Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

中国で10月末に4中全会(第19期中央委員会第4回全体会議)が開催されました。「共産党の権威と集中的な統一指導」が前面に打ち出され、管理体制の強化が改めて示しされましたが、それらとともに科学技術に関して、あらためて挙国体制を固めることが採択されました。

2015年に打ち出されたハイテク産業の育成策である「中国製造2025」に代わって、国内の研究機関や企業に蓄積された技術を結集して、半導体などの研究開発を進める方向性が強化されるとみられます。

4中全会と前後して、トランプ大統領からは米中貿易交渉に対して融和的なスタンスが打ち出されました。それを好感してNYダウはS&P500に少し遅れて史上最高値を更新しました。両者の関連は本当は何もないのかもしれませんが、時系列的に記述すればそうなります。

米国だけではありません。ドイツのDAX指数は昨年5月以来の高値、フランスのCAC40は12年ぶりの高値となっています。イタリア、ブラジル、ロシアも高値に進み、日経平均も昨日は23,000円の大台を突破しました。世界の政治と経済はどの国も越えがたい問題を山ほど抱えていますが、今のところ微妙な均衡のもとに世界同時株高の様相を強めています。

中国の意思決定はいつの時代も秘密のベールに包まれています。表面的に伝わってくることと真の狙いの在りかはずいぶんとかけ離れていることが多いものです。その辺の検証はかなり時間が経ってからでないとできないものですが、4中全会で盛り込まれた決議事項に「ビッグデータやAIの活用」の一項目がありました。AIを活用して社会の管理態勢の強化と新しい制度、規則の構築を行ってゆくそうです。

AIによる管理社会なんて、なんとも恐ろしいですね。ジョージ・オーウェルの「1984」がすぐに思い浮かびます。そこではビッグ・ブラザーに支配された監視社会、町中にテレビカメラとマイクが仕掛けられ、人々のほとんどすべての行動は政府当局によって監視されています。自由な意思表示も許されません。

AIに関するニュースを耳にしない日はありません。本日(11月6日)の日本経済新聞には、大学受験の名門予備校、駿河台予備校と河合塾がAIを導入して難関校の入試対策に利用すると報じていました。

設問を作る側の大学がAIを使って入試問題を出し、それに回答する側の受験生もAIによって指導を受けて合格を目指すという。ますます画一的で個体差のない入試が実現することになるのでしょうか。レベルはぐんと違っていますが、AI運用、AI投資が普及すればするほど、全体主義的な国家像とさほど変わりばえしない、均質的な世の中が形作られてゆくような気がします。
(スズカズ)

日経では「次のワークマンを探せ」の記事。

株高の流れに乗り遅れていた中小型株が息を吹き返している。
相場全体が持ち直し、大型株が個別業績に反応しにくくなる中、機関投資家の関心は中小型株に向かう。
投資余力の回復してきた個人投資家も再び参戦する。
時価総額が年初から2倍強になった作業服販売のワークマンに続く銘柄はどこか。
海外投資家の間で「次のワークマン」を探す動きが広がれば、日本株全体への関心を取り戻すきっかけになりそうだ。

これに対して投資家さんのコメント。

第2、第3の○○(大きく上がったような銘柄)と言われる場合もあります。
しかしなかなか第2、第3の○○はないように・・・。
ワークマンの次は、やっぱりワークマンとも・・・。

一方で活字は・・・。
「大型株中心だったヘッジファンドも割安に気がついて中小型株に」
「出遅れ感のある中小型株」
「個別要因で手掛けやすい」
「中小型のリビジョンインデックスは1年1日月ぶりにプラスに浮上」
「中小型株は内需関連が多いが、消費増税という山を越えた」。
礼賛ばかりが聞こえてきました。


