Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

 上野恩賜公園の花見客観察に(というか、どんな風景か確かめたくて)出かけたい誘惑をぐっと堪え、“巣ごもり”に徹した2日間でした。特に、昨日は東京でも朝から雪。隣のお寺さんの庭の桜の花に雪が積もるという、なかなか見ることができない光景を窓から眺めることができ、それはそれで得をした1日でした。けさの日経新聞によると、83%の人が「普段よりも外出を控えている」と世論調査に応えたそうですから、皆さん、政府の呼びかけに模範的な行動だったようです。「あと1週間がカギ」と疫学の専門家がTVインタビューでアドバイスしていました。多くの人が警戒する“首都封鎖”という最悪の事態を招かぬよう、もうしばらくの辛抱でしょう。

 今週は日米で重要な経済統計の発表が予定されています。4月1日には日銀が企業短期経済観測調査、いわゆる日銀短観の3月調査分を発表します。大企業・製造業の業況判断が13年3月以来のマイナス圏に落ち込み、非製造業もリーマン以来の落ち込み幅を記録する-というのが平均的なエコノミスト予想です。3日には米国で3月の雇用統計の発表。こちらも、非農業部門雇用者数6万人強のマイナス、が市場予想のようですが、先週発表された失業保険申請件数などは過去最悪を記録しています。

 コロナウイルスの感染拡大による経済への影響。その深刻度が具体的な数字として見えてきます。先週の株価の戻りが確かなものであったのかどうか、試されることになるでしょう。(いわもと)

パンデミック

松下 律

2020/03/27 08:20

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita

小池ショック

 今週の火曜日、水曜日と二日続けての日経平均1000円超上昇で、ようやく株価的には最初の底を離脱したか、と思わせたのですが、一昨日夜の小池都知事の記者会見発言で昨日は大幅反落となってしまいました。


 COVID-19がパンデミック化したことは残念なことですが、人災とは言い難く、天災なのでしょう。一方で、マスコミの報道や登場する識者の発言には、不安パンデミックを起こしているかに見えるものもあって、そちらは場合によっては人災の側面が強くなりそうな気もします。


 もちろん、事態が深刻なことは確かですから、できる手立てはすべて講じることが必要かと思いますが、ことさらに人々の不安を掻き立てるような報道や解説はどうか、と思ってしまいます。


 そうした中で、専門家と言われる人たちの解説の中には、合理的でなるほどと思わせるものが多くあり、聞いていて安心できることも多いなと感じるところです。


 不安パンデミックに加えて、ひょっとすると世界中で、金融緩和パンデミック、財政支出パンデミック、も起きそうな情勢でもあります。混乱を乗り切るために、政策総動員となるのは当然なのですが、コロナ騒ぎが収束したときに、そうした異次元政策が何をもたらしそうか?について考えておく必要もありそうです。


 先週は金曜日が休日だったため、私の放送は2週間ぶりなのですが、その間に指数もそうですし、個別銘柄でも株価が大きくアップダウンしました。いくつかの個別銘柄の株価推移をチャートを見ながら番組の中で振り返りたいと思います。


・NTTドコモ 9437

・金価格 1326

・日医工 4541

・タカラリート 3492

・TKP 3479

など。


未来から飛んで来る矢

 主に株式投機という観点からの見方です。


 いつもお話しているのですが、相場変動の原因となる、データとか材料、ニュースは言わば、未来から飛んで来る矢のような感じです。


 それらが到達する前に、それらの影響度を考えて、場合によってはそれらに賭ける、ということもあるわけですし、無視する、ということもあるわけです。


 例として、今回のコロナ・ショックを考えてみます。新型コロナウィルスの感染蔓延、という矢はもう今年2月初にははっきり見えていたはずです。中国では問題になっていたわけですし、わが国でも豪華客船での感染がニュースになっていました。


 その時点で、しかしながら、株価、特に米国の株価はほとんど下落することなく、DJIAに至っては、2月12日に史上最高値を示現していました。


 2月上旬の時点で、未来から飛んで来る、コロナ・ショックの可能性、という矢を見て、それに賭けてやろう、という発想を持って、実際に株式と関連商品のショート・ポジションを取っていたら、その後の株価下落で大いに儲けることができた、ということになります。


