Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

西谷 祐紀子 の投稿

毎年、ひどい花粉症の症状に悩まされ続けてきたのですが、

今年はなぜか症状が軽く、体質改善されたのかな♪と喜んでいました。


しかし、先週あたりから調子が悪い…。

やっぱりまた戻ってしまったのかと残念に思っていたら、こんなニュースが目に飛び込んできました。


「東京都健康安全研究センターのデータによりますと、ここ数日、花粉の発生源である多摩地方のヒノキ花粉の飛散数がここ5年にはないほど多量となっています。」3月30日 tenki.jpより


スギ花粉のピークは過ぎましたが、ヒノキ花粉が今年は大量飛散してるそう!

花粉症を克服したかと思ったのに、スギだけでしたか。。


しかも、今一番現れている症状が「咳」。これも初めての経験。

同じ花粉症なのに、いろんなバラエティがあるものだと痛感する春です。


良いこととしては、お優しい周りの皆さんからおススメののど飴をいただけること。司会の先輩からは浅田飴を、

昨日は福永キャスターからプロポリスマヌカハニー飴を頂戴しました。


うがい、マスク、はちみつ、生姜…喉に良いといわれるもの総動員で対応中ですが、優しさの入った飴が一番効くかも?

来年はヒノキにも勝ちたいです!


先日、宮城県仙台市でのお仕事に行った時のこと。 

単発のお仕事で、初めましてのチームの中に加わったのですが、その中に青森出身だという女性が。


東京に住んでいても、青森出身者に会うことはあるのですが、青森といっても広く、地方が違うと同郷感が薄いので、「あぁそうなんですね」で終わってしまうこともあります。


しかし、話してみると、青森の中でもかなり近い町のご出身だとわかりました。

さらに聞いていくと、

・年齢は一歳違い

・誕生日の日にちが2日違い

・私の両親と彼女のお父様が同じ職業…

と完全一致、まではいかない全てがニアミス!という点がいっぱい。

ただの偶然とは思えず、目に見えない「ご縁」ってやっぱりあるんだろうなぁと実感しました。


……


今朝目に留まった記事

<インバウンド>リンゴ効果 青森県が外国人宿泊者数初の東北1位

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180306-00000010-khks-soci


海外からわざわざ青森へなぜ?と思ったら、北海道と組み合わせた旅行商品や、輸出リンゴによる高い認知度が後押ししているとか。確かに、一昨年秋に帰省した時にも、リンゴ狩りを体験している中国人団体客の方がいました。 海外の方を受け入れる体制づくりが大変なようですが、多くの方に訪れて頂くのは嬉しいことです。 

……


もう一つ。

今野記者から今日、「(西谷出身の)大鰐町って、弘南鉄道の始発駅なんだね」と言われ、

なんでローカル線のことをご存じなのだろうと思ったら、「この間テレビでやってたよ」と。

高校時代、登校のために毎日乗っていた思い出の電車。

2両編成で、のどかな風景の中を走る私にとっては懐かしい鉄道。

確か廃止になると聞いていたのに、おかしいなと思って調べてみたら・・・

廃止が撤回になったようです!

今野さんのおかげで廃止撤回を知りました。


なんだか青森の話題づいている本日。

しばらく帰ってないな、と里心がついてしまいました。

今日2月7日は、今年2018年の初午(はつうま)の日。

一年で最も運気が上がる日と言われるそうです。


奈良時代711年、京都の伏見稲荷大社に農業の神、宇迦之御魂が鎮座されたのがこの初午の日。

稲荷神を祀る土地では初午祭が行われ、お供え物をして家内安全・商売繁昌を祈る風習があるそうです。

お供え物として、稲荷の神さまの使いである狐の好物、油揚げに酢飯を入れて作ったのが「いなり寿司」のはじまりだとか。 


この「初午のいなり寿司」を恵方巻きのようにイベント化して全国の家庭に普及させようという動きがあるようです。


私は今年、デパートのいなり寿司専門店店頭におかれていた紙でこの初午のいなり寿司を知りました。

コンビニやスーパーでも広告を見かけました。

今年は、バレンタインの義理チョコや節分の恵方巻きを「もうやめよう」という声が聞かれますが、初午のいなり寿司は定着するでしょうか。


ブームとは関係なく、私はいなり寿司が大好き。

コンビニやデパートでも時々買いますし、北鎌倉の光泉のお稲荷さんも好物です。

でも私にとっての一番は祖母のいなり寿司。

おあげがジューシーで、甘酢の具合が絶妙で、何個も食べたくなるあの味!