確か同社株のチャートは今年も右肩上がり。
個人的にも何度か注目株に取り上げました。
GWのセミナーでは「現場の作業着がファッションになると誰も考えていなかったでしょう。
ファッショナブル、プライベートブランドも出してきました。
今、ワークマンのFCをやりたい人が非常に増加。
とても売れているため。新形態のワークマンプラスで業績は安定した上昇。
ものつくり等々を絡めて面白い動きをしてくる会社かなと思っています」とコメント。
株価は5000円水準(分割換算後)でした。
昨年12月12日のメルマガ。
「ワークマンに注目する。
同社は作業服、関連用品の専門チェーン。
アウトドア等向けPB需要旺盛で客数拡大。
アウトドアやスポーツ、雨具のPBに特化した専門店を東京・立川にオープン。
11月度の売上高は、既存店が前年同月比20.1%増で、全店は同24.1%増。
「フィールドコア」「ファインドアウト」「イージス」の主力3ブランドが大幅に伸びた。
防寒の「ヒートアシスト」などPB商品も好調」。
株価は3000円水準でした。
結果論としては株価が長期上昇だから悪くはありません。
しかし・・・。
株価が動意づいていないかった頃も一生懸命、地道にIRを行っていた姿勢が脳裏には浮かびます。
昨年、確か福岡だったと思いますが、同社の製品を展示しながらトップが一生懸命アピールしていました。
「これが売れているんですよ」という話を聞きながら黄色い作業衣や雨具を見たことを思い出します。
そしてそこにたくさん集まっていた投資家さんの姿も・・・。
こういう地道なIR活動がきっと今年の瞠目すべき株価動向に繋がったのでしょう。
IFRSだ、ESGだ、企業価値の算定だ、統合報告書だ。
学問チックに横文字に流れる高尚なIRも重要かも知れません。
でも・・・。
やはり現場でのIR行動が一番大切だと思われる事例でもあります。
ワークマンの動向は忘れていたものを思い出させてくれたような気がします。

土曜の日経朝刊でも報じられましたが1日に発表されたのは「科学技術予測調査」。
2040年頃までにどんな技術が実現するかの未来像です。
包括するコンセプトは「人間性の再興・再考による柔軟な社会」
今後の相場テーマの萌芽は間違いなくここにあるはずです。

https://www.nistep.go.jp/archives/42863
https://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/NISTEP-NR183-PressJ.pdf
https://www.nistep.go.jp/wp/wp-content/uploads/ST-Foresgiht-2019_preliminary.pdf

老練な市場関係者のメールにあった言葉。

「市場関係者、何を恐れてるのでしょうか。
今年は自称・プロ泣かせの相場ですね。
本当にこの頃、どの世界もドクターX、北斗になって来たと思います。
叩き上げのスキル、独自の奥義がないと厳しいです。

目標株価なんて分からないのですから、言わない、聞かない方がいいのかもしれません。
言うから自説に執着してしまう。
実際、目標株価を出すよりも「転換点」をつかむ方がはるかに重要と思います。
あとはロジック、イベント、チャートなどから判断して上がる(下がる)確率が高い時間帯を提示することも重要。
もっと重要なことは、予測(自説)はするけど、現実に合わせて自説を修正する柔軟さを持つことでしょう」。
首肯。

以下は今朝の場況。
今日から3月までNYは冬時間。
朝が忙しい時期となってきた。

「主要3指数そろって過去最高値を更新」

週末のNY株式市場は主要3指数そろって反発。
S&P500とNASDAQは終値ベースで過去最高値を更新した。
NYダウは史上最高値まであと12ポイントと迫った。
雇用統計は非農業部門の雇用者数が前月から12.8万人増で着地。
GMのストライキの影響で伸びは前月から鈍化したものの市場予想の8.9万人増を上回ったことを好感。
米政権高官らが「米中通商協議が順調に進展。
米国は第1段階の通商合意の月内署名を目指している」とコメント。
米中協議を巡る警戒感は後退した。
ISM製造業景気指数は48.3と50を3カ月連続で下回った。
ただ雇用統計が好調だったことから見えないフリ。
週間ベースではNYダウが1.44%、S&P500が1.47%、NASDAQが1.74%上昇。
S&Pの上昇は4週間連続で2月以来最長となった。
NASDAQの上昇は5週連続。
10年国債利回りは1.7%水準。
2年国債利回りは1.5%水準。
ドル円は108円台前半。
週明けのNY株式市場は続伸。
NYダウは114ドル高の27462ドル。
7月15日以来、約3カ月半ぶりに過去最高値を更新した。
米中の貿易協議が進展するとの期待から、投資家姿勢が強気に傾き、景気敏感株中心に幅広い銘柄に買いが入ったとの解釈。
ウォール・ストリート・ジャーナル紙は米中貿易交渉の「第1弾」の署名場所について「トランプ米大統領がアイオワ州を考えていると述べた」と報道。
「中国関連」とされる建機のキャタピラーや工業製品・事務用品のスリーエムが買われた。
またブルームバーグは「ロス商務長官が米企業の中国通信機器大手ファーウェイへの事実上の禁輸措置について一部の解禁は間もなくだと述べた」と報道。
インテルなど半導体銘柄が上昇。
NYダウは上昇幅を一時170ドルまで拡大した場面があった。
NASDAQも続伸。
連日で過去最高値を更新。
S&P500指数も連日で過去最高値更新。
ダウ輸送株指数は243ポイント高。
SOX指数は2.19%上昇。
9月の製造業新規受注は前月比0.6%減と市場予想の0.5%減以上に減少。
「設備投資がやや弱く、米中貿易戦争が続く中で製造業が依然軟調」との解釈。
国債利回りは上昇(価格は低下)。
10年国債利回りは1.77%台。
2年国債利回りは1.59%台。
ドル円は108円台半ば。
恐怖と欲望指数は80→86に上昇。
「完全に警戒圏」いn見えないフリができるかどうかが課題。