 新型コロナウィルスの悪影響を懸念して、買いポジションを落としていた、としますと、損害を軽減することに成功した、ということになります。


 飛んで来る矢を無視してレバレッジを掛けた買いポジションを保っていたとしますと、大きな損失を被った恐れがあるでしょう。


 難しいのは、単にコロナ・ショックという飛んで来る矢を認識するだけでは不十分で、それにどれくらいどうやって賭けるか?ということまで実行しないとダメだ、ということです。


 コロナ・ショックはあるに違いない、しかし、その場合、例えば日経平均の下落は10%~15%くらいだろう、というシナリオに賭けて、実際10%~15%日経平均が下げて、2万1千円くらいから買いポジションを取ったとしますと、その後4000円以上の下落に見舞われた、ということになってしまうのです。


 各国で起きている医療崩壊が人々の不安を掻き立てているわけですが、2月上旬の時点で、COVID-19のパンデミックがあるとして、どの程度日経平均が下げそうか?という複数のシナリオを見せられたら、日経平均の下値は21500円くらい、というシナリオを選んで、ひょっとするとそれにに賭けたいと思ったかもしれません。そんな気もします。


 相場の見通しとそれに対する賭けは難しい、しかし、やってみたいという怪しげな魅力満点の対象ではあります。


 さて、現時点で、と見てみますと、とりあえず、どこかで行き過ぎたコロナ・ショックが収まって、株価の回復シナリオを想定しよう、未来からは相場回復につながる矢が飛んで来はじめている、という感じがします。


 その中で、個人的には、金融措置と財政措置の相場への影響にもっとも興味を持ちます。(ゼロ金利、量的緩和、財政出動で、いずれ米金利急騰、といったシナリオもあり得るでしょう。)それらに付随して飛んで来る矢のどれかに賭けてやろう、としている投機的な資金が膨大な額に上り、投機的な市場参加者が数多くいるのだろうと思っているところです。


令和2年3月27日

証券アナリスト

松下律

ひっそりと桜が咲いてます。
桜としたらいつもと同じように咲いているつもりだと思いますが、
見ている人間の目が悲しいフィルターを通しているのでしょう。

どこも青息吐息の中、書籍の売れ行きが好調だそうですね。
時間をまとめて読めるので、
途中で頓挫してしまった本やこれまで敬遠していた本など、
私も今がチャンスと読み進んでいます。

「こんなものを見つけたので」
友人がお土産をくれました。

“こぼれ梅”

ご存じですか?
実は私も読んだ本の中で知りました。
みりんを作る過程でできる搾りかすのこと。
みりん風調味料が安価で売られるようになってからは珍しいものになってしまいましたが、
本来のみりんは蒸したもち米に米麹に焼酎を加えて発酵させたものを絞って作るもので、
その時の副産物がこれ。
ほろほろした雰囲気が梅の花が咲きこぼれる様子に似ていることから名がついたそうです。
大好きな本、高田郁さんの『みをつくし料理帖』でこのこぼれ梅に出会いました。
江戸時代の主人公と幼馴染が子供の頃に慣れ親しんだ思い出のおやつ。
どんな味がするのだろうと想像を膨らませていたので
実物に会えた時は喜びもひとしおでした。

さっそく指でつまんで・・・
ポロポロしています。
そっと口に含むと・・・
うむ。
砂糖の甘さに慣れた現代人にとってはなんとも優しい・・・
頼りない・・・
直球ストライクで行くと、味が薄い・・・
代物でした。
(ごめんなさい)
「バナナの白い筋」そんな味。わかります?
甘みが珍しかったこの時代にはきっと貴重な甘味だったのでしょう。

