Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

恩讐の彼方

櫻井 英明

2019/02/05 07:29

Ae85a434 0528 4092 acd2 591fd4d2e3c3 castphoto11 sakurai

人類は悪い方向へ進まないというのが相場観の大前提。

もし相場が悪化し株価が下落するとしたら、それは次のステップのための準備。

そんな思考法は間違っていないでしょう。

そうでなければ、地球そのものあるいは人類社会は進化しないはずです。

そういう壮大な相場勘も必要です。

今日とか明日だけを考えるというか見るから、しばしば相場予測は間違うもの。

あるいは先のことを見ていても、その結果をなかなか深く考えない傾向。

経済指標の発表スケジュールには詳しくても中身は吟味しないというような風潮。

しかもその経済指標そのものの信頼性は薄いもの。

中国のGDPや米雇用統計、あるいは厚労省の不適切統計などが代表例でしょう。

そこに相場動向の根拠を持ってくるから見間違えるのかも知れません。

そうではなく、リズムを感じることのほうが大切。

あるいは信用動向、裁定動向などのキャッシュの動きの方が重要です。

単に投機筋の動向などを追い求めるのではなく、市場指標の公表数字だけを見つめること。

経済統計ほどはいい加減ではない筈です。

たとえ週間遅れの数字でもそこに真実はある筈。

個々人、各機関投資家の動いた軌跡が市場の売買動向や指標。

何を考えこの結果になったのか。

そしてこれからどう考えるのか。

日夜これを考えることで相場観は磨かれてくるに違いありません。


どうしても株を買わなければならない需要というのは少ないもの。

一方でどうしても株を売らなければならない換金需要は多いです。

だから株価は上昇に時間を要し、下落は瞬時に訪れます。

万有引力の法則が働いているわけではありません。

需要の差が株価の時間軸の差となっているだけ。

どうしても株を買わざるを得ないのは機関投資家の勤めて運用受託をしているサラリーマンが大半。

個人にとって「どうしても」はレア。

これは結構重要なポイント。

格言では「上げ100日、下げ3日」。

似たようなのは「天井三日、底百日」。


1月第3週金曜は今年初の「西向くサクライ」。

熊本に向かったら金曜の日経平均は上昇。

そして言っていたのは「勝手雲は31日に白くねじれ」。

加えれば「2月1日は株高のアノマリー」とも。

すべて根拠は希薄。

過去の経験則の延長線上でしかありません。

でも、それなりに市場がそういう動きをすることもあります。

コレがいわゆる「理外の理」ということ。

「理外の理」とは「普通の道理や常識では説明のできない不思議な道理」。

あるいは「普通の道理では判断することの出来ない難しい道理」。

つまり「理外」は理屈だけでは説明のつかないこと。

「相場は必ずしも通常考えられる理屈通り計算通りには動かないこという意味」とされます。

昔の証券会社の株式部や市場部など「理外の理」の典型みたいなもの。

「調査部」とか「リサーチセンター」などど相容れそうもない話題ばかりでした。

しかし、真面目な経済指標を使った相場予測よりもこの「理外の理」みたいな予測の方が好きな人は多かったです。

数字だけで予測を結論付けることができないのが相場でもあります。

「理屈に当たり、相場にはずれる」という格言の通り。

別の格言では「理と非との中にこもれる理外の理、株の高下の源と知れ」。

自分の経験則による「理外の理」をたくさん持つことでできれば、相場は更に楽しく面白くなるでしょう。

しかめっ面で数字をこね回すから相場は縁遠くなるもの。

罫線だって紙芝居と思えば、ややこしくなくなるでしょう。

難しく語る話の多くに本質はないものです。

あるIR担当者の言葉は「人に優しくわかりやすいIR情報の発信に努める」。

もっとも、「儲かれば何でもいい」というのがおそらくは投資家側の本音なのでしょうが・・・。


市場関係者とか投資家さんというのは職人さんのようなもの。

アチラコチラに右顧左眄するのではなく泰然自若。