「CMEは23000円台回復」


週末の日経平均は寄り付き197円安、大引け76円安と反落。
もっともTOPIXは高値引けだった。
ブルームバーグが「中国側は米中合意の実現性に懐疑的」と報じたことを警戒。
ただ市場予想よりも堅調な企業決算を背景に売り一巡後は戻り歩調で日足は陽線。
「雨降って地固まるになれば」という声もある。
週間では約50円の上昇。
週足はほぼ十字に近い形で4週間ぶりに陰線。
5日線(22892円)はサポートとならなかった。
東証1部の売買代金は2兆3871億円。
値上がり801銘柄、値下がり1283銘柄。
新高値104銘柄、新安値9銘柄。
騰落レシオは119.20に低下。
過熱感は全くない状況だ。
NTレシオは13.71倍。
25日線からは2.99%、200日線からは7.03%のプラスかい離。
25日線(22187円)から5%かい離で23296円。
200日線(21500円)から10%かい離で23650円。
限界と見るよりは加速と見たいところ。
サイコロは9勝3敗で75%。
松井証券信用評価損益率速報で売り方▲13.841% 。
買い方▲7.295%。
マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方プラス0.820%。
買い方▲13.296%。
空売り比率は39.3%。
2日連続の40%割れ。
空売り規制なし銘柄の比率は5.2%。
日経HVは12.9、日経VIは14.27。
日経平均採用銘柄のPERは12.95倍。
EPSは1764円。
PBRは1.13倍。
BPSは20289円。
週明けのシカゴ225先物終値は大証日中比円280円高の23130円。
高値23180円、安値22925円。
気学では「安日柄なれど前週来安き時は小底入れする」。
水曜は「押し目買いの日。後場急騰したら利入れ方針良し」。
木曜は「後場へかけてよく動く日。前止めの足取りに付け」。
金曜は「不時高、不時安を見せる日。逆行日」。
日足ボリンジャーのプラス1σ(22743円)がサポート。
プラス2σが22300円だ。
週足ボリンジャーのプラス2σが23216円。
月足のボリンジャーのプラス2σが23282円。
プラス3σが24085円でようやく24000円台が見えてきた。
ハロウィーン効果からサンタクロースラリーという理想が実現するかどうか。
因みにアノマリーは「11月3連休明けは高い」。
そして「11月最終週の株高」となっている。
先週まで火曜日は10週続伸。
11週続伸に期待だ。
(櫻井)。

予想通りのFRB利下げ

 昨日の米FRBの金融政策変更(利下げ)が材料としては今週最大のものだったと思いますが、「想定通り」の0.25%政策金利引き下げでした。


 いろいろあっても株式結局は「材料出尽くし」で「一旦」下落、というところなのでしょう。


 日経平均で見れば、8月下旬から3000円弱上昇して、ここからどれくらい反落するのか?あるいは、今週のザラ場高値の2万3千円超えが当面の高値となるのか?今のところどちらとも言えないでしょうね。