これからこのこぼれ梅の美味しい食べ方を研究します。
なにしろ時間がたくさんありますので。

官僚組織

中嶋 健吉

2020/03/26 08:00

63bb8f1f bbe1 4cb5 b2c9 d949c0883e6a castphoto14 nakajima

収束の気配も見えない新型コロナウイルスですが、今現在他国に比べ日本での拡大が総じて抑えられているのは幸いなことです。当初はクルーズ船ダイヤモンドプリンセスの患者への対応で、各国から批判されたのですが、今では日本の対応がむしろ合理的だったと、評価も変わりつつあるようです。まだ予断を許しませんが、患者数が限定的であることに対し、各メディアから色々な評価が成されています。そのメディアが報じないながら拡大阻止に寄与している一つに、日本の官僚組織の優秀性があると感じています。


価値観が多様に分かれる現在社会で、品質、安全を確保する為の可能な限りの統一基準の作成、規制措置などは行政の重要な仕事であり、能力主義を基本とする官僚組織が動かない限り成果は得られないでしょう。一方完成された組織はおのずとそれを守ろうとする意識が働くため、人対人の関係では時として不合理な動きをすることも事実です。しかしそうした問題を抱えつつも自然災害、今回の様な広範囲な感染症など、非人間との闘いでは官僚組織が有効に働くのです。統一基準、各種規制措置の作成の過程で各分野の専門家の存在を組織として把握しており、誰に相談すれば有効な対応が採れるかなどは彼ら官僚組織が最も得意とする分野です。


かって民主党政権下で政治主導の名のもと行った「事業仕分け」が思い起こされます。出席した官僚の意見を封じ、一方的に行った模様はTV中継で報じられ民主党は評価を上げたかに見えました。しかしその後起こった東日本大震災では官僚組織を上手く使えず、特に原子力発電所への対応の拙さが問題視されました。何故もっと上手く官僚組織を使わないのか個人的にも歯ぎしりしたものです。


オリンピックの1年延長が決まりました。JOC事務局長の武藤氏は戦後最強の大蔵事務次官の一人と評され官僚の頂点を極めた人物です。問題を抱えつつも日本の官僚組織を総動員しやり遂げると思うのですが。 

(中嶋)

・東京オリンピック・パラリンピックの1年延期
・米国が200兆円を超える経済支援策
・ドイツが国債発行して財政政策を発動
・FRBによる無制限の資産買い入れ

少し前では想像もできないような政策、対策が主要国から相次いで発表されています。新型コロナウィルスの影響がそれほど人々の暮らしと社会全体に影響を及ぼしています。

イタリア、ドイツ、フランスに続いてイギリスでも外出が制限されました。花の都・パリ、永遠の都・ローマ、7つの海を支配した大英帝国、その中心のロンドンで街並みから人々の姿が消えました。

国境の門は閉ざされ、誰もが自宅にこもっているしかありません。外に出てはいけない、家族以外は誰とも会ってはいけない。公共交通機関は使ってはならない、イベントはもちろん、友人との会食もすべて禁止。忍び寄る目に見えない恐怖に世界中の人々の活動が凍結されています。

株式市場にたずさわって40年近くが経ちました。株価の先行きを考えることは「経済とは何か」、「景気とは何か」という点を考えることですが、今回の世界的なコロナウィルス禍によって「経済とは人が動くこと」だという事実が初めて理解できました。

世の中の活動がすべて止まってしまって、初めてそのことがわかりました。人々が動き出す、止まる、動き出す、止まる、そのくりかえしが経済を動かしモーメントやサイクル、トレンドを作るのですね。

娘がガーベラの花束を買ってきました。それほど大きなものではありませんが、テーブルに飾ると部屋の中がいっぺんに明るくなります。

卒業式や結婚式が中止になって、ブーケやテーブルアレンジ、装飾用の切り花がまったく売れない状態となり、注文のキャンセルも続出して、全国のお花屋さんがたいへんなピンチに陥っているそうです。夕方のニュースで聞きました。

切り花は季節もので冷凍保存もできず、寿命も野菜や果物など生鮮食料品より短いため、残ったら処分するしかないそうです。お花屋さんを助けるために自宅に花を買って帰ろう、というニュースの呼びかけにお小遣いの範囲で応えようとしたそうです。

その翌日、私も家内も花を買って帰りました。何年ぶりのことでしょう。花瓶が少ないのでペットボトルを切って生けています。しばらくは自宅で季節の花と過ごす時間が増えそうです。
(スズカズ)