Logo stockvoice

ブログ:Onevoice

西谷 祐紀子 の投稿

以前にこのブログにも書いたことがあるのですが、

私には尊敬するバレエダンサーの方がいます。


チャコットに生徒として通っていた時に出会った

大好きで尊敬する先生です。


その方がご自身のスクールを主宰されるようになってから

発表会の会場アナウンスを担当させて頂いています。

昨年の春、発表会を行う予定でしたが、コロナで延期。

その後ずっと音沙汰がなかったのですが、

この秋に舞台を開催することになったとご連絡を頂きました。


コロナ禍での発表会、

そこにはたくさんの変化がありました。

まず演目を2日に分けて、二日間開催へ。


客席は距離を保つため空席を作ったり、

会場内完全飲食NGにするなどの感染対策。


通常は当日その場で舞台袖で行う会場アナウンスも

一人でも人が少ない方がいいという考えのもと、

事前収録の形となりました。


当日の空気感をイメージしながらの収録。

皆さんが気分よく踊りだせるように想像しながら行いました。


そして、大勢で踊る演目は一つだけ。

それ以外は全て「ソロ」、つまり一人だけで踊る演目とし、

発表会ではなくパフォーマンスという名前での開催となっていました。

参加者ほぼ全員が一人一曲ずつソロを踊る。


複数人での踊りは練習時から本番まで感染確率が高まります。

一人ならそれは防げる。

単純ですが、こういう状況にならなければ思いつかない選択肢だと思います。


4歳からバレエを習ってきた私ですが、

ステージ上でソロで踊ったことはほぼないのです。

ソロはバレエを習っていたら、憧れのはず。

ずっと発表会がなく、レッスンもままならない中、

生徒さんたちのモティベーションも高まると思います。


この状況だからこそ生まれた、新しい舞台の形。

可能性の広がりを感じました。


同じバレエの話では、

新国立劇場で、5月に「コッペリア」無観客ライブ配信という試みもありました。

緊急事態宣言を受けて公演が中止。

作り上げてきた舞台をお客様は入れずに

配信の形で発信する。

これも新しい形です。


苦しい状況が長引く中で、今の最善を探り、

今だからこそできることを生み出す。

バレエに限らず、あらゆる業界で今、そういうことが

起こっているのではないでしょうか。

人間の考えるという力、立ち向かう姿は尊く、

励まされる思いです。


ちなみに、私はもう2年近くバレエのレッスンに行くことができていません。

レッスンが恋しく、バレエのバーレッスン用音楽を流し、

家の中で上半身運動を行うだけの日々。

他のダンスや体操もいろいろ試しましたが、やはり私にとっては

バレエが一番合っているようです。

新しい形の舞台の発展を願うとともに、

早く安心してレッスンに行き、舞台袖でアナウンスができる日が戻ることもやはり願わずにはいられません。


皆さんは、タクシーを利用したい時、どうしていますか?

私は地方に住んでいる時は電話でお願いしていました。
東京の場合は道で手をあげてその場でつかまえることがほとんどでした。

先日、ある駅を降りてから、目的地までタクシーに乗りたい日がありました。
でもその駅の周辺は大きな道路がなくタクシーをつかまえるのが難しい。

そこで初めてタクシーアプリを使用しました。
アプリによって、料金や使用方法は違うようですが、、、なんて便利なのでしょう。

電車を降りて目の前の道でアプリを起動。
画面上には自分のいる場所の地図が表示され、
近くにいるタクシーのイラストが動いています。

タクシーに来て欲しい、今自分がいる場所を確定させ、「タクシーを呼ぶ」をタップすると数十秒で、「配車できました」「あと3分で到着します」と通知がきます。

向かっているタクシー会社名や、その車の車体の色・外装、ナンバーまで表示され、
地図上で今どこを走っているのかもリアルタイムでわかります。

あっという間にタクシー到着、名前を告げて乗り込みます。
支払い方法も選べますが、クレジットカードと紐づいたアプリ決済を選択しておけば、
目的地到着後そのまま降りるだけ。

タクシーの運転手さんに、便利ですねーと話しかけたら、「そうみたいですね。私たちは変なことはできないですがね。」と苦笑い。
到着予想時間が出ていますから、遅くなったり、遠回りの道で来たりすると、クレームになったりするのかしら。
ずっと見張られているみたいで、運転手さんには同情しますが、利用者側は本当に便利。