自信と誇りと情熱をもって相場に対峙しなくてはなりません。

頑固に相場を見続けること。

終わりのない旅を日々続けること。

誰も見つけていない法則やシナリオを描き続けること。

これは結構キツイことです。

しかし原料や製法にこだわるのが職人さん。

あるいは技術や製品にこだわり続けるのが職人さん。

ある意味で完璧なこだわりの世界です。

市場は職人の世界なんて考えたこともないという人も多いでしょう。

そんな域に達するまでは途方もない時間がかかるのも事実。

そしてそれでAIに勝てるとも思えないのですが、どうしてもそう思ってしまいがちです。


「サンバイオ(4592)。 2年かけて10倍、3日で半値、4日で3分の1。

でも、お疲れ様と言いたい。

また、どこかで暴れるときもあるでしょう。

それまでじっくり養生して下さい」と市場関係者。

相場を彩ってくれた銘柄に感謝の心。

その銘柄で大損をしているとなかなかそんな気持ちになれるものではありません。

しかしこの感謝の心というのは悪くありません。

「株塚」とかいう名前で祀ることも悪くないでしょう。

相場は永遠に続くものでもあります。

教訓は2つ。

一つはアノマリー。

「仕手株急騰は安値から10倍まで。理由は10倍で仲間割れ」というのがあります。

まさに10倍になると不思議と下がることは多い気がします。

今更仕手筋などおらず、仲間割れもないでしょうが、アノマリーというのは面白いもの。

もう一つは「ストップ高した銘柄はその後どこかで上昇する。 あるいは何回かストップ高する」。

これらの教訓を忘れないことが大切です。

加えれば・・・。

「サンバイオ。 スタート時点の1000円台前半まで下がるとしたら最短で営業日10日。

2年かけて石積みしたものが10日で崩れて元に戻ってしまいます。

まさに賽の河原の石積みみたいなものです」。

深いです。

「相場はあなたの都合には あわせてくれません。

相場と会話をしてください。

相場と仲良しになってください」。

この市場関係者の言葉も深いです。


月曜朝7時15分からの兜町での「朝活」。

聞いてみたのは「ホンマルキとハナマルキの違い知ってますか」。

会場はシーン。

「では誠備は?マルキは?」。

誰も知らない世界と化してました。

仕手株なんて既に失われた言葉。

記憶の彼方の世界でもあります。

これは証券市場の世代交代の印でもあるのでしょう。

良いことや悪いことが混在しているのが相場の歴史ですが歴史は消えつつあるということ。

当然ながら「仕手」なんて言葉は市場から消えました。

そのうち「手振り」とか「手張り」なんて言葉も消えるのでしょう。

きれいになった市場にはきれいな相場が似合うようになってくるのかも知れません。


「100%儲かる指示を出すAIに従いますか?」の質問に「ハイ」と答える人は少しづつ増えてきました。

でも「全資金をAIに任せますか。 あるいは半分はAI、半分は自分の判断にしますか?」と伺うと・・・。

ほぼ全員が「半分は自分の判断で投資したい」。

これが本音。

相場にはやはり「生き様」が必要ということ。

相場に人生を投映している投資家さんは多いということ。

相場は常に「恩讐の彼方」と言えるのかも知れません。



以下は今朝の場況。

「5年連続でのスーパーボウルアノマリー崩れに期待感」


週明けのNYダウは175ドル高と続伸。

昨年12月上旬以来ほぼ2カ月ぶりの高値となった。

「アップルなど主力のハイテク株が軒並み買われ、相場上昇をけん引」との解釈。

朝方は利益確定売り先行。

一時80ドル超下落した場面もあった。

ただFRBは金融引き締めを急がない姿勢。

米中の閣僚級の貿易協議もが合意に向けて前向きな姿勢。

これらを再認識し取引終了にかけて上昇幅を拡大。

終値は高値圏のままだった。

「相場上昇の勢いが強く投資家心理が強気に傾いた」という声が聞こえる。

特にハイテクセクターの上昇が目立った格好だ。

マイクロソフトとアップルは2.5%以上上昇。

NASDAQは反発。

昨年12月上旬以来の水準を回復した。

S&P500は4日続伸。

一方で原油先物価格の下落を背景にエネルギーセクターは軟調展開。