祖母はまだまだ元気だけど、当時のようにはお料理をしなくなってしまい、あの味は幻となってしまいました。 習っておけばよかったなぁ。 


DNAに期待しつつ、今夜はいなり寿司を作る予定です。

今日は昨年行った海外旅行について書きたいと思います。

ジョージアをご存知でしょうか?

ジョージア州ではなく国です。


グルジアというと聞いたことがあるのではないでしょうか。

西洋・東洋・中東・ロシア…

全てが混ざったようなとても魅力的な国でした。





場所はトルコの右上、東方にカスピ海があり、西は黒海と接しています。

1991年にソ連から独立し、日本では2015年から「グルジア」ではなく「ジョージア」という国名が使用されることになりました。



とても語りつくせないので、

ここには、ジョージア料理のことだけを紹介したいと思います。



まずはハチャプリ。

これはジョージア風ピザ。




内側全面にチーズが入ってるんですが、生地もチーズも軽くて、とても食べやすい!

チーズではなく、豆のペーストが入っているハチャプリも食べましたが、これもなんとも美味しいのです。




ヒンカリ。

ジョージア風の小籠包。 



肉まんくらいのサイズがあり、

中のお肉はスパイシーです。

皮もつるんと美味しいです。


そしてプハリ。

私はこれがヒット!



スライスした茄子に、何かが包まれています。

お肉でも、シーチキンでもない…

食べてもわからないけど美味しいその何かは…クルミ!



帰ってきて早速自分でも作ってみました。




ジョージアの方はナッツもたくさん食べます。 


こちらのお菓子はチュルチュヘラ。

昔から伝わり、今も愛されているそう。

ブドウなどの果汁のグミのようなもので

ナッツを包んだ棒状のお菓子。



農家さん(ちなみに旅行中、毎日運転してくれた現地ドライバーさんのご実家)で、家庭料理も頂きましたが、

食卓には必ずチーズが並びます。





そして、今振り返って一番美味しかったのは、お父さんが庭で焼いてくれた

バーベキューのお肉!

お肉自体が違うのか、味付けなのか、焼き加減なのか…全てなのでしょう。

本当に美味しかった!!

大きな骨つきの塊を3個も頂きました。

写真がない!




そしてそして、

ジョージアというと知る人ぞ知る、ワイン発祥の地。

世界中で飲まれている「ワイン」は

このジョージアから始まったのです、

その歴史は8000年!!

クヴェブリという甕を地中に埋めて作るのが

ジョージア古来の熟成製法。



ジョージアワインは

ブドウの味がしっかり感じられ、でも甘すぎず

後味がすっきりしていてとても美味しいです。


食べ物のことだけでも全く書ききれていない思いですが、

自身の個人ブログにも2-3日に一回、

旅の備忘録をアップしておりますので、

ジョージアにご興味がある方はよろしければご覧ください。


★裏にしや

https://ameblo.jp/uranishiya/


最近ハマっているお店があります。

Picard【ピカール】

フランスの冷凍食品のお店です。


調理済みのグラタンやラザニア、パエリアなど

オーブンで焼くだけの料理や、

野菜◯種類、オマールエビ、フォアグラなどの食材など、

様々な品ぞろえ!



フレンチだけじゃなく、 アジア料理の食材もあるし、

 ピザもあればスイーツも。 



いずれもパッケージもかわいく、 全部食べてみたい!!

という気持ちですが、

少しずつ試しているところです。 




商品によりますが、 クオリティの高さや 便利さなど

トータルで考えると 

コストパフォーマンスは悪くないと思います。



初心者の私がまず気に入ったのが、

クロワッサン!

あとは焼くだけ、という状態のクロワッサン、

10個入りで800円程。



オーブンに並べて指定の温度と時間で焼くだけで、

本格焼きたてクロワッサン!



表面サクサク、中フワッ、

日本のバターとは違う ヨーロッパのバターの香り。 



日本でもクロワッサン自慢のお店はありますが、

有名店のクロワッサンは買うと高いものは1個200円程。


でも、焼きたてに出会えることはなかなかありません。

それがお家で焼きたてを一個80円でたべられるなんて…幸せ!!


オーブン余熱の時間10分ほどと、焼く時間25分、

焼いた後10分置くように書かれているので、

食べるまでに45分ほどかかりますので、 お休みの日のお楽しみです。 


これは冷凍庫に常備になりそうです!

しかし、大人気らしく先日行ったら売り切れ。

代わりにパンオショコラを買ってみました。



ピカールはまだ店舗数は少ないですが、 通販もあります。 



冷凍の送料がかかってしまいますが (これが高い…) 

パーティに使えそうなものも

たくさんあるので、クリスマスにもおすすめですよ。


完全に回し者のようになっている 西谷でした。