 買い方の中には、日経平均が3千円方上昇したのだから、今回はこれで十分、という向きもあれば、もうはまだなり、で、年内2万4千円を期待、という向きもいそうです。


 一方売り方の中には、ここからいよいよ大幅下落だ、という見方の人たちもいれば、ここは単に短期の下落を期待、という人たちもいるでしょう。


 日本は、マクロ景気はよくない、企業業績は今期減益傾向が確実、ということで、株価の上昇は違和感がある、という見方に反論するのは難しいところです。


 そうであるからこそ、8月下旬にかけて売られ過ぎたのであり、ここまでの上昇はその反動(売り方の買戻し中心)というのが真相に近そうです。


 さて、ではここから年末辺りまでを見て、どういった相場見通しなら賭ける価値があるか?とみますと、新規の買いは躊躇する、というのはその通りでしょう。


 仮に買いポジションがあるとすれば、買い持続を「爪を伸ばすな」という目で慎重に見るのか?それともそれでOKとするのか?個人的には、まだはもうなり、ではなく、もうはまだなり、買い方にとって、という感覚を持ちます。


 それにしましても、日銀はほんとうに「ちゃんと何もしない」のだな、と思ったところです。何もやりようがないのかどうか、分からないところではありますが、FRBが利下げして、ECBが緩和強化、という時にフォワードガイダンス修正のみはないだろう、と当てが外れた買い方が恨んだとしたら同情すべきという気がします。(逆に売り方はほっとした、というところでしょうか。)


向こう1年くらいの相場想定

 そろそろ年末に近くなりますし、来年と言いますか、向こう1年くらいの日本株相場見通しを考えておくのもいいかもしれないという気になっています。


 向こう1年くらいの想定、ということですと、私は以下の2点が大いに気になります。


1.株式相場の変動(具体的には日経平均の変動幅)が大きくなっているのは確かですが、向こう1年でそうした変動をどう想定するか?


2.アップルの株価がまたぞろ史上最高値、などという現象が米国では起きており、そろそろ「バブル化」を意識する局面に入りつつある、と見えるのですが、向こう1年で米国株のバブル化をどう想定するか?


 2.については、個人的にはやがて米国株のバブル化を目の当たりにすることになるだろう、と思っています。その際に、日本株にも多少なりとも後押し材料になるはずですから、その局面での日本株の上昇に期待しよう、という気持ちを持ちます。


 1.については、例えば、過去5年を振り返って、「2、3か月で日経平均が2千円幅で上下動したことが何回あったか?」と見てみますと、数えるのがなかなか難しいのですが、私の数え方だと、以下の通りでした。


・2千円幅の上昇 → 11回

・2千円幅の下落 →  7回

   合計      18回


 日経平均は、過去5年で約50%の上昇となっています。(およそ1万5千円⇒2万3千円へと約8千円の上昇。)


 おおまかな計算をしますと、2千円ずつ11回上昇、合計2万2千円上昇、一方、2千円ずつ7回下落、合計1万4千円下落、上昇と下落を合計して、2万2千円ー1万4千円=8千円、で、5年間で8千円の上昇、となります。(大いにラフな計算です。)


 むこう1年くらいを想定しますと、予想は難しいのですが、1年後には今より日経平均が高いところに居そうだ、という気はします。理由は、企業業績が今よりは向上していそうだから、です。


 さらには、上記2.の米国株バブル化がありそう、ということもあります。


 そのように考えますと、向こう1年を見た場合、3か月くらいのスパンで日経平均が2千円幅で上下動する、という相場を繰り返しながら、1年後には日経平均が今の水準より上に居るという想定に「賭ける」という人が居るとしたら、それなりに理解できる、ということになりそうな気がします。


 一方で、「グレー・リノ(=おそらくは、CLO)」が暴れだして、最悪リーマン・ショック級の暴落を引き起こす、というリスク要因を忘れるわけには行きません。


 ただし、私は、リーマン・ショック級の暴落相場がやって来るとしたら、それは米国株がある程度以上のバブル化を遂げた後だろう、と思っていますので、まずは米国株のバブル相場化を想定した投機行動を考えておく方がいいのではないか、と思っています。