VIX(恐怖)指数は15.73まで低下した。

グーグルの持ち株会社アルファベットが発表した10~12月期決算は最終損益が89.48億ドルの黒字。

ただ営業利益は7%増の82.03億ドルで市場予想(86億ドル)を下回っての着地。

時間外取引でアルファベットの株価は約4%下落。

週末の第53回スーパーボウルはAFCのペイトリオッツがNFCのラムズを13対3で破り2年ぶりに王者となった。

アノマリー的にはAFCのチームが勝ったことから株安が警戒される。

ただ2018年まではスーパーボウル・アノマリーと正反対の展開。

「アノマリーが4年連続で破られるなら今年の米株は上昇となりそう」という逆解釈も聞こえてきた。

10年国債利回りは2.72%と上昇。

ドル円は109円台後半。


「モヤモヤを払拭したい火曜日」


週明けの日経平均は小幅高ながら3日続伸。

寄り付き43円高で終値95円高は4日ぶりの日足陽線。

ただ「金曜の高値を超えず上値が重い印象」との声。

2000年ITバブル高値を抜ける苦しみという見方もある。

TOPIX上昇率1.07%に対して日経平均上昇率は0.46%。

日経平均は重い。

しかし値上がり1888銘柄、値下がり203銘柄は「よくできました」の格好。

値上がり14銘柄は今年最高。値下がり12銘柄。

騰落レシオは119.80まで上昇。

120を越えればたぶん弾みがつくだろう。

「TOPIXは直近高値を上回っており、日経平均も追随するかが注目される」という見方もある。

しかし結論は「モヤモヤ」だ。

NT倍率は13.21倍。

25日線からは2.6%のプラスかい離。

200日線からは5.7%のマイナスかい離。

松井証券信用評価損益率速報で売り方▲8.330%。 買い方▲12.905%。

売り方買い方が逆転すれば相場は復活の狼煙となる。

マザーズ銘柄ネットストック信用評価損益率で売り方▲8.502%。 買い方▲22.276%とまだきつい。

空売り比率は42.7%。

やや低下したとはいえ39日連続40%超。

日経HVは14.3、日経VIは17.23。

日経平均採用銘柄のPERは12.04倍でEPSは1234円。

PBRは1.11倍。

シカゴ225先物終値は大証日中比30円高の20880円。

高値20895円、安値20740円と狭いレンジでの展開だった。

日経平均の今年のザラバ高値は金曜の20929円。

昨日の前場高値は20922円。

因みに2000年4月の高値は20833円。

この動きは20年近い「恩讐の彼方に」のようだ。

気学では「不時の高下を見せる日」。

水曜は「戻り売り方針の日。逆に高いと翌日安し」。

木曜は「初め高いと後安し」。

金曜は「前場安いと後場戻す日。突っ込み買い良し」。

(櫻井)。

(第八十二)高下の本は作の善悪の事
作の善悪、高下の本なり。
其の年々、九州、上方、当地、近国並びに古米等多少の考え、第一なり。
三位の伝といえども高下を知る術にあらず


 江戸時代における相場師として著名な本間宗久がその唯一の著書とされる『宗久翁秘録』の中で書いています。
作柄の良し悪しがコメ相場の基本であって、その年の九州、上方、当地や近隣諸国の作況や古米在庫の多寡を分析することが重要である。(相場秘伝である)「三位の伝」といえども相場の高安を判断することはできない-という意味でしょう。

「もうはまだなり、まだはもうなり」、「休むも相場」、「二日待つべし」、「天井売らず、底買わず」、「豊作に売りなし」など、株式市場でも折に触れて引用される言葉が満載の古典的な相場戦術の宝典、相場格言の珠玉とされるのが同書です。株式投資家にとっても貴重な教訓が織り込まれた指南書としてこれまでもずっと読み継がれてきた著作ですが、そもそもはコメ相場に関わるものです。季節の推移による相場変動やそれに伴う売買戦術などコメ相場に特有な言葉が頻出します。そのため、株式投資家が読んでも、案外と参考にならない部分も多いです。

冒頭の一節も「作柄の良し悪しが相場の基本である。コメ産地各地の作況を分析し、古米の在庫状などを分析することが第一である」と、コメの需給分析の重要性を語っています。テクニカルでなく、作況分析…ということ。