事前に予約しておいたり、タクシー会社も選べたり、機能もいろいろあるみたいです。
私はめったに乗らないですが、いざという時には困らずにいつでもタクシーを呼べるという安心感。
おすすめいたします。

もう一つ、タクシーの中の動画広告にも驚きました。
私が今回乗ったタクシーでは、乗り込んだ後部座席のちょうど目の前に、モニターがあり、
次々CMが流れます。
テレビCMとは違う、新興市場でよく見る会社などのCM。タクシー用なのかな?
一人でタクシーを利用したら自然に見てしまう。この広告効果は大きそう。

コロナの影響で変化したことはたくさんあるけれど、タクシーの変化は歓迎したいと思います。
車自体も、より安全で、環境に優しいものに変化していますから、10年後の交通事情は現在とずいぶん様変わりしているかもしれませんね。

少し前のブログを見ると、小川キャスター、最近お菓子作りをされているのですね。

私もお菓子をよく作ります。甘いものがそんなに大好きなわけではないのですが、あの作る行為が好きなようで、作らないとストレスが溜まるほどです。


先日、海外サイトの英語レシピを見て、レモンのケーキを作りました。

といっても、「日本語に翻訳」ボタンを押して、直訳された日本語をみて作るだけなのですが、これが落とし穴がいっぱい。


まずは、とにかく量が多い。

推奨されている大きさの焼き型はかなりビッグサイズで、家にはもちろんなく、買うと結構高価です。またそんなにたくさんできても食べ切ることもできないので、持っている型で半量で作ることにしました。


このサイトがすごいのは、最終的に何人分にするかという数字をプルダウンで選ぶことができ、それに必要な各材料の分量が自動的に変わるようになっているのです。


ただ、小麦粉カップ4分の3など、gで書かれていることが少なくアバウトな印象です。

日本のレシピは75gなど、1桁まで細かく書いているので、本当にこれで大丈夫か若干不安。


次に、中に入れるポピーシード、ケシの実ですが、スーパーでは手に入らず輸入食材店へ。あったあったと喜んで買ってきたのは白いケシの実。よく見るとレモンケーキに入れるのは、ブルーポピーシードと言われる黒いケシの実。見た目の可愛さは半減です。


それでも、気を取り直して早速作ってみました。工程はとっても簡単で、液状のものをワンボールに、粉ものをワンボールに、最後はそれを混ぜて形に流して焼くだけ。


これならそんなに細かいことを気にしなくて誰でも簡単に美味しくできそうだなと思ったのですが、オーブンの温度が350度と書いてあります。

私のオーブンの設定温度は300度までしかありません。型も半分の大きさだし、300度でやってみよう!そう思い、予熱後スタートボタンを押しました。

すると、数分後に明らかに焦げている香りが。。。慌ててオーブンを開けると、見るも無残、表面が真っっっ黒。


アメリカでは温度は華氏 (°F) で表示されているので摂氏 (°C) から華氏 (°F) に変換しないといけないのですね。

みなさん、ご存知ですよね。。

350F は、170〜180Cだそう。


確かに、これまでケーキを焼いていて300度で焼くことなんて1度もなかったのに、なぜそこで気付けなかったのか。さらに350度が存在しない時点で普通気付くでしょ!と自分でもツッコみたくなります。


でもあきらめる私ではありません。

黒焦げの上の部分をカットして、アルミホイルをかぶせ、残りを低い温度で焼き上げました。もったいないもの。


もちろん、正しい温度で初めから焼いたものとは全く違う代物。ケシの実は白くて入ってるのかもよくわからない謎の食べ物ではありましたが、3分の2位はとにかく食べることが「可能」だったことで自分を慰めたのでした。


でも大間違いをすると、もう2度と同じ間違いはしませんね!