令和元年11月1日

証券アナリスト

松下律

東京、札幌、名古屋に続いて4都市目、
大阪でのフォーラムが先週末おかげさまで無事終了しました。
今週は大阪四方山話も含めたご報告です。

フォーラムは、まず大阪八尾出身の中嶋キャスターの講演「歴史について学ぶ」からスタート。
ご自身のプロフィールから、
八尾で生まれ育ち、中高大学まで地元大阪で。
山一証券に就職して最初の赴任地は梅田だったのに、
フォーラム会場に到着するまでに4回道を尋ねた、
という話に会場大盛り上がり。
スポンサー各社のプレゼンに続き、
岩本キャスターが来年の干支・鼠にちなんで「鼠は大黒天の使い」というタイトルで講演。
今野記者は米国経済についてのトーク。
そして抽選会と、皆さん最後の最後までお付き合いくださいました。

(一同写真を撮る余裕がなく、
三井住友DSアセットマネジメント、ムネさまこと宗正彰さんに頂きました)

大阪会場、私は3年ぶりに伺いましたが皆さん相変わらずフレンドリーでした。
お母さまが中嶋キャスターの大ファンで色紙を預かっていらしたというお嬢様。
何度もお見掛けする方。
東京・名古屋で抽選に漏れてしまい大阪まで来てくださったという方。
一緒に写真を撮らせていただいたり、
握手を交わさせて頂いたり。
(とってもお綺麗な方と握手をした後、
スタッフにボソッと、僕が握手したかった・・・と呟かれたり)
沢山の出会いがあり、沢山の思い出が出来ました。
ありがとうございました。
ストボフォーラム2019は残すところ福岡会場のみ。
今週末が締め切りとなっていますので、
お申し込みはストックボイスHP  トップページよりお急ぎください。

さて、フォーラム終了後はお昼を食べる余裕がなかったスタッフの慰労も含めて
梅田地下街のお好み焼き屋に。
梅田にゆかりの深い中嶋キャスターでさえ迷ったほど複雑な梅田周辺、
一同迷いながら店に向かいました。
よし!地図を見よう!



率先して手に取ったのは一番若手のスタッフ。
地図を開く。
そして一言。

「あれ?なんだ、この地図。現在地が載ってねー!」
そりゃそうだ、地図だかんね。
一同爆笑。

自分の間違いに気付き、
僕はGoogle Map世代であると真っ赤になって苦しい言い訳をする、
その男、松川。
(彼の書く文章はスタッフブログでご覧ください)

素晴らしい案内で無事お好み焼き屋に到達。
大阪の味を満喫して帰路に着きました。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

今回は日本編です。 
フランス、スイスのドライブ旅行では常に愛犬を伴っていたのですが、帰国してのドライブも愛犬同伴が原則です。 幸い日本でも愛犬と泊まれるペンションが、各地で出来始めた時期でもありました。 主人以上に旅行好きの愛犬へのサービスが始まります。 特に信州は、スイスの自宅周りの散歩道を思い出させるのか、大のお気に入りの地域でした。 普通は助手席の床に陣取る愛犬も、大きなバッグを車のリアボックスに入れると、旅行で長いドライブになると感じるのか、躊躇わず後部座席で寝そべるのが常でした。 

前回のブログで、スイス時代の馬力の小さな車での登坂の苦労を書きましたが、 その反省から日本ではセダンでも馬力の強い車を選びました。 北は竜飛岬、南は家内の故郷の宮崎まで足を延ばしています。 当然遠い宮崎には、途中2泊の名所巡りを入れたドライブになります。 海外が長かった分、国内を殆ど回っていないので、こうした長距離のドライブも全く苦にならなかったものです。 基本は私が全距離の3分の2、残りは家内の分担です。 家内も劣らずドライブ好きで、私と同じくロンドンで免許を取得したことは前回述べました。日本での運転の経験がない儘、帰国して一週間目に友人の車を運転して軽井沢までのドライブを楽しんでいます。 ナビのない時代ですので、報告を受けてその度胸の良さに驚いたものです。 パリの凱旋門仕込みがそうさせたのでしょうか。

そうした苦楽を共にした愛車ですが、つい最近廃車にしました。 通算20万1000キロの走行距離でした。 メンテナンスには、かなりのコストを掛けたので、エンジンに全く問題はないのですが、足回りの部品がどうしても調達できず、車検を通過できなくなった為です。 長丁場のドライブを卒業するタイミングが来たのかもしれません。 新たなドライブの形をどうするか、現在思案中です。

(中嶋)