ただ、これって「作の善悪」を「業績の善悪」に置き換えれば、そっくりそのまま「株式の本(質)」を解説したことにもなるのではないか、と気づきました。

ざっくりいうと、作=業績=ファンダメンタルズが投資の基本であるということ。現代にも通用する投資の原理を250年ほど前(昨年は宗久生誕300年でした)に語った言葉ではないか、ということです。この『秘録』は技術論や精神論の指南が多く、それで相場参考書として読まれてきたのですが、案外、こうした本質論的な部分もあるのが面白いところです。
さて、同書の第27節には、「正二売買退屈、四五六崩しの事」とありました。「正月、二月の相場は動きが少なくて退屈だが、三月は強い、崩れるとしても四月以降」との解説がありました。1月、2月に大きな動きがないのは江戸時代のコメ相場の習性だったのでしょう。色々なところで言及があります。確かに、冷え込んで相場も動きにくい季節なのかもしれません。
しかし、今の株式市場なら、「高下の本」となるであろう決算発表が今週も目白押し。発表がピークを迎えます。それで相場が動くようなら、興味もいっぱい。しかも今日から立春。季節はここから春に向かう時期なのです。(イワモト)

FRB方針転換

松下 律

2019/02/01 08:30

D5718516 997a 49b1 b8ed 3b901c12c91b castphoto15 matsushita
円高が気になりますが・・

 今週最大の注目材料として「パウエル議長の発言」を待っていたら見事にパウエル・プットを確認してくれた、わけですが、日本株相場からしますと、そのせいで円高傾向になるかもしれない、ということで必ずしも大歓迎にはならなかったようです。


 金利引き上げ中止+資産圧縮打ち止め、というのが本当であれば、必ずしもドル高ということでもないように思いますが、円ドル相場ということからしますと円高傾向→株安という懸念が残るのでしょう。


 見ようによってはFRBが株価急落に驚いて方針転換、ということなのかもしれませんが、米株式下落の前から長期金利は先行き景気のスローダウンを見越すかのように下落していたわけで、ここで政策金利(短期金利)引き上げをひとまず休止するというのは中央銀行としてはふつうの判断なのかもしれません。


 一昨日の米株の上昇は、しかし、パウエル発言を受けて、という以上に、アップル株とボーイング株の上昇が大きかったようです。業績の悪化を過度に織り込んでいた分、買戻しによる株価急騰が起きやすかったということで、ここから当面の落ち着きどころを探る動きに、GAFAを含めて多くの株の値動きがなるのでしょう。


 これで、売り方から見ると、もうFRBが株式相場崩落の手伝いをしてくれることはない、となったのでしょうが、かと言って、パウエル議長から出て来るはずの買い方にとっての好材料はこれでおしまい、ということになるわけで、どう見てもここから米国のみならずグローバルに景気指標も企業業績も芳しくない結果が出て来る、という局面で気楽に株を買うわけに行かないと思う人が増えそうな気もします。


 今後数週間、最大の材料はこれでまた、米中摩擦に戻って行くのでしょう。当面の交渉期限に向けて、なにがしかの妥協が成って、それが株価押し上げ材料になる、というシナリオが一番ありそうですから、成り行きをよく見ておきたいところです。


 日本株については、現在進行中の企業業績について、悪いは悪いなりに悪材料出尽くしといった反応が見られるのはありがたいことです。やはり地力をつけた日本企業の株価が割安だという見方が徐々に大きくなっているのかもしれません。それと、例えば5G関連の株が買われる、といった具合で積極的に行動する資金の流入もあるのでしょう。


 企業の自社株買いの増加もありますし、鈍いとはいえしばらくは戻りを試す相場展開と見ておきたいところのように思います。


ファンダメンタルズ

 いくつかのファンダメンタルズについて少し考えておきたいと思います。


1.マクロ景気と企業収益

→世界的に今年の成長率は下がるのでしょう。リセッションに陥らないために、米中の経済政策に注目しています。今のところ、米景気は特に問題なく、中国は景気刺激策を取っていますから、ネガティブではなさそうです。日本の企業収益はどの程度の悪化で済むかに注目でしょう。もともと今年度は当初減益予想でしたから、それからすれば特にサプライズはなし、となりそうに思いますが。


  2.成長分野の株価

→ 東京エレなどのいわゆるグローバル景気敏感株が本当に底入れの動きになるのかどうか?注目しています。さらには、5GやAI関連といった成長期待分野の銘柄の株価の動きにも注目しています。