傷だらけですが、私も小川さんのように前向きにいきたいと思います。

バナナ酢

西谷 祐紀子

2021/03/31 12:00

306ed5c9 7f04 4732 882e 5585a252669a castphoto23 nishiya2
新型ウイルスにより、これまでの当たり前が難しい日々が長く続いています。

この1年以上の間に、新しいことをたくさん経験しました。


・連休がたくさんある

・作ったことのない料理やお菓子を作る

・ZOOMで仕事や飲み会をする

・YouTube(特に『お家でエクササイズ系』)をたくさん観る

・これまで組んだことのなかったキャスターと一緒に番組を進行する


まだまだたくさんの「新しい」があったと思うのですが、

緊急事態宣言が明けたことによりなくなった(減った)事、

一瞬の興味で続かない事もあったり、

これからの「普通」はまだ手探りの毎日です。



さて、そんな中で、私にとって最近の一番の「新しい」が「バナナ酢」。

数年前に流行ったようなのですが、最近友人から教えてもらいました。


お酢メーカーがいろいろなフルーツ酢を販売していますね。

りんご酢が最もメジャーでしょうか。

バナナ酢も市販のものもあるようです。


私が教わった手作りバナナ酢は、バナナとお酢と砂糖で作ります。

本当は長い時間をかけて発酵させるものを、電子レンジで数十秒、一晩寝かせて出来上がり。

友人のすすめで、黒酢&黒糖で作りました。


バナナ&お酢、、、味は想像しがたく、あまりおいしそうに思えないかもしれませんが、

意外とこれが癖になります。

基本は黒酢の味で、黒糖のやさしい甘味があって、後味がバナナという感じ。

大さじ1を1日2~3杯、私は炭酸水で割って、食前に飲んでいます。


これが便秘改善・免疫力アップ・美肌にダイエットそして血圧降下などなど

たくさんの効能があると言われているのです。

私は初めてまだたった5日(!)ですが、すでに小さく効果を感じ、期待大!


もちろん合う、合わないあると思いますので、絶対やってみてください!とお勧めはしません。

必ず効果があるとも、もちろん言えませんが、私はしばらく続けてみようと思います♪

あけましておめでとうございます。
東京マーケットワイドの今年初担当の日、着物で出演致しました。
初詣にも行きづらい年初、
少しでもお正月の雰囲気をお届けできたらとの思いでした。

実家の青森から着物一式を送ってもらったのは良いのですが、問題は着付けです。
帰省のたびに母に習っては約1年後まで着る機会もなくまた忘れる…ということを繰り返しています。本などを見ながら時間をかければ、なんとか着ることができるかもしれませんが、全く自信がありませんでした。

そこで、今回利用したのが、出張着付けです。
ハウスクリーニングや家事代行など、暮らしに関するサービスをインターネットで予約できるサイトでみつけました。
「着付け」と調べると、全国の着付師さんがたくさんヒット。
お写真と料金、利用者の評価を表す星のポイントが表記されています。
さらに参考にするのが「口コミ」。
いわゆる「やらせ」の書き込みではないと信じて、口コミをいくつかチェック。
そしてこの方なら、と選んで予約しました。

サイトを通じて、事前にメッセージのやりとり。あちらから、当日私が用意しておくべき物のリストが来て、こちらから、着物と帯の写真を送りました。以上!

さて、当日です。
開始時間10分前にピンポンが鳴りました。
はじめまして〜。
玄関で手指消毒をして入室。
早速準備に入ります。

私が用意していた着物一式のチェックをして早速着付け開始。
あまりの手早さに驚きました。
決まった部品を決まった箇所にはめていくだけ、といった様子で、ササッ、パッ、チャチャッと進みます。

来るまで見たこともない人間に、
触ったこともない着物を、
こんなに早く綺麗に着付けられるなんて、
神業だわっ!と感動。
入室から30分後には、着付け終了。
とにかく早い!

そして、「苦しくないのに、崩れにくい」という理想の着心地。
完璧です。

通常の、美容室などでの着付けの場合は、荷物を全て持っていく手間や、忘れ物をするリスクがありますが、自宅にきてもらえるのはとても助かります。

料金はその方により、地域によっても幅がありますが、平均8000円くらいでしょうか。
交通費込みトータルですから、行って着付けてもらうのとあまり変わりないと思います。

くらしのサービスをネットで予約するこのサイト、着付けに関しては失敗は少ないように思いますが、サービスによっては問題をはらんでいるようなので、興味のある方は気をつけて利用されてくださいね。

しかし、今回着物を着て一番言われた言葉が「自分で着付けたの?」でした。
出張着付けはとても良かったですが、やっぱり自分で着付けられたらなぁ。
小川さんはすごいなぁと改めて感じ入った年の始まりです。

本年も少しずつ成長していきたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。