、将来何かが正常化すれば解消する、と思うのか?これらは「変化」の証でいわば「ニューノーマル」なのだ、と考えるのではずいぶん違ってきます。


 株式市場の様相でも、「株式市場の役割は、資金余剰部門である個人から資金不足部門である企業に資金を回すことだ」といった考えからしますと、企業が調達する資金額以上の額の自社株買いをする、などは間違った現象、と思えたりするでしょう。


 あるいは、株式市場における「買い方」と「売り方」の非対称なところがどんどん小さくなって行く、などということも場合によっては非難の対象になるかもしれません。


投資・投機の観点からすると・・

 見方、考え方はさまざまですが、株式への投資、相場変動から利益を汲み取ろうとする投機、の観点からしますと、世の中で静かに進む「変化」については、割と素直に受け入れる方が相場対処においては有益という気がします。


 例えば、自社株買いについて見れば、資金余剰の企業が多く存在するようになった、ということなのでしょう。そうでなくて伝統的な企業行動をする(つまり市場から資金を調達する)企業も依然多く存在するわけですし、巨額の自社株買いを「市場機能の低下」などと見る必要はないように思います。


 それよりも、借り入れまでして自社株買いをする企業が多いとすれば、それは将来大きな変動をもたらす一種のひずみを生み出しているのかもしれないわけですから、どこかで「売りポジションを取る」チャンスを作ってくれるかもしれない、とまあ、そんな風に見る方がいいのではないか、と思ったりするわけです。


令和元年11月8日

証券アナリスト

松下律

黄金鰺

小川 真由美

2019/11/07 12:00

2379c98d 4650 41e6 8520 bb1cd0384cd1 castphoto24 ogawa2
“黄金鰺”をご存じですか?
金色に燦然と輝く幻の鰺。
なんと一挙23匹が我が家にやってきました。
連れて来てくれたのは、釣り人・渡部一実。
東京湾の鰺釣りのお土産をくれました。
黄金鰺とは。
魚の名前としてはマアジ、なのだそうですが、
以下、にわかに仕入れた知識によると
マアジには2種類のタイプがあって、
1つは外海を回遊するタイプ。体が黒くて縞があり、
スーパーや魚屋で“鰺”として売られているいわゆる普通の鰺。
主に網で漁獲されます。

もう1つがこの金色のタイプ。
回遊せず、内海の“根(ね)”と言われる海底の起伏のある場所に生息し、
回遊に比べると運動量は少ないため脂が乗って、しかし身も締まり、
主に一本釣りで漁獲される高級魚。
東京湾では金谷・羽田沖・走水などが有名で、
この他、淡路島や山口の萩など、ごく一部で水揚げされる貴重な魚なのだそうです。

包丁を入れて驚きました。
飛び切り鮮度がいいこともあるのでしょうが、
ピンと身が張っていて、
目が澄んでおり、
脂が乗って肉厚で、
全く生臭さナシ。
20cm超の大きめの1匹を刺身にして、
残りの12cmほどの可愛いサイズ22匹をから揚げと南蛮漬けにしました。

まずお刺身、甘みが強くて上品、
美味しい!と友人たち感嘆の声。
おろした直後はサッパリとした甘みでしたが、
少しだけ置くとネットリと甘みが増しました。
から揚げと南蛮漬けもフワッと脂が乗った身が極上の味わい。
骨と尾びれはカラッと二度揚げして骨せんべいにして頭以外は余すところなく。
鰺とはこんなにも美味しいものかと驚きました。
夫婦揃って釣りが趣味の渡部記者。
この日は激しく不漁だと言いながら23匹の漁獲。
多い時では120匹を超える鰺を釣ったこともあるのだとか。
スタッフの中にも渡部記者の腕に惚れ込んだ人は多く・・・。
いやナベちゃんごめん、正確に言うと君の獲物にか(笑)
スタッフみんなでご実家に呼んでもらい、
お母さんが作ってくれた渡部家の“ナメロウ”、ほのかに味噌が香る品の良さは絶品でした。

滅多に味わえない幻の鰺を口にした仲間たち。
「ナベちゃん、また釣りに行ってきてよ~~!!」
熱烈リクエスト。
すっかり虜になってしまったのでした。
またファンを増やしてしまったね、罪な男よ(笑)

※先週のブログの写真の縦横、ようやく直りました。

馴染みの店

中嶋 健吉

2019/11/07 07:41

63bb8f1f bbe1 4cb5 b2c9 d949c0883e6a castphoto14 nakajima
どうしても食に絡む料理屋になってしまいます。仕事上で使う店には招待客に気配りのできる店、恥ずかしくない店など、余計な条件が加えられますがプライベートでは味、店主の人柄、等が優先します。しかし良い店とは、こうした全ての条件を意識せずに醸し出しているものですが。


仕事上での馴染みの店はそれなりに胸襟を開いても、時間の経過とともに社会的な立ち位置も変わり、徐々に縁も薄くなっていくものです。個人的にもそうした店が何軒かあります。一方仕事を離れ、特に夫婦で付き合いを深めた馴染みの店は、必ずしも頻繁に訪れなくても心地よい距離感を保った関係が続くものです。我が家にもそうした馴染みの店が何軒かありますが、特に自宅近くの寿司屋、茅場町の日本料理店には何かと理由を付けて、夫婦で訪れたものでした。


二つの店に共通するのは、夫婦だけで運営しており、主人が料理を、奥様がサーブと会計を担当する、こじんまりした店にあります。その為ともに夫婦での会話を、気兼ねなく楽しめる気安さがあります。しかし何といっても最大の魅力は、それぞれ味とメニューにこだわっており、先ず裏切られたことがなく、常に満足感を持って店を後に出来ることです。その分若者相手の居酒屋に比べ、料金が割高になりますが。


そうした長い付き合いを重ねた両店ですが、寿司屋は昨年末に店仕舞いとなりました。それなりの常連客が歳を重ねるにつけ、遠のいたことが原因の様です。続いて茅場町の店が高円寺に場所替えです。千葉県からはいかにも距離があり、足が遠のくことになりました。ただ最近ある祝い事もあり、家内と久々に訪ねたのですが、いつもながらの裏切らない味覚を堪能できました。しかし高円寺駅南口から近いものの、少しメイン通りから外れているのか客の入りが今一つです。何とか頑張ってもらいたく個人的な思いを込め、この店のアッピールです。店の名は「徳竹」。ネット検索で店の概要は十分把握できます。興味のある方は一度ご訪問を。コスパは十分なお釣りがくると思うのですが。 

(中嶋)