  3.日米欧の金融政策と金利・資金移動

→日米は動かず、米はハト派に完全転向、円高になった時日銀が何か動くかどうか?注目しています。


  4.資源価格・物価

→ 今は、特にデフレっぽくもインフレっぽくもない局面だろうと思います。


5.地政学リスクと覇権争い

→まずは安定していると見ておいていいのではないでしょうか。米中の摩擦は恒常化するものという見方をする向きは大半でしょう。


6.投機筋の動き

→ 売り崩す絶好の局面、と考える投機筋は少ないのではないかと思います。どちらかと言えば、もう一段の戻りに賭けようという向きが多いのではないかと思えますが。


7.株価と利益のバランス

→アップルが典型ですが、FANG系の銘柄の割高感もかなり薄れて来ていますし、日米ともに株価の利益のバランスがおかしいということはないように思います。


2019年2月1日

証券アナリスト

松下律 

先週、弟一家の愛犬を看取りました。16歳でした。

たまたま近くに居合わせた折、甥っ子が犬の名前を叫ぶ声で駆け付けると
既に弱々しい息。
老衰でこのところほとんど食事も水分も受け付けなくなっていたのですが、
弟夫妻が仕事に出かけていた時間帯、
母も呼んで、最期は3人で看取りました。
眠るような最期でした。

小5の甥っ子は時折泣きじゃくりながらも、
背中をさすってやったり、スポイトで水分を与えたり。
自分が生まれた時には既に家にいた相棒を気丈に見送っていました。

我が家の愛犬はワガママ放題だったので、犬によってこんなにも違うものかと一家で驚いたのですが、
弟のお嫁さんが嫁入りのときに連れてきたこの犬はとても我慢強く、
自分より後に生まれた子供たちのお兄ちゃん分。
分別の付かない子供に食べ物を取られても毛をむしられても乗られても、
奥歯を噛みしめてじっと我慢。
子供が転んだりするととても心配し、子供たちの成長を見守ってきました。

人間よりはるかに命が短い犬。
別れはとても辛いですが、子供たちにもたくさんのことを教えてくれました。
もっと散歩に連れて行ってやればよかった
もっと遊んでやればよかった
今しきりに悔みつつ、
兄弟喧嘩をしそうになると
「彼が見ているから喧嘩はやめようね」と互いに言い聞かせているそうです。

死してなお、沢山のことを教えてくれているようです。
寂しくなりました。

当ブログでは、しばしば中国の抱える各種問題を指摘してきました。 この所各種メディアの報道する中国の問題は、米中貿易摩擦から予感される経済的側面に集中しており、その官民が抱える巨大な負債の処理の行方に集中しています。 その処理で、ソフトランディング出来るか否かは極めて重要な問題です。しかし仮にハードランディングになっても、共産党一党独裁支配を国是とする中国の体制を、根本から覆すことにはならないとみる専門家が多いようです。


1989年6月の天安門事件は、民主化を要求する学生が主体となる大規模なデモでした。 しかし一般大衆が其れを支持したのは、当時の食料品物価の高騰に対する不満があったからだと言われています。 国営の小売店で60%近い上昇、自由市場ではそれを遥かに超える値上がりになっていたようです。 特に中国料理に欠かせない豚肉の値段の高騰が、政府に対する攻撃の材料になりました。 結果は政府の武力弾圧で収束を迎えるのですが、どれだけの人間が亡くなったかも一切公表されておらず、今では事件そのものが抹殺されています。 しかし食に対する不満が大きなエネルギーになる事が、指導部に刻まれたことは間違いありません。


現在日本で豚コレラの蔓延が問題になっています。 中国人観光客が持ち込んだ豚ソーセージが発火点と言われています。 正に今中国では、豚コレラが蔓延しているのです。 現在20省以上に拡大しており収束の気配が有りません。中国は世界の豚肉の生産量の半分を占める豚肉大国ですが、それでも国内需要をまかないきれず一部輸入に頼っています。 アメリカからの豚肉の輸入には高関税をかけ抑制し、その分国内の増産で賄う方針でしたが大きな狂いが生じています。


経済の停滞による若者の就職難が顕在化しています、其処に食料価格の高騰が加われば過っての天安門事件のトラウマを思い出すとの政府高官の非公式な談話も出ています。 米国に対する対応以上に、中国の喫緊の課題は意外に国内に有りそうです。 

(中嶋)